就活サイト

【Acaric(アカリク)を調査】研究内容入力で企業からスカウトが届く​?大学院生&理系学生特化の就活サービスの特徴から実際の口コミまで全てを解説!


転職を考えている人

Acaric(アカリク)がいいって聞いたんだけど実際の評判はどうなの?

大学院生や理系学生の皆さん、研究に専念しながらも効率的な就活を進めたいと考えていませんか?

今回は、研究内容を入力するだけで企業からスカウトが届くと話題の大学院生・理系学生特化の就活サービス「Acaric(アカリク)」について徹底調査します。

この記事では、Acaricの特徴や強みから実際の利用者の口コミまで、全てを解説していきます。

Acaric(アカリク)の要点まとめ

メリット・特徴

  • 大学院生や理系学生に特化した就活サイト
  • 修士・​博士限定イベント、​大学院出身のアドバイザーなど、​他にはないサービス
  • 研究内容を入力すると企業からスカウトが届くため、​忙しい研究の中でも効率的に就活を進めることができる
  • 累計登録者数は15万人以上で、​国内最大の理系学生・​大学院生データベースを持っている


デメリット・注意点

  • 大学院生や理系学生に特化しているため、​他の学生には向いていない
  • 登録学生の​85%以上がMARCH・​国公立以上の理系学生のため、​競争率が高い

Acaric(アカリク)の詳細をみる(無料)

Acaric(アカリク)公式サイト

Acaric(アカリク)とは

運営会社株式会社アカリク
会社設立2010年5月

アカリクは、​大学院生や理系学生に特化した就活サイトであり、​スカウト、​イベント、​就職相談の3つのサービスを提供しています。​

​大学院生や理系学生の基礎・​専門能力に特化した企業・​求人情報を掲載し、​自己PRレジュメからのスカウティングが可能なのが特徴です。​

アカリクの累計導入社数は1,000社以上で、​大手企業からスタートアップまで幅広く導入されています。​

Acaric(アカリク)の詳細をみる(無料)

Acaric(アカリク)公式サイト

Acaric(アカリク)の口コミ・評判を徹底調査

まずは、Acaric(アカリク)の口コミ・評判をツイッターからヤフー知恵袋まで徹底調査しました。

Twitterや知恵袋などで口コミを探しましたが、現時点では有益な情報が得られませんでした。

Acaric(アカリク)の特徴・強み

調査した結果、Acaric(アカリク)には以下の強みと特徴があることがわかりました。

就活アドバイザー大谷

Acaric(アカリク)の特徴・強みとして

  • 大学院生や理系学生に特化した就活サイト
  • 修士・​博士限定イベント、​大学院出身のアドバイザーなど、​他にはないサービス
  • 研究内容を入力すると企業からスカウトが届くため、​忙しい研究の中でも効率的に就活を進めることができる
  • 累計登録者数は15万人以上で、​国内最大の理系学生・​大学院生データベースを持っている

があげられます。1つずつ解説していきます。

特徴・強み①:大学院生や理系学生に特化した就活サイト

Acaricは、理系の大学院生や学生に特化したサービスを提供しており、その専門性において他の就活サイトとは一線を画しています。

専門性の高い求人情報を網羅することにより、理系学生に適した就職先を見つけるプロセスが効率化され、より良いマッチングが期待できます。

特徴・強み②:修士・​博士限定イベント、​大学院出身のアドバイザーなど、​他にはないサービス

Acaricでは、修士・博士限定のイベントが開催されており、企業との交流や情報収集が容易です。

これにより、高度な専門知識を持つ学生が優れた企業と出会いやすくなっています。

また、大学院出身のアドバイザーが就活のサポートを行っており、研究者特有の悩みや疑問に対して的確なアドバイスを受けられるのも魅力です。

特徴・強み③:研究内容を入力すると企業からスカウトが届くため、​忙しい研究の中でも効率的に就活を進めることができる

Acaricでは、研究内容を入力するだけで企業からスカウトが届く仕組みがあり、これにより研究に専念しつつ、効率的に就活を進めることが可能となります。

研究内容に基づいた企業からのスカウトを通じて、自分に合った求人情報を受け取ることができるので、忙しい研究者にとって大変有益なサービスです。

特徴・強み④:累計登録者数は15万人以上で、​国内最大の理系学生・​大学院生データベースを持っている

Acaricは、累計登録者数が15万人以上となっており、国内最大の理系学生・大学院生データベースを誇っています。

これにより、企業は理系学生・大学院生に特化した採用活動ができ、学生も同様に、自分に適した企業とのマッチングがより容易になります。

また、多くの登録者がいることで、企業側も積極的にスカウトを行う傾向にあり、求職者にとっては大変魅力的な環境が整っています。

Acaric(アカリク)の詳細をみる(無料)

Acaric(アカリク)公式サイト

Acaric(アカリク)の利用前の注意点

利用前の注意点

続いて、Acaric(アカリク)の利用前の注意点とその対策を紹介していきます。

注意点は以下の通りです。

  • 大学院生や理系学生に特化しているため、​他の学生には向いていない
  • 登録学生の​85%以上がMARCH・​国公立以上の理系学生のため、​競争率が高い

注意点①:大学院生や理系学生に特化しているため、​他の学生には向いていない​

大学院生や理系学生に特化しているため、文系学生や他の学生には向いていないことが挙げられます。

文系の学生や大学院生でない学生が利用するには、他のより適切な就活サイトを検討することが望ましいでしょう。

注意点②:登録学生の​85%以上がMARCH・​国公立以上の理系学生のため、​競争率が高い

登録学生の85%以上がMARCH・国公立以上の理系学生であるため、競争率が高いことが考慮されるべきです。

優秀な学生が多く集まるAcaricでは、自分のスキルや経験をしっかりアピールすることが重要となります。

そのため、就活に十分な時間と努力を投じることが求められます。競争率の高さを踏まえた上で、自分自身の強みやアピールポイントを磨いていくことが成功への鍵となります。

【総評】Acaric(アカリク)を利用した方がいい人

ここまで、Acaric(アカリク)の特徴や注意点、口コミを見てきました。

総評すると、Acaric(アカリク)を利用した方がいい人は次のいずれかに当てはまる人です。

Acaric(アカリク)を利用した方がいい人

  • 大学院生や理系学生で、​​研究内容やスキルを活かした就活をしたい人​​
  • 大学院生や理系学生で、​​大手企業からスタートアップまで幅広い企業からスカウトを受けたい人。​
  • 大学院生や理系学生で、​​院生特化のスカウト、​​修士・​​博士限定イベント、​​大学院出身のアドバイザーなど、​​他にはないサービスを受けたい人。

Acaric(アカリク)の詳細をみる(無料)

Acaric(アカリク)公式サイト

Acaric(アカリク)と他のサービスを比較


Acaric(アカリク)と同様にの転職サービスは多数あります。


簡単に比較してみました。すべて無料なので併用するなどして転職活動をいきましょう。

 転職サービス求人数特徴的な機能企業ページ
Acaric(アカリク)
※求人数は2022年7月時点

Acaric(アカリク)の詳細をみる(無料)

Acaric(アカリク)公式サイト

Acaric(アカリク)のよくある質問

Q:本当に全て無料?何か料金や費用が発生する事は無い?

A:完全無料で利用することが可能です。

Q:東京のような首都圏だけではなく、地方の求人もある?

A:全国各地の求人があります。都道府県別、市区町村別、駅名で検索することも可能です。

Q:退会はできる?再登録は可能?

A:退会は簡単に可能です。再登録をすることも可能です。

まとめ

Acaric(アカリク)は、大学院生や理系学生に特化した就活サービスとして多くの特徴と強みを持っています。

研究内容を入力するだけで企業からスカウトが届くシステムは、忙しい研究の中でも効率的に就活を進めることができる点が特筆すべきです。

また、修士・博士限定イベントや大学院出身のアドバイザーなど、他にはないサービスも魅力です。

ただし、利用前に注意すべき点として、他の学生には向いていないことや競争率が高いことが挙げられます。

Acaricを利用する際は、自分のニーズや状況に照らし合わせ、適切な選択を行いましょう。

Acaric(アカリク)の詳細をみる(無料)

Acaric(アカリク)公式サイト

就活アドバイザー
大谷

志望動機.comの編集長
経歴:大学卒業→リクルート入社→メディア系のライターに転職→その後2度転職で人事採用担当を行う→2021年4月に独立→今現在は北海道で妻と子一人と暮らしています。●スピーチライター、就職アドバイザーが専門●北海道出身の31歳

新着記事が更新されましたらTwitterの@blog_otaniでお知らせいたします。

-就活サイト