【例文まとめ】音楽鑑賞が趣味・特技の応答集|履歴書・面接対策に

本記事はプロモーションが含まれています

音楽鑑賞している人の画像

履歴書や面接での「あなたの趣味・特技は何ですか?」と問われたときの回答例のまとめです。
このページでは音楽鑑賞を中心とした例文をまとめています。就活アドバイザーの辛口一言コメントも付いていますので、どうぞ参考にしてください。

その会社は本当に大丈夫?ブラック企業の見極めに

転職会議

あなたがブラック企業に入社しないためにできることがあります。

もし今、意中の会社があって、履歴書や面接の準備をしているという人は、その会社は本当に受けるべきなのか?ブラック企業ではないのか?としっかりとあなた自身で見極める必要があります。

そこで参考になるのが、実際に働いている人(働いていた人)の生の声です。転職会議では、企業のリアルな状況を事実ベースで知ることができます。登録も利用も無料なので利用してみてください。

公式サイトを見る(登録無料)

転職会議の公式サイト

音楽鑑賞の趣味・特技 例文一覧

色々な人の例文画像

早速ですが、実際の例文を見ていきましょう!良い文言だけ抜き取って、ご自身の言葉でアレンジしてお使いいただくことをお勧めします。

就活アドバイザー大谷
就活アドバイザー大谷

現在と過去のデータベースの比較が出来る人になりたい

音楽を聞くことです。特に昭和の流行歌を聞くことが好きで、いろいろな歌手の人の音楽を聞いています。歌詞の中に現れる世界観に社会情勢などといった時代の流れを感じたりすることが出来、気になる内容については調べ物をして知識を増やしています。現在と過去のデータベースの比較が出来る人になりたいです。

昭和の曲が好きなのは万人受けしてよいと思います。気になることはしっかりと調べることが出来るという部分も良いアピールポイントですね。

ロックやジャズが好き

趣味は音楽鑑賞です。特にロックやジャズが好きで、週末にはコンサートやライブに足を運ぶことがあります。音楽は私にとってリラックスや創造性を刺激する大きな要素であり、新しいアーティストやジャンルを発見することも楽しみの一つです。

端的で具体的に紹介できていて良いです

学生時代には吹奏楽部に所属

趣味は、昔から音楽を聴く事とオーディオ機器が大好きで学生時代には吹奏楽部に所属する一方、どのようにしたら音質が良くなるかなど機械いじりにのめり込みました。

世界観や人生観、価値観に触れることができる

読書や映画鑑賞、音楽鑑賞などです。本や映画や音楽は、様々な世界観や人生観、価値観に触れることができますし、感動したり考えさせられたりすることができます。読書や映画鑑賞、音楽鑑賞は、自分の知識や教養を広げることにもなりますし、コミュニケーションのネタにもなります。仕事においても、幅広い視野や柔軟な思考力、共感力や表現力が必要だと思いますので、読書や映画鑑賞、音楽鑑賞はそのようなスキルを身につけるのに役立つと思います。

音楽鑑賞の想定される追加質問

面接中の画像

音楽鑑賞が趣味・特技と答えた場合に、想定される追加質問を何個かあげておきます。

事前に考えておくことで突っ込まれた時も自信を持って答えることができます。あらかじめ用意しておきましょう。

就活アドバイザー大谷
就活アドバイザー大谷
  • 好きな音楽のジャンルはなんですか
  • 1番好きな曲はなんですか

音楽鑑賞の「長所・短所」の傾向

長所・短所

音楽は脳や精神に良い影響があります。様々なジャンルを聞くことで発想力や情報収集能力も鍛えられます。

関連記事
【AIで長所・短所を自動作成】「ChatGPT」と「グッドポイント診断」で面接に強くなる応答文章を作成しよう!自己分析が楽になる!

続きを見る

音楽鑑賞が趣味・特技の履歴書・エントリーシート(ES)の書き方

履歴書、エントリーシートの趣味・特技の欄では「箇条書き+(詳細)」で書くことをお勧めします。

趣味:音楽鑑賞(特に昭和の時代の曲が好きです。)

詳細記事趣味・特技の欄は箇条書き?何文字がベスト? 50文字・100文字?書き方と例文を盛りだくさん【履歴書、ES対策】

その他の趣味・特技はこちら

趣味・特技に迷ったときは「就活エージェント」に相談するのが内定への近道

趣味・特技に迷ったときは、無料で使える就活エージェントに相談してみるのもありです。

就活のプロの意見を聞くことでより一層磨きのかかった就活が出来ます

結論から言うと今現在のエージェント業界では次の2つがおすすめです。

リクルートエージェント】←1番おすすめ
 業界最大級の非公開求人数があり

DODAエージェントサービス
 安心の充実サポート、エージェントの質に定評あり

   

この2つは全年代、全職種に対応可能なオールマイティな転職エージェントで登録した方がいいです。※実際に私も2つ利用してました

参考リンク転職エージェントを比較!年代別・職種別のおすすめランキングもあり!

-趣味・特技