コラム

[コラム]会社で電話を取ることへの恥ずかしさと克服方法

本記事はプロモーションが含まれています

人前で電話を取ることが、多くの人にとって恥ずかしい経験です。

この記事では、その恥ずかしさの原因と、それを克服するための具体的な対策について詳しく説明します。人前での電話会話が不安や恥ずかしさを引き起こす理由を理解し、自信を持ってコミュニケーションをとる方法を探求しましょう。

対象地域特徴公開求人数

マイナビジョブ20s
関東・東海・関西が中心転職定着率93.6%の大手転職サポート約2,300件

第二新卒エージェントneo
全国職務経験がない方の就職や転職の実績が2万人を突破約12,000件
就職Shop
就職Shop
全国リクルートが運営しているフリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援サービス約11,000社

セルワーク20代転職
全国大都市だけでなく、地方優良企業の求人が多い非公開
あすじょぶ
あすじょぶ
全国未経験での支援実績が豊富約20,000件以上

安定のお仕事
東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫・愛知いずれかの勤務地98%の高い正社員内定率と95%の定着率1万件以上

Maenomery
全国100%マンツーマンの転職サポート非公開

ミケキャリ
東京・埼玉・神奈川・千葉・大阪・京都に在住の方最短2週間で転職可能1万件以上

Being Carrer
全国ライフワークバランス重視1万件以上

タネックス
一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)​未経験からでも年収アップが狙いやすい101件

人前で電話を取ることの恥ずかしい原因とは?

注目されることへの不安

人前で電話を取ると、周囲の人々の注目を浴びる可能性があります。この注目が不安を引き起こす原因となります。注目されることへの不安は、さまざまな要因から生じることがあります。

  1. 外見への不安: 人前で電話を取る際、自分の外見や服装に対する不安が影響を及ぼすことがあります。自分が適切に見えるかどうかに対する不安が、自信を低下させることがあります。
  2. 評価や批判への恐れ: 他の人々が自分の会話を評価し、批判する可能性を考えることが不安を引き起こすことがあります。恥ずかしい状況になるのではないかという心配が、電話会話に対する抵抗感を増加させます。
  3. 社会的プレッシャー: 社会的な場で電話を取ると、他の人々の期待に応える必要があると感じることがあります。このプレッシャーが、不安の原因となります。

話す能力への自信不足

自分の話し方や発音に自信がない場合、電話でのコミュニケーションが恥ずかしさを引き起こすことがあります。自信不足は、コミュニケーションスキルに対する信念や知識不足に由来します。

  1. 発音の不安: 特定の言葉や音が発音しづらいと感じることが、自信不足の原因となります。発音の誤りが相手に伝わらないか心配になることがあります。
  2. 文法や語彙の不安: 正確な文法や豊富な語彙を持っていないと、会話中に言葉に詰まったり、誤解を招いたりする可能性があります。これが自信不足を引き起こすことがあります。
  3. コミュニケーションスキルの不安: 会話の途中で相手との調和を保つためのコミュニケーションスキルに自信がない場合、不安が生じます。相手との円滑なコミュニケーションが難しいと感じることがあります。

これらの不安や自信不足に対処するためには、自己肯定感の向上、スキルの向上、練習、または必要であれば専門家からのサポートが役立つことがあります。自信を持ち、不安を軽減するための努力を続けることで、人前での電話会話をより自信を持って行えるようになります。

人前で電話を取ることが恥ずかしいときの対策

自信の構築と練習

自信の構築と練習は、人前で電話を取る際に不安や恥ずかしさを軽減させるための重要な要素です。以下に、自信を高め、練習を通じてスキルを向上させる方法を詳しく説明します。

1. 自信の構築:

  • ポジティブな自己イメージの育成: 自分自身に自信を持つために、自己肯定感を高めることが大切です。自分の強みや成功体験を振り返り、ポジティブな自己イメージを育てましょう。
  • 目標の設定: 電話でのコミュニケーションに関して具体的な目標を設定し、それを達成するための計画を立てることで、自信を構築できます。

2. 練習:

  • ロールプレイ: 友人や家族とロールプレイを行い、電話でのシナリオに備えることができます。実際の会話を模倣し、自分の声や話し方を練習しましょう。
  • 録音とフィードバック: 自分の電話会話を録音し、再生して評価しましょう。自己評価や他人からのフィードバックを通じて改善点を見つけ、練習に活かすことができます。

緊張の克服

緊張や不安は、電話でのコミュニケーションにおける一般的な課題です。以下に、緊張を克服するための具体的な方法を詳しく説明します。

1. 深呼吸とリラクセーション:

  • 深呼吸の実践: 緊張した時に深呼吸を行い、緊張を和らげましょう。ゆっくりと息を吸い込み、長い間ゆっくりと吐き出します。
  • プログレッシブ・マッスル・リラクセーション: 身体の緊張を解消するために、プログレッシブ・マッスル・リラクセーション法を試してみてください。筋肉の緊張を順番に緩めることで、リラックスした状態になります。

2. 信じること:

  • 相手を信じる: 電話相手が優しい人であると信じましょう。相手も人間であり、失敗や誤りは誰にでもあるものです。
  • 自分を信じる: 自分の能力と準備を信じましょう。自分に自信を持つことで、緊張を軽減できます。

電話の準備


電話を受ける前に、相手や話題に関する情報を事前に集め、話す内容を整理しましょう。準備ができていると、自信を持って会話できるでしょう。

電話を受ける前に十分な準備をすることは、自信を持って会話するために非常に重要です。

1. 相手や話題に関する情報を収集:

  • 電話相手や話題について事前に情報を収集しましょう。相手の名前や役職、話題の内容を把握することで、自分が自信を持って会話できます。

2. 話す内容の整理:

  • 会話の進行や伝えたいポイントを整理しましょう。明確なアウトラインを持つことで、会話がスムーズに進行し、自信を持って話すことができます。

緊急対策

電話が緊急でない場合、人前で取ることを避けることも一つの有効な対策です。緊急時の対処法を考えておくことも大切です。

1. 静かな場所で電話を取る:

  • 静かでプライバシーが守られた場所で電話を受けることで、周囲の注目を避けることができます。

2. 後でかけ直す:

  • 電話が不適切な場所やタイミングである場合、後でかけ直すことを検討しましょう。相手に失礼な印象を与えないように気をつけましょう。

これらの詳細な対策と方法を組み合わせることで、自信を持って人前で電話を取ることができ、恥ずかしさや緊張を軽減できるでしょう。継続的な努力と実践が成功への鍵です。

人前で電話を取ることが恥ずかしいときのユニークな対策

複数人の画像

声の練習

自分の声に自信がない場合、声帯や発音を改善するためのボイス・トレーニングは非常に効果的です。声のトレーニングを通じて、自信を持って電話で話すことができます。以下に、声の練習に関する詳細な情報を提供します。

1. ボイス・トレーニング:

  • 声帯の強化: 声の基本となる声帯を強化するために、ウォーミングアップとクールダウンの練習を行いましょう。これにより、声が安定し、クリアになります。
  • 発音とアクセントの向上: 発音やアクセントに自信がない場合、発音矯正の専門家やオンラインのリソースを活用して、言葉の明瞭さを向上させましょう。

2. 録音とフィードバック:

  • 自己評価: 音声録音を行い、自分の声を聞いて評価しましょう。自己評価を通じて、声の改善点を把握できます。
  • 専門家からのアドバイス: ボイス・コーチや音声専門家からアドバイスを受けることが、声の質を向上させるために役立ちます。専門家は個別の指導とテクニックを提供してくれます。

3. 発声練習:

  • トーンとリズムの練習: トーンやリズムの練習を通じて、声の変化や抑揚を付けることができます。モノトーンで話すことを避け、聞き手の注意を引きましょう。
  • ペーシング: 話す速さやペーシングに注意を払いましょう。ゆっくりと話すことで、相手が理解しやすくなります。

ポジティブなリマインダー

電話を取る前に、鏡の前で自分にポジティブなアフィメーションを言ってみましょう。自己肯定感を高め、恥ずかしさを軽減させることができます。

自信を高め、恥ずかしさを軽減させるために、電話を取る前にポジティブなアフィメーションを使うことは非常に効果的です。以下に、ポジティブなリマインダーについての詳細な情報を提供します。

1. アフィメーションの使い方:

  • 自己肯定感の向上: 鏡の前で自己肯定感を高めるアフィメーションを繰り返し言いましょう。例えば、「私は自分の声に自信を持っています。」「私は素晴らしいコミュニケーターです。」などです。
  • リラックス効果: アフィメーションを繰り返すことで、リラックスした状態に入り、緊張や不安を和らげることができます。

2. 目標設定とポジティブフィードバック:

  • 目標の設定: アフィメーションを通じて、電話での目標を設定しましょう。これにより、自己成長と自己満足感を高めることができます。
  • ポジティブなフィードバック: 成果を感じたり、電話での自信が高まったら、自分にポジティブなフィードバックを与えましょう。これは、モチベーションを保つのに役立ちます。

声の練習とポジティブなリマインダーは、電話での自信を構築し、恥ずかしさを軽減するための強力なツールです。練習を継続し、ポジティブなアフィメーションを積極的に活用することで、電話でのコミュニケーションがより自然で自信を持って行えるようになります。

心にとめておきたい名言

自己信頼は、成功の鍵である。成功は、自己信頼があるからこそ可能になる。 ピーター・T・マッキンノン


自己信頼があれば、電話を取ることに対する恥ずかしさも克服できるでしょう。自分に自信を持ち、ポジティブな姿勢を持つことが重要です。

まとめ

この記事では、人前で電話を取る際の恥ずかしさや不安に対処する方法について詳しく説明しました。具体的には、以下のポイントが強調されています。

  1. 注目されることへの不安:
    • 人前で電話を取ると、周囲の注目を浴びる可能性があり、これが不安の原因となることがある。
    • 外見や評価、社会的プレッシャーへの恐れが注目される不安を引き起こす要因となる。
  2. 話す能力への自信不足:
    • 自分の話し方や発音に自信がない場合、電話でのコミュニケーションが恥ずかしさの原因となる。
    • 発音の不安や文法、語彙の不安が自信不足を引き起こす可能性がある。
  3. 自信の構築と練習:
    • 声のトレーニングや発音の向上を通じて、自信を持って電話で話すことができる。
    • 自己評価と他人からのフィードバックを利用し、声の改善に取り組むことが重要。
  4. 緊張の克服:
    • 深呼吸やリラクセーションのテクニックを使って、緊張や不安を和らげることができる。
    • 相手を信じてリラックスした状態で会話を行うことで、緊張を軽減できる。
  5. 電話の準備:
    • 相手や話題に関する情報を事前に集め、話す内容を整理することが重要。
    • 準備ができていると、会話がスムーズに進行し、自信を持ってコミュニケーションができる。
  6. 緊急対策:
    • 静かな場所で電話を取るか、後でかけ直すなど、緊急時の対策を考えることが有効。
    • 電話が緊急でない場合、人前で取ることを避けることも一つの解決策となる。

これらのポイントを組み合わせて、人前で電話を取ることに対する恥ずかしさや不安を克服し、自信を持ってコミュニケーションを楽しむことができるでしょう。練習とポジティブなアフィメーションを活用し、成長と自己満足感を追求しましょう。

あなたはどっちが向いている?

業界トップの転職サービス

リクルート
エージェント

DODAエージェントサービス

とにかく求人の量を重視

求人数よりも質・相性を重視

リクルートが培ったノウハウを知りたい

親身に寄り添ったサポートをしてほしい

営業
エンジニア
物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
などに特に強い

事務
建築・土木・不動産・設備
機械・電気
企画・管理
などに特に強い

\ 完全無料 /

公式サイト

\ 完全無料 /

公式サイト

-コラム