就活サイト

実際どうなの?就活生の3人に1人が利用している就活サイト「OfferBox(オファーボックス)」とは?


就活生

就活サイトっていろいろあるけど

どれに登録すればいいの?

という方向けにこの記事ではオファー・スカウト型の中で最も利用されているOfferBox(オファーボックス)

について解説していきます。

調査した就活サイト

OfferBox(オファーボックス)https://offerbox.jp

2023/2024年卒業予定の学生(大学生、大学院生、専門学校生、卒業後1年以内の既卒学生)が対象
転職の方はオファー型転職サイト PaceBox(ペースボックス)をご利用ください。



OfferBox(オファーボックス)とは

運営会社株式会社i-plug
設立2012年4月18日


オファーボックスとは一言でいうと企業が就活生にオファーする逆求人型のサイトです。

就活生の3人に1人が利用していてスカウト型では最も利用されているサイトになります。

OfferBox(オファーボックス)の登録から選考の流れ

  • プロフィール登録

    メールアドレスや名前等5分程度で完了します
  • オファーが届く

    あなたのプロフィールを見た企業から興味があればオファーがきます。求人票を見て採用試験に進むか進まないかは自分次第です。
  • 選考スタート

    会社にもよりますが説明会、面接等を経て内定となります。

OfferBox(オファーボックス)の特徴

就活生

オファー型の就活サイトってたくさんあるけど

他のサイトと何が違うの?

OfferBox(オファーボックス)2つの強みと特徴があります。

就活アドバイザー

11,000社以上の企業が参加

企業


OfferBox(オファーボックス)では2022年7月時点で11,730社以上※の企業が登録しています。

登録されている企業もベンチャー企業から大手企業といった様々な層からオファーが来ます。

※登録企業数とは、これまで当社アカウントを開設した企業数であって、直近で利用していない企業を含みます(2022年7月時点現在)

適性診断【AnalyzeU+】で自分の強みがわかる

AnalyzeU+
適性診断【AnalyzeU+】


適性診断【AnalyzeU+】とは・・・たった25項目の診断で自分を分析できるツールです。

診断結果のアドバイスから自己PR文を作成できたり、入社後に生かせる自分の強みが分かります。

OfferBox(オファーボックス)のよくある質問

Q:本当に全て無料?何か料金が発生する事は無い?


A:就活生側は完全無料で利用することが可能です。。他の就活サイト同様に求人掲載をする企業からの掲載料で成り立っています。

Q:しつこいメールが来る?

A:就活サービス全般に言えることですがメールは頻繁に来ます。プライベート用のメールアドレスではなく就活用にフリーメールを用意することをお勧めします。

Q:退会はできる?

A:簡単に可能です。詳しくは退会したい(アカウント削除の方法) - OfferBoxヘルプをご覧ください。

総評:これからは待つ就活が主流に

就職活動というと「働かせてください」と就活生の方からお願いするのがこれまでの主流でした。

しかし、少子高齢化、人材不足の今となっては企業は人材確保に頭を悩ませることも多くなりました。

そしてその流れから「一緒に働いてみませんか」と企業から就活生をオファーするという新しい形ができつつあります。

そのような時代の変化の中でオファー方の登録企業数トップのオフィスボックスは今後も就活サイトとして重宝されていくことが予想されます。

ちなみにオファー型の就活サイトはその他にもキャリアチケットスカウトがあるので併せて検討してみましょう

この記事の信頼性

就活アドバイザー
大谷

志望動機.comの編集長
経歴:大学卒業▶メディア系のライターに就職▶人事採用担当兼務▶2021年4月に独立▶北海道で妻と子一人と暮らしています。●スピーチライター、就職アドバイザーが専門●北海道出身の30歳

新着記事が更新されましたらTwitterの@blog_otaniでお知らせいたします。

スポンサーリンク

-就活サイト