ノウハウ

「伝えるから伝わるへ」面接に失敗しない3つの話し方

「伝えるから伝わるへ」

面接を受ける時、皆さんはどんなような心構えで挑んでいますか?

  • 本番で話せるように何度も練習する
  • 何を聞かれてもいいように応答例をたくさん準備しておく

など色々な方がいますが「相手に伝わるように話す」という部分に重点を置いている人は少ないのではないでしょうか。

そこで、この記事では面接に失敗しない3つの話し方について紹介していきます。

伝えることに集中しすぎてませんか?

面接の画像

私が就活アドバイザーを行っていた際に生徒に対して面接後のフィードバックで必ず聞くことがあります。

  • 面接担当の顔や名前は覚えていますか?
  • あなたが話しているときに面接官はメモなどをとっていましたか?

当時の就活生に聞いても誰1人答えられませんでした。

もちろん緊張するのはわかります。
頭が真っ白になって視野が狭くなるのもわかります。

しかし、これでは会話のキャッチボールをしてきたとは言えません。

面接では相手の気持ちを考えただ伝えるのではなくしっかりと伝わるようにする必要があります。

面接は会話の延長

会話をするとき、皆さんは相手の表情などによって話題を変えたり

同じ説明をもう一度したりしますよね?

面接も同じで相手に理解してもらうことが1番重要です。

面接は会話の延長ということを頭に入れておくだけで肩の力が少し抜けると思います。

伝えるから伝わる上3つの話し方

OKの画像


ではここからは「具体的に伝わる話し方」とはどうすればいいのか?

3つを解説していきます

結論から話す(PREP法)

PREP法


伝わりやすい1番の方法は「結論から話す」PREP法を使うことです。

PREP法とは以下の頭文字の文章構成をいいます。

  • Point :要点…伝えたいこと、結論や事実をまず初めに伝えます。これにより「これからこのテーマについて話す」と言うことが明確に伝わります。
  • Reason :理由…その結論や事実に至った経緯を話します。データやソースを示すことで信頼度が変わります。
  • Example:具体例…次に具体例です。実体験や実例を盛り込みます。
  • Point :要点…最後にまた伝えたいこと、結論や事実を伝えます。

例えば

面接官から「尊敬する人は誰ですか?」と問いかけられたとき

結論を最後に話す就活生

いつも周りのことを考え視野が広く、目先のことだけでなくもっと先のことを考えて行動している所から私自身も母のように先を見据えた決断や行いが出来る人間になりたいです。そんな母を私は尊敬しています。

結論から話す就活生

尊敬する人は母です。母はとても我慢強く弱音を聞いたことがありません。いつも周りのことを考え視野が広いです。目先のことだけでなくもっと先のことを考えて行動をしています。私自身も母のように先を見据えた決断や行いが出来る人間になりたいです。

どちらが伝わりやすいかは一目瞭然ですね。

どんな質問が来ても必ず結論から話すようにしましょう。

間抜け防止!相手の反応をしっかりと確認する

ドミノの間

「マヌケ!」というと何か人をバカにする表現に聞こえますが

スピーチでの「間抜け」とは人を揶揄するマヌケではなく、「間が抜けている間抜け」です。

面接で話しをするときに皆さんは意識的に間を作ることができていますか?

実際にそのような場面を録音して第三者目線で聞いてみるとよいです。

説明することに集中しすぎるあまり、「相手が理解する間や相手に質問をさせる間」がないことがわかると思います。

人には理解力の速い人遅い人、聞く能力に長けている人、そうではない人がいます。

こう話しているときにもスピードが速くてついていけない人、何を言ってるのか理解することが難しいという人は世の中に沢山います。

自分が発した言葉全てを理解してもらうことは難しいですが、全てを聞いてもらうことは出来るはずです。

人前で話す時はマヌケにならないよう間を意識して話してみましょう!

具体的には

句点「。」で1・2 

読点「、」で1

ぐらいの間を作ることを心がけましょう。

数字を交えて話す

数字を交えて話す


面接では言葉に説得力を持たせることも大事な1つです。

そして説得力を持たせる簡単な方法として数字を交えてお話しすることです。

たとえで言うならば

前職の営業でたくさんの売り上げを残しました

前職の営業では予算300万円を5カ月間達成しました

どちらが説得力があるかです。

たくさんという言葉は便利ではありますが抽象的に個人の解釈を含んだ言葉になります。


対して数字を加えるとわかりやすく事実を伝えることができます。
言葉に数字を加えるだけで説得力が増して間に伝わる文章に変化します

最後に

みんなで話している画像

面接では「伝える」ではなく「伝わる」を常に意識して話しましょう。

面接はアナウンサーのように流暢に話して自分だけが満足して終わっても何も意味がありません。

言葉が流暢に出なくてもいいんです。

うわべだけのきれいな言葉を並べるよりも伝わることを意識して話したほうがずっと心に残ります。

面接は自分1人で行うものではありません。

伝えるから伝わるを意識してがんばりましょう。

スポンサーリンク

-ノウハウ