ノウハウ 志望動機

志望動機を作る前に!知っておくべき重要な5つのポイントとは?

本記事はプロモーションが含まれています

就職活動において、志望動機を作ることは一番重要な作業です。

志望動機が面接や履歴書の良しあしを左右するといっても過言ではありません。

そこでこの記事では、志望動機を作る前に知っておくべき重要性について、5つのポイントに分けて詳しく解説していきます。

志望動機を作る前に知っておくべき重要な5つのポイント

志望動機を作る前に知っておくべき重要な5つのポイントをあげていきます。

  • 簡単な自己分析をすること
  • 念入りな企業研究をすること
  • 自己PRを盛り込むこと
  • 他の会社ではダメという志望理由を示すこと
  • 具体的なエピソードを交えた志望動機を書くこと

1つずつ見ていきましょう。

① 簡単な自己分析をすること

志望動機を作る上で、自己分析は必ず必要になってきます。

自己分析をして、自分自身を客観的に見つめることであり、自分の強みや弱み、価値観、希望する職種や企業の軸などを明確にすることができるからです。

でも「自己分析ってどうやるの?」「めんどくさい」と思いますよね。

そこでおすすめなのが、各転職サービスが提供している自己分析ツールです。

どれも無料で10分~20分あれば出来るものなので、志望動機を作る前に行っておくと便利です。

グッドポイント診断・・・リクナビネクストが提供している自己分析ツール。自分の強みや長所を診断し、自分がどのような人物かを客観的に把握することができます。

詳細記事
【AIで長所・短所を自動作成】「ChatGPT」と「グッドポイント診断」で面接に強くなる応答文章を作成しよう!自己分析が楽になる!

続きを見る

② 念入りな企業研究をすること

次に重要なのが、企業研究を行うことです。

自分が志望する企業について深く理解して、その企業に自分が入ることでどのような価値を提供できるかを考えることが大切です。

具体的には

・志望企業のHPを閲覧

・志望企業の商品やサービスを実際に試してみる

・志望企業の競合他社の分析

などがあげられます。

③ 自己PRを盛り込むこと

志望動機を作る上で大事なことは、自己PRを盛り込むことです。

自己分析の延長上になりますが、自分がどのようなスキルや経験を持っているかを明確にし、それを志望動機に盛り込むことが大切です。

面接は志望企業を褒める場ではなく、自分をアピールする場ということを覚えておきましょう。

参考記事
就活生の必需品!「ガクチカ・自己PR」が誰でも簡単に作れる!最強のツール”キャリアチケットスカウト"アプリを実践

続きを見る

④ 具体的なエピソードを交えた志望動機を書くこと

その自己PRの際に必要になってくるのが、具体的なエピソードを交えることです。

具体的なエピソードを交えることで、説得力が増し、より自分をアピールすることができます。

この部分に関しては、こちらの記事も併せて見て対策を練りましょう。

印象に残る!面接で勝つためのたった1つの必勝法は「想像させる力」

⑤ この会社ではないとダメという志望理由を示すこと

最後のポイントは、この会社ではないとダメという志望理由を示すことです。

ただ単に、他の企業でも通用するような志望動機を書くのではなく、応募する企業じゃなきゃダメ!という具体的な志望動機を示すことが大切です。

そのためには前述の通り、念入りな企業分析を行い、その企業が持っているミッションやビジョン、そして事業内容を十分に理解し、自分自身が共感や興味を持っていることを示す必要があります。

この会社でしかできないことや、自分自身がこの企業で働くことで成長できると考える点を示すことが重要です。

最後に

この記事では、志望動機を作る際の重要なポイントを5つ紹介しました。

志望動機は、その企業が持つミッションやビジョン、事業内容をよく理解し、自分自身が共感や興味を持っていることを示すことが重要です。

また、自分自身がこの企業でしかできないことや、この企業で働くことで成長できると考える点を示すことが重要になってきます。

応募する企業の独自の価値観や強みを理解し、自分自身がその企業に貢献できるという点を伝えることが出来れば内定に近づくことができるようになります。

志望動機の例文はこちらにあります。ご参考にしてください。

志望動機

あなたはどっちが向いている?

業界トップの転職サービス

リクルート
エージェント

DODAエージェントサービス

とにかく求人の量を重視

求人数よりも質・相性を重視

リクルートが培ったノウハウを知りたい

親身に寄り添ったサポートをしてほしい

営業
エンジニア
物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
などに特に強い

事務
建築・土木・不動産・設備
機械・電気
企画・管理
などに特に強い

\ 完全無料 /

公式サイト

\ 完全無料 /

公式サイト

-ノウハウ, 志望動機