志望動機

研究職の志望動機【例文まとめ】

化学メーカー

志望動機を教えてください

私は化学の力を用いた研究開発を通じて人々の暮らしや社会に貢献したいと考えています。御社では独自の際立つ技術を基に高付加価値の製品を開発しています。また、幅広い事業をグローバルに展開し、トップシェアを複数獲得する高い技術力に魅力を感じています。このような努力の成果が目に見える形で御社の発展として実感できることにやりがいを感じ、私が働くうえで最大限の力を発揮できる環境が整っていると考えているため御社を志望しました。

当社でやりたいことを教えてください

素材によって最終製品は大きく変化します。貴社の高い技術力を駆使し、製品の基本であり無限の可能性を秘めている素材の研究開発に挑戦したいです。そして将来的には自らも世界シェアNo.1を獲得できるような社会のニーズを満たす技術の創造・製品化に繋げることで世界の人々の暮らしをよりよくしたいです。

キャリアプランを教えてください

まずは配属された部署で経験を積み知識と技術を積極的に蓄えます。5年後までには自信が携わった技術や製品を世に出したいです。その後、徐々にチームをまとめるようなリーダー経験を積み俯瞰的に業務全体を見ながらスキルアップします。そして蓄えた知識と技術駆使して将来的には自らも世界シェアNo.1を獲得できるような社会のニーズを満たす技術の創造・製品化に繋げたいです。

製薬会社

志望動機を教えてください

大学時代に、授業の中で有機合成化学というものを知りました。高校までの教育ではなかったこの新しい学問に、私は心から魅せられてしまいました。特に、実習で行った化合物の合成では、目的とした化合物が出来上がった時には、非常に感激したものです。私はその時から、将来は、有機合成化学を活かせる会社で仕事に就きたいと決めていました。御社の経営方針や事業内容や実績をホームページで知り、正に私が抱き続けてきた夢を実現することが出来る会社であると確信いたしました。私の手腕を御社の中で心行くまで振るってみたいとの一念から、御社の求人にエントリーさせていただきました。

当社でやりたいことを教えてください

有望な新薬の候補化合物を数多く合成し、将来、私が合成した候補化合物の中から、新薬を誕生させ、医療を通じて社会貢献すると共に、御社のさらなる発展に寄与出来ればと考えております。また、医薬品の開発を通じて大学とのネットワークを構築し、産学協力による革新的な医薬品開発を行ってみたいとも思っております。

キャリアプランを教えてください

先ずは、御社の研究開発部門の中で、効果的に機能出来る戦力となるための期間を6ヶ月と考えています。そこからさらに6ヶ月、都合入社後1年までには、組織の中での経験を集約して、サポートなしでも社内での研究活動が行える体制を整えます。そして、5年後までには、複数の有望な候補化合物を創出して係長職を目指します。10年後までには新薬の開発に目星を付け、管理職を目指すと共に、大学との関係構築を進めていきます。20年後には、産学共同体制による医薬品開発の窓口として活躍出来るスペシャリストを目指していきます。

スポンサーリンク

-志望動機