学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)

【例文まとめ】学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)は「ボランティア活動」の応答集|履歴書・面接対策に

就活アドバイザー

「学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)は何ですか?」の回答例のまとめです。

このページでは「ボランティア活動」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

学校生活で学んだことは「ボランティア活動」の例文一覧

ボランティア活動

お年寄りと交流

ボランティア活動です。私の母がデイケアで働いていて学校が休みの日にはボランティアとして仕事のお手伝いをさせてもらいお年寄りと交流していました。お孫さんとなかなか会えないお年寄りの話し相手になるだけでもとても助かると言われて本当に嬉しくなりました。お年寄りからも孫のように可愛がってもらえたり、戦争時代の貴重な経験談などをお聞きできてたくさん人生勉強になりました。

それぞれの特性にあった支援の必要性

ボランティア活動に力を入れました。社会福祉学科に所属していたので、介護施設や保育施設に行く機会が多かったです。小さい子どもや高齢者などさまざまな方に出会い、それぞれの特性にあった支援の必要性を学びました。また、ママ体験という活動を行い、地域の助産師さんや保健師さんと連携して、子どもができたときにどんな対応をしたら良いのか、使える制度は何か?というものを高校生に紹介しました。とても好評で良かったと思います。

子どもやお年寄りの方と触れ合う活動

私が学生時代に力を入れたことは、ボランティアサークルの活動です。地域の保育園や幼稚園、介護施設で人形劇をしたり、子どもやお年寄りの方と触れ合う活動をしていました。目線を合わせてオーバーに話したり、反応をする事の大切さ、など様々な年代の人と関わることで、年代に合わせたコミュニケーションの取り方を学びました。相手の気持ちを常に考え、臨機応変に行動する姿勢は、御社でいかせると思っております。

身振り手振りを交えてコミュニケーション

私はボランティア活動に一番注力しました。私が行ったボランティアは、外国人留学生の生活や授業の援助ボランティアです。最初は言語の壁にぶつかり、うまく意思疎通できない日々が続きましたが、彼ら・彼女らに伝わりやすい日本語に言い換えたり、身振り手振りを交えてコミュニケーションを取ることを心がけました。この経験から、たとえ言葉の壁があったとしても、伝えようとする気持ちと、伝える手段を工夫することの大切さを学びました。もちろん自分自身の外国語スキルの向上にもつながりました。

地元のおまつりの手伝い

学生時代は地域での活動に注力してきました。大学進学を機に地元を離れ、一人暮らしを始めたのですが、慣れない土地で初めはさみしい思いをしました。そんなとき、大学で地元のおまつりの手伝いを募集していることを知りました。元々人とかかわることが好きだった私は、迷わず参加を決めました。そこでは、老若男女問わず様々な方が和気あいあいと準備を進めており、外から入ってきた私も元々地域で育った子であるかのように分け隔てなく接してくれました。この経験を通して人と人とのつながりの重要性を改めて感じました。また、地元から遠く離れたこの地が第二の故郷となり、ここで一生を過ごしたいとまで思うようにもなりました。

海岸でのゴミ拾い

ボランティア活動に力を入れました。ボランティアでは主に海岸でのゴミ拾いを行いました。最近では海洋問題とも言われ、多くの国で海に捨てられたごみについて問題視されています。この問題を解決するためには、海岸にあるゴミを拾うことが大切だと考えています。実際、多くのプラスチックが落ちており、特にペットボトルやナイロン袋が落ちていることが多いです。ナイロンの袋は食べ物と勘違いして食べる魚もいますので、なるべく見逃さないように拾うようにしています。これらを通して、今後も海を綺麗にしたいと考えました。特に、私は寿司が好きなので、今後も新鮮で安全な魚を食べるためにも、まずは海を綺麗にしていく必要があると思いました。

人の役に立つ人になりたい

私が学生時代に力を入れていたことは、ボランティア活動です。きっかけは友達に「一緒にやろう。」と、声をかけてもらったことから始まりました。保育園に行ったり、地域のゴミ拾いをしたり、神社のお祭りのお手伝いをしたり、色々な活動をしました。様々な人たちと触れ合うことで、自分の小ささにも気付かされ、いろいろな経験をすることができました。見えていなかったところが見えるようになったり、人の役に立つ人になりたいと言う気持ちになりました。活動をしていくうちに自分のやりたいことも見つけることができました。自分は社会に出てもボランティア活動をしたいなと思いました。

登録すべき無料の就活サイト・エージェント3選

パソコンの画像

無料の就活サイト・エージェント3選(新卒向け)

1位:dodaキャンパス

dodaキャンパス
就活アドバイザー

「自分に合った企業と出会える」オファー型就活アプリ。
登録学生は878,000人を超える大手就活サービスです。

アプリのダウンロード(無料)

2位:キャリアパーク就職エージェント

キャリアパーク就職エージェント
就活アドバイザー

最短3日で内定も可。厳選された優良企業の紹介が受けられます

公式サイトはこちら

3位:就活情報サイト-キャリch

就活情報サイト-キャリch
就活アドバイザー

登録するだけで就活生にとって有益な情報やコンテンツを見ることが出来る。ダウンロードも可能です。

公式サイトはこちら

その他の「学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)」の例文はこちら

Amazonギフト券がもらえる

全国の就活生と繋がれる
就活SNSアプリ

就活アドバイザー

2022.10.01~10.31まで
Amazonギフト券が最大5000円
もらえる友達招待キャンペーンを実施中です。
※1人招待につき1000円

招待キャンペーンは10月末まで!

Lognaviアプリをダウンロード(無料)

スポンサーリンク

-学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)