学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)

【例文まとめ】学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)は「人間関係の構築・コミュニケーション」の応答集|履歴書・面接対策に

就活アドバイザー

「学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)は何ですか?」の回答例のまとめです。

このページでは「人間関係の構築・コミュニケーション」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

学校生活で学んだことは「人間関係の構築・コミュニケーション」の例文一覧

チームワークを学ぶ事もできた

学生時代には人間関係を構築していく事に力を入れました。様々な人間と出会い、関わっていく事で多くの考え方や価値観を学ぶ事ができたので、私と言う一人の人間の視野を大きく広げていく事ができたと思っています。一人ではできない事などを協力して作業するなど、チームワークを学ぶ事もできたので収穫はとても大きなものでした。今でもその友達は大切で、こまめに連絡を取っています。

多くの人と話すように心がけていた

なるべく多くの人と話すように心がけていました。学生の頃は特にクラスにもグループができ、クラスメイトなのに話さないということがあります。社会に出ればさまざまな人と関わり、学生の頃のように同じものが好きなど共通点のある人とばかり関われるわけではないのでできるだけ多くの人と話してこんな考え方があるのだなと感じられる機会を増やしました。けして仲良くなれる人ばかりではないですが、学校生活は多くの人に出会える絶好の機会だと思います。

理解しようとすることは人生の上で決して無駄ではない

人間関係をきちんと構築していくことです。大学はいろんなところから沢山の学生が集まりますので、これまでには出会ったことがないタイプのひとがいました。いろいろな刺激を受け、驚くようなことも沢山ありました。残念ながら、分かり合えない人も少なからずいましたが、彼らを理解しようとすることは人生の上で決して無駄ではなく、「そうか、世界にはこういう考え方をする人もいるのか」と大いに刺激を貰ったと思います。

英語によるコミュニケーション

私が学生時代に力を入れていたのは、英語によるコミュニケーションです。もともと英語は得意なのですが、コロナ禍で海外に行き辛くなり、英語を使うチャンスが減ったように感じました。そこで私は、国内でも英語ネイティブの人と話せるよう、スクールに通うだけでなく、海外の人とコミュニケーションがとれるアプリやzoomなどを使い、コミュニケーションをとるように努めてきました。

登録すべき無料の就活サイト・エージェント3選

パソコンの画像

無料の就活サイト・エージェント3選(新卒向け)

1位:dodaキャンパス

dodaキャンパス
就活アドバイザー

「自分に合った企業と出会える」オファー型就活アプリ。
登録学生は878,000人を超える大手就活サービスです。

アプリのダウンロード(無料)

2位:キャリアパーク就職エージェント

キャリアパーク就職エージェント
就活アドバイザー

最短3日で内定も可。厳選された優良企業の紹介が受けられます

公式サイトはこちら

3位:就活情報サイト-キャリch

就活情報サイト-キャリch
就活アドバイザー

登録するだけで就活生にとって有益な情報やコンテンツを見ることが出来る。ダウンロードも可能です。

公式サイトはこちら

その他の「学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)」の例文はこちら

Amazonギフト券がもらえる

全国の就活生と繋がれる
就活SNSアプリ

就活アドバイザー

2022.10.01~10.31まで
Amazonギフト券が最大5000円
もらえる友達招待キャンペーンを実施中です。
※1人招待につき1000円

招待キャンペーンは10月末まで!

Lognaviアプリをダウンロード(無料)

スポンサーリンク

-学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)