面接応答

【例文100個以上】「自己PR」って何を言えばいい?就活でアピールできるコツ大公開!【履歴書・ES・面接対策】

就活生

自己PRでなにを言ったらいいかわからない…


そんな悩みを持っている方に「簡単」に作れる自己PRの作り方と例文を盛り沢山用意しました。

ではまず自己PRはなぜ聞かれるのかその質問の意図から見ていきましょう。

就活で「自己PR」はなぜ聞かれるのか?3つの質問意図がある

質問意図

まず初めに自己PRを作る上で

「そもそも面接官はなぜこの質問をするのか」という裏側の部分を知っておく必要があります。

ここら辺は「あーそうなんだなぁ」という感じでサクッと読みましょう。

就活アドバイザー

自己分析ができているか確認するため


就職活動する上で自己分析は必須です。

自分の性格や学歴、職歴などから「自分がどのような職種で働くべきか」という就活の軸ができるからです。

その自己分析をしっかり行っていて自分の特性をわかっているのかを確認するための質問でもあります。

自己PRは自己分析の延長にあるものです。

自己分析をまだしていないという方は、キャリアチケットスカウトの自己分析機能を使ってみるを使ってみましょう。

プレゼン能力の確認


これは単純に伝える力を持っているかという確認です。

自己PRは他の質問と違い「フリーで話せる場」でもあります。

「フリーで話せる場」をどのように使って自分をアピールするのか。

そのプレゼン能力を見ています。

質問では見過ごしてしまうアピールポイントの確認


自己PRでは通常の面接では知り得ない部分を知ることが多いです。

「フリーで話せる場」ならではでもありますが自分を強くアピールできる場でもあります。

自己PRの作り方とポイント

作り方とポイント

自己PRのテーマ(題材)は大きく分けて4つ


私は就活アドバイザーとしてこれまでたくさんの自己PRを添削してきましたが

自己PRのパターンは大きく分けると4つに分かれることに気づきました。それが以下の通りです。

長所・性格をテーマにした自己PR

自分の長所(強み)や性格を題材にした自己PRです。

これは誰でも作れる一般的な自己PRです。迷った場合はこちらを題材にするのが良いでしょう。

例文を見てみたいという方は→「長所・性格」を題材にした例文はこちら(ページ内スクロールします)

得意なこと・特技を題材にした自己PR

自分の得意なことや特技を題材にした自己PRです。

他人より秀でて得意なことだったり、仕事でプラスになるような特技がある方向けです。

印象に残りやすい題材なので得意なこと特技があると言う方はこちらを題材にしましょう。

例文を見てみたいという方は→「得意なこと・特技」を題材にした例文はこちら(ページ内スクロールします)

自己紹介を交えた自己PR


よくある自己紹介を交えた自己PRです。

名前、学歴、職歴、趣味・特技などを交えて自己PRする方法です。
注意する点は自己紹介だけで終わるのではなく、最後に何かPRできる事を入れなければ印象に残りません。

その他の題材と組み合わせて作ることをおすすめします。

例文を見てみたいという方は→「自己紹介」を題材にした例文はこちら(ページ内スクロールします)

体験談・実績を伝える自己PR


「部活やバイトでの体験談」や「前職での実績」を題材にした自己PRです。

注意しなければいけないのがただの自慢だけで終わってしまう人が多い点。

それを志望する会社でどう活かしたいのか伝えないといけません。

例文を見てみたいという方は→「体験談・実績」を題材にした例文はこちら(ページ内スクロールします)

自己PRは30秒(150文字)を目安に用意

自己PRはどれぐらいのボリュームを用意したらよいか

面接官によっては1分や3分と指定してくることもあります。

私が提案するのは「 150文字」読んでおよそ30秒ほどの自己PRを2つ作っておくことです。

※アナウンサーの面接ではない限り時間を計っているわけではないので質問時間をそこまで意識しなくてもオッケー。

もっと聞きたいことがあれば、面接官があったら質問しますので安心してください。

内定者の例文を全て大公開!100個以上掲載

内定者の例文を全て大公開!

性格・長所を題材に

私の長所は責任感と粘り強さです。 任せられた仕事はしっかりと全うし、どう工夫すればより効率良く熟す事ができるか考えて常に向上心を持って取り組みます。簡単な内容であっても気を抜く事なく、また、複雑な内容であっても途中で投げ出すことなく真摯に向き合う所が私の長所だと自負しています。短所は独創性に欠ける点ですが、常にその自覚を持って周囲と密に報告・連絡・相談を心がけております。ひとりでは解決困難と判断した時は素早く周りに相談をして、早期解決に努めます。

目次に戻る▶▶

得意・特技を題材に

私は字が綺麗だと褒められる事が多くありました。それは、過去に何度も字を書く練習をしてきた事が理由です。仕事に対しても同じ気持ちを持っており、何度も繰り返し業務を行い他人に認められる実力を身に付けたい気持ちがあります。人には向き不向きがあると言いますが、努力を積み重ねてどんな業務もできるようになりたいと思っています。

目次に戻る▶▶

自己紹介を題材に

××大学の○○と申します。主に**のことを中心に学びながら、サークルの☆☆にも力を入れておりました。また、課外活動として**に関するボランティア活動もしています。勉強との両立は大変なこともありましたが、サークル活動や課外活動で他世代との交流を深めることができ、充実した日々を過ごせていたと思います。今の目標は家族、特に両親に今までの恩返しができるような人間になりたいと考えております。どうぞ、本日はよろしくお願いいたします。

目次に戻る▶▶

体験談・実績を題材に

私はアメフト部に所属し、創部60年間成し遂げたことのない一部昇格を目指して2つのことに取り組みました。1つ目は徹底的な個の能力の追求です。その中で私は 不屈のpdcaサイクルを実践しました、初心者であった私は、日々小さな目標を掲げ昨日の 自分より半歩先へ成長できるよう努めました。課題が残ったところは先輩、同期に頼み込み 1時間以上の居残り練習をしました。練習後はビデオによる確認を毎日行い常に成果の確 認と課題の追求を行いました。その結果2年生ながらレギュ ラーを獲得しチームで2年連続MVP選手となりました。2つ目は主将としてチームを私の色に染めたことです。チー ム力の底上げには下級生の力が必要不可欠であると感じ、下級生全員と面談を行い考えを聞き意思統一を図りました。また自分が実践した方 法をチームに共有し、全員が目標を掲げた上で問題点を洗い出し日々成長できるよう努めました。その結果全員が一部昇格という強い思いのもと、唯一無二の最高のチームを作り上げることができたと思います。以上2点のことから私は問題 を分析し計画し実行する力、チームとして1つのことを目指し団結する力を身に着けました。

目次に戻る▶▶

こんなのもあり!印象に残った自己PR

私は空を観察するのが好きです。同じ空は無く、全てが一瞬のうちに変化をし続けるからです。変化し続けるものは未知の連続です。自分の知らなかったことを学ぶことは、とても楽しいからです。それはどんなジャンルでも同様です。未知の世界に学びながら一歩を踏み出すことが、私は大好きです。御社で新しい一歩を踏み出す機会を与えて頂ければ幸いです。

目次に戻る▶▶

最後に

自己PR作成は、就活の中でも最も悩む部分だと思います。

頑張って作ってみても「しっくりこない」ことも多いです。

そんな時には自己PR文の添削や相談等も行ってくれる無料のエージェントに相談するのがお勧めです。

その中でも大手エージェントサービスのリクルートエージェントDODAは就活のプロのアドバイザーが多く在籍しています。

面接対策や就活の悩みなど不安なことを相談してみましょう。

こちらから簡単に登録ができます。

リクルートエージェント|業界最大級の非公開求人数
転職支援実績は累計41万1,000名以上の転職エージェントのパイオニア。転職するにはまず初めに登録しておきたい。

転職なら【DODA】求人情報が満載|業界最大級の求人数と豊富な非公開求人
転職活動には必須の有名なエージェントサービス。転職のプロたちによる「転職活動サポート」が無料。

スポンサーリンク

-面接応答