仕事をする上で大切にしていること

【例文まとめ】仕事をする上で大切にしていることは「謙虚な気持ちを持つこと ・感謝の気持ちを忘れない」の履歴書・面接対策

就活アドバイザー
就活アドバイザー

「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」という質問に対する応答例です。


このページでは「謙虚な気持ちを持つこと ・感謝の気持ちを忘れない」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

Amazonギフト券がもらえる

全国の就活生と繋がれる
就活SNSアプリ

就活アドバイザー

2022.11.30まで
Amazonギフト券が最大5000円
もらえる友達招待キャンペーンを実施中です。
※1人招待につき1000円

招待キャンペーンは10月末まで!

Lognaviアプリをダウンロード(無料)

[toc]

「謙虚な気持ちを持つこと ・感謝の気持ちを忘れない」の例文一覧

感謝を忘れずに

謙虚な気持ちを持つことです。一人でする“作業”はあっても、一人だけで完結する仕事はほとんどありません。この作業の先には、それをチェックする人、作業を取りまとめる人、取りまとめたものを次の仕事につなげる人がいます。その人たちがいてくれるからこそ、自分の仕事が価値のあるものになるのだと思います。ですから、その人たちへの感謝を忘れずに、謙虚な気持ちで仕事をすることを私は大切にしています。

ありがたいという感謝の気持ち

ありがとうという感謝の気持ちを忘れないようにするということです。仕事内容を教えてもらう、仕事を与えてもらう、また接客業になればお客様が来て当たり前ではない、わざわざお店を選んできていただいている、もしもクレームなどがあったとしてもそれは会社のことが好きだから労力を使って言ってきてくださっている。というようなどんなことに対してもありがたいという感謝の気持ちを忘れないようにと思っています。

協調性と謙虚さ

「協調性と謙虚さ」です。仕事をする上で、単独プレーということはなく、必ず上司、同僚との連携により結果が生まれます。自分勝手な仕事ぶりで結果を出しても、その後の仕事で歪は必ず出てきます。仕事上の失敗をしたと仮定して、それを一人では処理できません。協調性があるからこそ、フォローし、それが学びに繋がります。共に目指すという協調性、また学んでいくという謙虚さが仕事をする上で大切なことだと思います。

その他の「仕事をする上で大切にしていること」の例文はこちら

スポンサーリンク

-仕事をする上で大切にしていること