仕事をする上で大切にしていること

【例文まとめ】仕事をする上で大切にしていることは「業務の効率化」の履歴書・面接対策

就活アドバイザー
就活アドバイザー

「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」という質問に対する応答例です。

このページでは「業務の効率化」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

Amazonギフト券がもらえる

全国の就活生と繋がれる
就活SNSアプリ

就活アドバイザー

2022.11.30まで
Amazonギフト券が最大5000円
もらえる友達招待キャンペーンを実施中です。
※1人招待につき1000円

招待キャンペーンは10月末まで!

Lognaviアプリをダウンロード(無料)

[toc]

「業務の効率化」の例文一覧

アレンジするなど些細なアイディアでも実行することが大切

業務の効率化について常に考えるように心がけています。従来のやり方に疑問を持たずにそのままなぞっていると、結果的に時間が多くかかってしまったり、作業工程が増えてしまったりすることがあります。例えば、普段使用している書類作成のフォーマットをより入力しやすくアレンジするなど、些細なアイディアでも実行することが大切だと感じています。

バランスを上手くとりながら

常にそのやり方しかないと思わず、効率、正確性、その仕事の意義を考えながらやり方を改善していくことです。効率化してその仕事が早く終わることができれば、次の仕事に取り掛かることができ、様々な仕事の経験が上がっていきます。ただ、効率化しすぎて、正確性に欠くようでは意味がありませんので、そこのバランスを上手くとりながら進めていきます。様々な仕事を経験することにより、その仕事が他の仕事のどこに関わってくるのか。そういった横のつながりも見えてきますので、そこも踏まえて、さらなる効率化、正確性が確立されるという、良い循環を考えながら仕事をしていきます。

時間は限られている

「どうすれば効率的に行えるか」を常に考え、行動することが最も大切だと感じます。なぜなら時間は限られているからです。お給料をいただいて仕事をする以上、与えられたタスクをこなすことだけではなく、その託すの中で作業の効率化を常に考え、それを共有していくことで業務のスピードアップが可能になり、会社の業績を上げることにつながると考えるためです。

出来る人の違いは効率が良いか悪いかだけ

どれだけ効率よく仕事をこなすことが出来るかどうかを常に考えています。皆、与えられた時間は決まっています。限られた時間の中で1つ出来る人と2つ出来る人の違いは効率が良いか悪いかだけだと思います。例えば10分間の休み時間、00分から10分まできっちり休むのか?00分から08分まで休んで残りの2分間はメールを受信する、それだけでも決まった時間内でできあがる量が変わって来ると思います。

更なる改善や効率化を求め進化を忘れない姿勢

仕事をする上で大切にしていることは、やるべきことはやった上で更なる改善や効率化を求め進化を忘れない姿勢です。仕事のやり方を覚えそれをこなしていくことは大切ですが、今までのやり方に更なる改善を加えていくことで個人の仕事に対するモチベーションや企業の発展にもつながると思いますので、日々何気なくやっている業務について参加するにはどうするのか?といった目つきを持ち続けたいと思います。

その他の「仕事をする上で大切にしていること」の例文はこちら

スポンサーリンク

-仕事をする上で大切にしていること