離職期間は何をしていたか

【例文まとめ】離職期間は「資格取得・スキルアップの為の勉強をしていた」の応答集|履歴書・面接対策に

本記事はプロモーションが含まれています

履歴書や面接での「離職期間は何をしていたのですか?」と問われたときの回答例のまとめです。
このページでは「資格取得・スキルアップのための勉強をしていた」を中心とした例文をまとめています。
就活アドバイザーの辛口一言コメントも付いていますので、どうぞ参考にしてください。

よく読まれている記事
就活生の必需品!「ガクチカ・自己PR」が誰でも簡単に作れる!最強のツール”キャリアチケットスカウト"アプリを実践

続きを見る

離職期間は「資格取得・スキルアップの為の勉強をしていた」の例文一覧

パソコンの勉強とパソコン関連の資格を取得

前職では〇〇を販売する仕事をしておりましたが、パソコンに興味を持ち、より幅広い業務へ挑戦したいと思うようになりました。
そこで、キャリアチェンジを目指す前にスキルアップのため、パソコンの勉強とパソコン関連の資格を取得する時間を作るために会社を退職致しました。

離職期間中は、ブラインドタッチの練習やWord・Excelの基本的なソフトウェアの操作から応用的なスキルまでを学びました。また、WordとExcelの資格も取得致しました。現在では、実務レベルまで習得できております。
御社では、目標を決めたら最後まで諦めずやり抜く力とスキルアップの経験を活かしながら業務に携われたらと考えています。

勉強の末、英検準一級に合格

前職は家庭の子どもの事情により、退職致しました。

離職中は英語の技能を伸ばそうと、英検の受験を決めました。今まで培った事務の能力を更に高めたかったからです。
勉強の末、英検準一級に合格することができました。

貴社で働く際に、これまで活用してきた事務能力の他に、ビジネスに通用する英語力を活かしていきたいと存じます。

「公共職業訓練」を受講

ハローワークで紹介をしてもらって「公共職業訓練」を受講し、パソコン検定試験を受けました。訓練は、3か月間、土日祝祭日を除き毎日受講しました。テキスト代はいりましたが、手当(通勤費・昼食代)はでました。時々、発表しなければならないこともありましたが、楽しく受講できました。

受講後に検定試験を受け、資格を取ることもでき、今後に生かしていきたいと思います。

デザインの専門学校に通って勉強

もともと絵を描くことが好きで、趣味として創作活動を行っていました。前職の会社が倒産して離職したことを機に、自分の好きなことを職にするため、離職期間中はデザインの専門学校に通って勉強しておりました。

専門学校ではデザインの現場で必要なソフトの使い方や商業デザインの基本的な考え方などをしっかりと教えていただきました。デザイン業務は未経験ではありますが、誠意をもって御社の業務に携わらせていただきたいと思っております。

プログラマーを目指し、Java Silverの勉強

離職中はうつ病のため自宅療養しつつ、調子のいい時は次の仕事に向けて勉強をしていました。IT業界に興味を持っていたので、まずは簡単な資格のITパスポートの取得に向けて勉強しました。ITパスポートは一発合格しました。

その後はプログラマーを目指し、Java Silverの勉強をしました。これは未経験には大変な資格でしたが、なんとか2回目で合格しました。基礎的なIT知識やプログラミングの知識に加え、諦めずに計画的に物事に取り組む姿勢は、御社の業務でも生かしていけると思います。

国家試験で合格したことは私の大きな財産

求職活動をしながら、離職票中の今でしかできないことを、と思い、ある資格をとりました。国家資格の調剤薬局事務士です。これからは医療だと思い、それに付随する薬と薬局に関する資格です。今や薬局ではコンピューターですぐにレセプトは出せるんでしょうが、薬価を初め、薬に関することや、薬局の、例えば時間外の割増料金など、薬と薬局に関するあらゆることを学び、国家試験で合格したことは私の大きな財産となりました。

資格取得に励んでいました

離職期間は、転職活動を通してスキルアップを目指し、資格取得に励んでいました。資格は無事に取得することができたため、御社での活動においてもプラスに働けると自負しています。また、資格期間中は、御社で必要なスキルがどういったものなのかということを分析し、御社の業務においてプラスとなり得るような〇〇や△△をピックアップして、資格取得に励みました。

資格取得期間は心が折れそうになることもありましたが、そこで挫けない精神が資格取得にあたって、一番大きな産物であると考えております。この挫けない精神を持って、御社の業務を積極的に学び、戦力になれるように頑張りたいと考えています。

ハローワーク主催のパソコンスキルが習える講座を受講

ハローワーク主催のパソコンスキルが習える講座を受講し、自分に自信のない分野のスキルアップに努めました。新たに勉強をしチャレンジし、資格を得ることができ知識をより、深めることができました。

自分に自信が付き苦手意識がなくなりました。その知識を活かし、御社での今後の業務に生かしていけるものだと思っています。

ホームページを中心とするwebデザインの技術を学ぶため

元々はグラフィックデザイン(名刺やチラシなど)の紙媒体の仕事をしていたのですが、紙媒体の仕事が減少してきたため、ホームページを中心とするwebデザインの技術を学ぶために、一度会社を辞めて1年位知り合いのwebデザインの先生に基本的な事を学びました。

webデザインで特に難しかったのは、HTMLやCSSというマークアップ言語の知識が全くなかったため、例題を渡されて画面通りに動くようにしなさいと言われてプログラム言語を書くエディターと画像を交互に見ながら、きちんと動く様に悪戦苦闘しながら練習していました。プログラムは、一つでも間違えると、形が崩れたり動かなくなるためバグを2時間かけて探したりしていました。今は、ホームページ制作の仕事をしているわけではありませんが、ホームページの基本的な構造が理解出来るようになったのは、良かったと思っています。

自身のスキルや知識を向上

私の離職期間中は、新たな経験を積み重ねるために様々な活動に取り組みました。まず最初に、自己啓発に力を入れました。専門書やオンラインコースを通じて、自身のスキルや知識を向上させることに時間を費やしました。新しい分野について学ぶことで、将来のキャリアの可能性を広げることができました。

さらに、身体的な健康にも注力しました。定期的な運動やフィットネス活動に積極的に参加し、健康的な生活習慣を確立しました。ウォーキングやヨガなどの活動を通じて、心身のリフレッシュを図りながら、健康管理にも努めました。

資格を取得するために職業訓練校

再就職活動に加え、在職中に取得した経験・スキルの他に興味のある分野・将来的に有効になるかもしれない分野の資格取得に取り組みました。具体的に申し上げると、○○作業技術者、○○作業主任者資格などです。

これらの資格を取得するために職業訓練校などにも通いましたが、その中で様々な業種の人たちとコミュニケーションをとることによりいろいろな考え方や生き方を勉強することができ、人間的にも経験を積むことができたと考えており、新たな環境でも生かしていけると考えております。

以前から〇〇について勉強したい

自身のスキルアップのため、以前から〇〇について勉強したいと思っていました。しかし、前職に在職していた時は、なかなかスキルアップに充てる時間が取れませんでした。どうしてもスキルアップを目指してチャレンジしたいと思っていたので、思い切って前職を退職し、〇〇について勉強する時間にあてました。

そのおかげで、〇〇については、非常に知識がつきました。今後は実際にこの知識を生かして活躍していきたいと考えています。

転職先で使える資格を幾つか考えて専門的な勉強

退職後、何も資格が無かったので不安で一杯でした。そこで、一念発起をして自分の能力を高めるために資格試験を受ける日々が続いていました。次の転職先で使える資格を幾つか考えて専門的な勉強を身につけて取得できるように日々、励みました。

資格取得の為の勉学

在籍中は人間関係や過度な残業時間や休日出勤で精神的にも疲労困憊だった為、離職した後は自宅などで療養をしていました。また、在籍中はあまり休日やプライベートに余裕がなかったのでこの離職期間を機に今まで出来なかったことやリフレッシュを兼ねての旅行など、次の就職先に向け資格取得の為の勉学に励んでいました。

現在は前職の知識などを基に、今後御社で活躍出来るよう資格や業務などに活かせれる様勉学に励んでいます。

グローバルに活躍したく外国語も勉強

在職中体調を崩し、自宅療養を余儀なくされ退職いたしました。自宅で安静に過ごすのはもちろんですが、なにか自分の強みを増やしたく資格の勉強を始めています。あと今後グローバルに活躍したく外国語も勉強し始めました。暇な時間を無駄に過ごすのではなく、自分のスキルアップのために時間を有効に使えないか考えて行動しております。

建築系の資格

前職場では人間関係に疲れ、辛くなってしまったので転職を決意しました。雇用保険をもらいながらゆっくりすることも考えたのですが、自分の性格上休みすぎると将来に対する焦りがでてしまうので、就職に役立つ資格の勉強をしながら転職活動することにしました。事務職をしていたのですが、他にも強みが欲しかったので、建築系の資格をとりました。

専門のスクールに登録

新しい目標ができたことが退職の理由でしたので、すぐに勉強の準備をはじめました。専門のスクールに登録したことはもちろん、自分でもやれる範囲の勉強をしようと思い、図書館を手始めに知り合いからもいろいろと情報を得るように努力しました。スクールは時間のゆるす限り詰め込んでカリキュラムを消化するようにし、予定より早く卒業しました。技術を身に付け、自分の自信にもつながりました。

以前とはまったく違う業種ではありますが、御社の一員として胸を張れるだけの力を付けたと自負しております。

面接の回答に迷ったときは、無料の転職サービスを活用しよう!

面接の回答に迷ったときは、無料で使える就活エージェントに相談してみるのもありです。就活のプロの意見を聞くことでより、一層磨きのかかった就活が出来ます!

就活アドバイザー大谷
就活アドバイザー大谷

今現在のエージェント業界では次の2つがおすすめです!

リクルートエージェント
 登録必須!業界最大級の非公開求人数があり

DODAエージェントサービス
 併用推奨!安心の充実サポート、エージェントの質に定評あり

   

この2つは全年代、全職種に対応可能なオールマイティな転職エージェントなので上手に活用していきましょう!

その他の「離職期間は何をしていたのですか」の例文はこちら

あなたはどっちが向いている?

業界トップの転職サービス

リクルート
エージェント

DODAエージェントサービス

とにかく求人の量を重視

求人数よりも質・相性を重視

リクルートが培ったノウハウを知りたい

親身に寄り添ったサポートをしてほしい

営業
エンジニア
物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
などに特に強い

事務
建築・土木・不動産・設備
機械・電気
企画・管理
などに特に強い

\ 完全無料 /

公式サイト

\ 完全無料 /

公式サイト

-離職期間は何をしていたか