【例文まとめ】離職期間は「転職活動をしていた」の応答集|履歴書・面接対策に

本記事はプロモーションが含まれています

履歴書や面接での「離職期間は何をしていたのですか?」と問われたときの回答例のまとめです。
このページでは転職活動をしていたを中心とした例文をまとめています。
就活アドバイザーの辛口一言コメントも付いていますので、どうぞ参考にしてください。

よく読まれている記事
就活生の必需品!「ガクチカ・自己PR」が誰でも簡単に作れる!最強のツール”キャリアチケットスカウト"アプリを実践

続きを見る

離職期間は「転職活動をしていた」の例文一覧

週5日ほど面接

離職中は資格取得や転職活動に力を入れていました。転職活動においては積極的に案件に応募し、週5日ほど面接を受けていました。また、ハローワークやエージェントサービスなどにも相談し、職務経歴書の添削をして頂くことでブラッシュアップに努めました。積極的に動いたことで内定を3件ほど頂くことが出来、自分自身の自信に繋がりました。

療養しながらハローワークや転職サイト等を利用

在職中は毎日朝8時から22時までの勤務が常態化しており、そのため体調を崩してしまい療養しておりました。療養しながらハローワークや転職サイト等を利用し次の職場では効率的に働ける環境で自己成長したいと思い御社を志望しました。

御社が取り組んでいるDX化はまさに今までの作業効率に革命を起こす物であり、大変興味を持ちました。今までの経験を活かし御社で貢献したいと考えております。

性格上休みすぎると将来に対する焦りがでてしまう

前職場では人間関係に疲れ、辛くなってしまったので転職を決意しました。雇用保険をもらいながらゆっくりすることも考えたのですが、自分の性格上休みすぎると将来に対する焦りがでてしまうので、就職に役立つ資格の勉強をしながら転職活動することにしました。事務職をしていたのですが、他にも強みが欲しかったので、建築系の資格をとりました。

経済的にも苦しい状況で求職中

半年前まで、物流関係の職場でパートとして勤務していました。当時、家の事情で退職して現在、無職の状態です。年金生活の今、経済的にも苦しい状況で求職中です。

就職はかなり困難な状況ですが、体力の維持に頑張っています。日々の移動にも自転車、あるいは徒歩でこなしています。そして規則正しい生活を心がけていますし、精神の維持に気を付けています。

生活できるだけの収入の期待できる仕事

長男の事情である地方都市への移住をすることになり、退職しました。

ある程度の蓄えもありましたので、移住先で家内と二人で生活できるだけの収入の期待できる仕事、また自分のスキルと体力の範囲でできる仕事を探していました。見知らぬ土地でもあり、交通事情に慣れるためにもクルマの運転の練習をしていました。

面接の回答に迷ったときは、無料の転職サービスを活用しよう!

面接の回答に迷ったときは、無料で使える就活エージェントに相談してみるのもありです。就活のプロの意見を聞くことでより、一層磨きのかかった就活が出来ます!

就活アドバイザー大谷
就活アドバイザー大谷

今現在のエージェント業界では次の2つがおすすめです!

リクルートエージェント
 登録必須!業界最大級の非公開求人数があり

DODAエージェントサービス
 併用推奨!安心の充実サポート、エージェントの質に定評あり

   

この2つは全年代、全職種に対応可能なオールマイティな転職エージェントなので上手に活用していきましょう!

その他の「離職期間は何をしていたのですか」の例文はこちら

-離職期間は何をしていたか