事務 体験談 営業

事務職から営業職に転職を考えている方に「知っておくべきこと」志望動機、退職理由など

先日、このような悩みが送られてきました。

都内の中小企業で2年間経理事務をしているものです。専門学校で簿記を学んだ経験から事務職に就きましたが毎日同じような仕事に辛さを感じています。2年目からは同じ業務の繰り返し。同オフィス内で働いている営業マンたちが生き生きと外出している姿を見て羨ましく思う日々です。そこで一度営業をしてみたいと思うようになってきました。しかし全くの畑違いで人と喋るのが得意ではないため躊躇しています。何か背中を押してくれるようなアドバイスをいただけないでしょうか。


このような悩みを持っている方は非常に多いのではないでしょうか?


この記事は事務職の営業職に転職する際に知っておくべきことを私の体験談を踏まえてお話しします。

事務職から営業職への転職状況

営業職への転職はしやすい傾向

ハローワーク情報サイト〜ハロワのいろは〜が独自に集計した

2022年6月の「職業別の有効求人倍率」では

営業が1.87倍に対して、会計事務が0.58倍、一般事務はそれよりも低い0.29倍であることがわかっています。

つまり事務職よりも営業の方が内定を取りやすい状況にあるといえます。

有効求人倍率の見方

有効求人倍率=企業がハローワークで募集する仕事の数=働きたい人の数

・1よりも大きくなると求人数が働きたい人よりも多く、面接者から見ればライバルが少ない状況といえます。

・1よりも小さくなると求人数よりも働きたい人の数が多くなるためライバルが多く内定を取りづらい状況です。

事務職から営業職は強みになる

事務の経験は営業に生かすことができます。

経理事務では会社のお金の流れをある程度把握できているはずです。

利益率やコスト面において常に考えることができる営業は強いです。

また一般事務であってもその気配りやオフィス内での立ち振る舞いを知っていると知らないとでは営業のやりやすさも変わってきます。

ここが良かった!事務所から営業職に転職して良かったこと

外回りができるので時間が過ぎる感覚が圧倒的に早い

これは良いところでもあり、人によっては良くないところでもあるんですが…

事務職で就業してる時に比べて体感時間は圧倒的に早いです。

というのも外回りでは移動時間がほとんどで担当によっては電話も頻繁にかかってきます。

あっという間に1日が過ぎることも多いので仕事に追われてつい残業ということもあり得ます。

効率的に働くことを意識しなければ自分自身のプライベートの時間も削ってしまう可能性があります。

社内のギスギスした雰囲気から解放

事務経験者わかると思いますが、オフィスにはどこに行っても御局(おつぼね)がいますね(笑)

事務職だと週5日8時間以上顔を合わせなければいけなく、事務職の退職理由のほとんどが人間関係です。

その点、営業は1日の半分以上は外にいることも多いので社内のギスギスした人間関係からは解放されます。

ある程度自分でスケジュール管理ができる

入社数年は同行営業があり難しいですが

営業職は基本的にスケジュールは自分次第で決めることができます。(というよりもお客様次第と言う方が正しいかもしれませんが)

外回りの時間や昼休み、休憩時間はある程度決めることができるので

良くも悪くも「サボろうと思えばサボれる」環境でもあります。

営業の辛いところも知っておこう。転職をしてしんどかったこと

転職して良かった点もあげましたがもちろんその分辛い点も多々あります。
事前に把握しておくことで対策もできるのでぜひご覧ください。

社内と社外両方の人間関係を築く必要

事務職であれば社内の人間だけに気を遣っていればよかったですが営業はそうはいきません。

社内の部署に加え、お客様との関係構築をしなければなりません。

ときにはお客様から無理難題を言われ、社内の人間との板挟みになることもあります。

営業職は一般的に「何でも屋」になる職種ですのである程度は覚悟が必要です。

休みやプライベートの時間が少なくなる

会社にもよりますが基本的には「お客様ありき」で働く職種です。

土曜日、日曜日が公休だとしても現場の仕事が入ったり、古い会社だと接待ゴルフなどもいまだに存在します。

働き方改革が進んでいるので以前ほどのブラック企業はなくなりつつありますが

事務職よりかはプライベートの時間がなくなるというのが現実です。

数字を残す・前の担当者と比べられることのプレッシャー


営業マンになるとノルマがあるないにかかわらず必ず数字がついて回ります。

同期と比べられたり、前の担当者の成績と比べられたり

それがグラフとして目に見える形で提示されます。

他人と比べられることを楽しむといったマインドを持つことが大切です。

営業職から学んだこと

真面目な人より不真面目な部分を持っている人が長続きする

どんな職種でも言えるかと思いますがものすごく真面目な人よりも、少し抜けた不真面目な人の方が営業としては長続きする人が多いです。

私はこだわる性格なので資料作り1つとっても完璧を求めてしまうことが多く苦労しました。

またお客様という意識が強く上手にコミニケーションが取れないこともありました。

ときには少しくだけた言葉遣いなどで距離を縮めることも必要であることを学びました。

メンタル強くなった

営業の仕事は人前で話すことが多いです。苦にしない性格の人は良いですが、私自身目立つのが苦手なタイプだったので大変苦労しました。

しかしながらその経験が生きて今では少しのことではひるまないような人間になりました。

事務職の退職理由、営業の志望動機

営業職に好かれる長所

転職するなら1年でも若いうちに

外を見ている画像


営業職はその職業柄、若いうちに経験をしたい職業です。

  • 若い人にしか許されない失敗
  • 若い人にしかできない懐の入り方
  • フットワークも軽いので数多く外回りができたり

30代を超えてからの営業はそうはいきません。

即戦力として見られるからです。

今あなたが「営業をやってみたい」そう思ったのであれば早めに動くことをおすすめします。

営業職の求人に強い「リクルートエージェント」などに登録してどのような求人があるのか確認するだけでもいいでしょう。

迷う時間があればまずは行動しましょう。

スポンサーリンク

-事務, 体験談, 営業