企業選びの基準・軸

【例文まとめ】企業選びの基準・軸は「待遇・福利厚生」の応答集|履歴書・面接対策に

本記事はプロモーションが含まれています

履歴書や面接での「企業選びの基準・軸は何ですか?」と問われたときの回答例のまとめです。

このページでは「待遇・福利厚生」を中心とした例文をまとめています。

就活アドバイザーの辛口一言コメントも付いていますので、どうぞ参考にしてください。

関連記事
【AIで長所・短所を自動作成】「ChatGPT」と「グッドポイント診断」で面接に強くなる応答文章を作成しよう!自己分析が楽になる!

続きを見る

企業選びの基準・軸は「待遇・福利厚生」の例文一覧

給料が高いか

企業理念も大事ですが軸となるのは入社後に成長できるか、また給料が高いかです。お金じゃないと言う人もいますが持続的に会社に貢献するにはお金が必要です。自己投資をするにしても給料から捻出するため給料が安いのは成長に繋がらず機会損失につながります。そのため、自分が成長できるか、成長産業てまあるか、給料が高いか又は適正な査定で給料を支払う会社なのかがおおきな軸になります。

年収が高い会社を選んだ方がいい

自分に向いているかどうかだと思います。次に年収、福利厚生なども見て決めます。自分に向いてなかったら、採用されてもすぐに辞める可能性があると思います。同じ内容の仕事をやっているのに、会社によって給料が違うので年収が高い会社を選んだ方がいいと思います。福利厚生も大事です。育児休暇がどのくらいあるのか、どのくらい生活面でサポートしてもらえるのかもよく見て選んだ方がいいと思います。

一番にやはり給与

自分の将来を決めることですのできれいごとではありません。まず、給与面です。そしてその会社および業界が今後伸びていくかを考慮し決めます。まず給与が低いとどうしてもモチベ-ションが上がりません、それに家族を養えないのであれば男としての威厳もありませんので一番にやはり給与を考えます。つぎに、今の給与が高くてもその業界が伸びていかなければ将来の展望が見えません。一発芸人と同じであれば先が見えません。とにかく、やはりお金をもらえるかどうかで決まります。

生活する上ではお給料が第一

私の志望企業を選ぶ基準は、そこで働く人達とお給料で選びます。生活する上ではお給料が第一ですが、長く働くという点でともに働く人は大事です。アルバイトでも色々経験し感じたことがあります。上下関係含め自分が成長しやすい環境であるという事も重要な点ではないでしょうか。お互い助け合い、スムーズに業務をこなせる事にも繋がると感じています。又、自分自身も成長でき全てが良く循環するのではと痛感しています。ありがとうございます。

待遇面が高いのは会社の基盤が安定している事

入社前に参考にする基準は、給料面を最優先いたします。理由としては、待遇面が高いのは会社の基盤が安定している事を表していますし、会社内の人間にも優秀な人が多くいる事が想定されそんな環境で仕事ができるのは、自分の成長にもなるからです。そのため待遇面が高いところは基準として最重要になります。あとは待遇面が良いと私生活も充実します。低待遇だと私生活も満足に過ごせず、仕事面にも影響が出ます。金目当てかと言われたらそれまでですが、それを言う会社は底が知れています。仕事で成功するためには、待遇面を最優先して選びます。また、待遇面が同じくらいなら人間関係を重視します。人間関係が良くないと待遇面が良い会社でも長期的に働けないと再転職時に長期的に働いていないことで待遇面などで足元を見られるので待遇面も予定より低く見積もられます。

その他の「企業選びの基準・軸を教えてください」の例文はこちら

関連記事
【AIで長所・短所を自動作成】「ChatGPT」と「グッドポイント診断」で面接に強くなる応答文章を作成しよう!自己分析が楽になる!

続きを見る

あなたはどっちが向いている?

業界トップの転職サービス

リクルート
エージェント

DODAエージェントサービス

とにかく求人の量を重視

求人数よりも質・相性を重視

リクルートが培ったノウハウを知りたい

親身に寄り添ったサポートをしてほしい

営業
エンジニア
物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
などに特に強い

事務
建築・土木・不動産・設備
機械・電気
企画・管理
などに特に強い

\ 完全無料 /

公式サイト

\ 完全無料 /

公式サイト

-企業選びの基準・軸