面接応答

【例文100個あり】「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」はこの記事で全て解決!就活でアピールできるコツ大公開!【面接対策】

仕事をする上で大切にしていることはありますか?
面接官

仕事をする上で大切にしていることはありますか?

えー。それは…えっと…

就活生
就活アドバイザー

「 仕事をする上で大切にしていることはありますか?」という質問は

転職活動での面接の際によく聞かれる質問です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます
それではまず質問の意図から解説していきましょう。

この記事の内容
  1. 「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」はなぜ聞かれるのか?3つの質問意図がある
  2. 「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」 の応答のポイント
  3. 内定者の例文を全て大公開!100個掲載 「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」の例文
  4. まとめ

「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」はなぜ聞かれるのか?3つの質問意図がある

質問意図

質問の意図①: これまでしてきた仕事に対する姿勢

転職活動で必ず聞かれるのがこれまでの会社の経歴です。

その会社でどのような仕事をしてきて何を大切にしてきたのか。このことから仕事に対する姿勢を見ています。

そして次に意識するのが、その姿勢が志望している会社と一致するかです。

質問の意図②: 会社の経営理念と合致するか

最後にこの質問で採用担当者が考えるのが「この人がうちの会社に合っているのか」です。

『利益』よりも『お客様第一』を経営理念に掲げている会社に「自分はこれだけの利益を出してきた。売上最優先で頑張ります」といってももちろん響きません。

「この人を採用してうちの会社でしっかり活躍してくれるのか」「当社の経営理念と合致する人材なのか」をこの質問の応答から読み取っています。

ポイント

① これまでしてきた仕事に対する姿勢

② 会社の経営理念と合致するか

「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」 の応答のポイント

応答のポイント

応答ポイント:企業研究をしっかり行い、経営理念と合致するように心がける

ここでのポイントはたった一つだけです。

その会社が欲している人材、経営理念に合致するような言葉を選びましょう。

そのために必ず行うべきことは企業研究です。
会社のHPや事業内容、実際にお客さんとして足を運ぶなど、多くの情報を取り入れるべきです。


そこで働いている人がどんな思いで働いているのか、現場はどんな人を求めているのか、自分なりに想像してみましょう。

ポイント

企業研究をしっかり行い、経営理念と合致するように心がける

内定者の例文を全て大公開!100個掲載 「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」の例文

内定者の例文
就活アドバイザー

それでは実際に「 仕事をする上で大切にしていることはありますか? 」という質問に対する回答例を100個紹介します。

「人のために仕事をする」という気持ち

「人のために仕事をする」という気持ちだと思います。

仕事は一人ではできません。需要と供給が発生するときに仕事が生まれ、相手方がいないと私たちは生活もできません。

それは社内にも言えることで営業は事務がいないと処理が追い付かず、事務は営業がいないと仕事も生まれません。

どの部署も持ちつ持たれつの関係でそれを理解した上で「人のために何ができるか」と行動することが大切だと思います。

お客様にいかに喜んでもらえる仕事をするかが一番大事かと思われます。私たち人間は、相手を喜ばせることに挑戦し、本当に相手が喜んでくれた時に、幸せな気持ちになると信じます。ですので、企画を考える時も、お客様と商談しているときも、お客さまの欲しい情報を提供する時も、そして無事仕事を完了して納品などをするときも、とにかく喜んでもらえる仕事を心がけていきたいです。

目次へ戻る▶▶

「誠心誠意」で努めること

「誠心誠意」で努めることです。仕事仲間やクライアントなど、相手が今何を考えていて、私に何を期待しているのかを常に考えながら振る舞うようにしています。それを続ける事で、相手からの信頼を得られるだけでなく、自分自身の想像力や人間力が磨かれ、自己実現にもつながると考えております。御社においても、仕事相手を第一に慮ることを信条として大切にしつつ、御社の事業に貢献したいと考えております。

目次へ戻る▶▶

思いやりを持って仕事に取り組むこと

 [代表例]

「思いやりを持って仕事に取り組む」ことを心掛けています。単に対人関係面で気を使うだけでなく、書類の字を丁寧に描く、誰が読んでも分かるように引継ぎを残すなど、他の人が仕事をしやすいようにすることも「思いやり」だと考えています。経験上、そうすることで「この人とは仕事がしやすい」と周囲の人に思っていただくことができ、結果として対人関係もスムーズになっています。

目次へ戻る▶▶

やってみるという気持ちをもつこと

 [代表例]

まずはやってみるという事です。自分に仕事をお願いしてくる方のほとんどは自分よりも人生経験豊富な先輩方です。その方がお前ならできると思って依頼してきた仕事は、なんで自分なの?何のためにやるの?と思わずまずは取り掛かる事です。もちろん仕事の工程で分からないことは聞かなければいけませんが、自分のベストを尽くして仕事を行う事が自分の為になり、会社や社会の為になって行くと信じて仕事をしています。

目次へ戻る▶▶

謙虚な気持ちを持つこと ・感謝の気持ちを忘れない

 [代表例]

謙虚な気持ちを持つことです。一人でする“作業”はあっても、一人だけで完結する仕事はほとんどありません。この作業の先には、それをチェックする人、作業を取りまとめる人、取りまとめたものを次の仕事につなげる人がいます。その人たちがいてくれるからこそ、自分の仕事が価値のあるものになるのだと思います。ですから、その人たちへの感謝を忘れずに、謙虚な気持ちで仕事をすることを私は大切にしています。

目次へ戻る▶▶

成果をしっかりと挙げるということ

 [代表例]

「成果をしっかりと挙げる」ということです。仕事は利益のためだけのものとは言いませんが、先立つものが無ければあらゆる方面に迷惑をかけてしまいます。ですから、もちろん仕事中の心構えや仕事への姿勢、コミュニケーションなども大事にしますが、「それで望む成果が挙がったのか」ということにもいつも気を配るようにしています。また、そこから逆算して「成果を挙げるために自分に何ができるか」ということも常に考えるようにしています。それが結果的に「チームのために、会社のために動く」ということにもなります。成果は一人だけで挙げるものではありませんので。

目次へ戻る▶▶

「ありがとう」と言ってもらえるように努力すること

 [代表例]

お客様に「ありがとう」と言ってもらえるように努力することです。ただ、自分を犠牲にしすぎてしまうと、会社側の不利になったり体調を崩したりしかねないので、こちらも人間であるということを上手く理解していただけるよう、仕事仲間や上司に相談しながら、お客様とのつながりを大切にしていきたいと考えております。会社もお客様も、お互いに気持ちよくいられることが、私の仕事の理想です。

目次へ戻る▶▶

「約束を守る」という気持ち

 [代表例]

「約束を守る」という気持ちだと思います。これは、お客様に対する納期はもちろんのこと、他の社員の皆さんとの約束も含みます。できない約束をしてしまうと、仕事のスケジュールに影響してしまいますし、自分への信頼も無くしてしまいかねません。そう意識することで、日々の業務への向かい方や体調管理などがきちんと行えるようになり、良い仕事ができるのではないかと思います。

目次へ戻る▶▶

同じ業務でも必ず普段と違った見方で捉えること

 [代表例]

同じ業務でも必ず普段と違った見方で捉えることです。ルーティーン化しそうな業務ほど何も考えずにこなしてしまうがちですが、新たな目線で捉えることで新しい発見をみいだすことができるからです。新しい発見をすることで次の業務のアイデアや企画が生み出され、自分だけでなく会社のステップアップにも繋がります

目次へ戻る▶▶

「この仕事は何の目的で行うのか」ということ

 [代表例]

「この仕事は何の目的で行うのか」ということを大切にしています。ただ何も考えずにやみくもに仕事をすると、目的と外れてしまうような結果になったり、段取りを無視して他の社員の方に迷惑をかけたりする結果になってしまい、何も得られなくなってしまう可能性があるからです。目的をはっきりさせることにより、仕事の方法・段取り・得られた結果の捉え方・結果からの反省への対策が的確に行えると思います。

目次へ戻る▶▶

一つずつ片付けていくこと

 [代表例]

「一つずつ片付けていくこと」を大事に考えています。すぐにステップアップして大きな仕事へ……なんて憧れはあるのですが、自分がまだ未熟なことはわかっていますから、なんとか皆様を支えられるような小さな、目の前の仕事をコツコツと積み上げていくことが今は大事だと思っています。その積み上がった経験が、私を成長させてくれると考えています。

目次へ戻る▶▶

一緒に働く人々との信頼関係

 [代表例]

一緒に働く人々との信頼関係を大切にしています。日頃から良好な関係性を保っていれば、忙しい時やイレギュラーな案件が生じた時にも連携し合って仕事をこなすことができるからです。そのためにも、あいさつや連絡といった基本のマナーをしっかり行うこと、および、業務内外問わず積極的に声を掛け合うことを大切にしています。

仕事をする上で大切にしていることは、人間関係です。どんな職種でも、同僚や先輩、取引先の方など関わる方は多くいると思います。一日の中で多くの時間を費やすのが、仕事です。同じ時間、仕事をするのであれば、人間関係が良い方が、仕事への影響にも繋がると思います。何かしてくださったら、「ありがとう」を言うとか、小さなことですが心掛けています。人間関係をよくして、お互いが気持ちよく仕事をする環境を作ることが、大切だと思います。

目次へ戻る▶▶

人と人との和を大事にすること

 [代表例]

人と人との和を大事にすることです。和気あいあいとした職場で働きたいからです。ミーティングを大事にして、スムーズに、仕事ができる環境づくりを目指したいと思います。自分一人ではできないことも協力して、できればと思います。会社の行事も積極的に参加して、仲間づくりの輪に入りたいと思います。初心を忘れずに頑張っていくつもりです。

目次へ戻る▶▶

一つ一つの仕事を丁寧にすること

 [代表例]

一つ一つの仕事を丁寧にすることです。仕事をしている中で不明な点があれば、できるだけすぐに確認を取るようにしています。また、仕事を提出して終わりではなく、フィードバックに応じて必要なところをすぐに修正・改善できるよう注意しています。このように、それぞれの仕事に誠実に向き合い、求められたレベルのものを提出するよう心がけています。

目次へ戻る▶▶

「一緒に働いている人を大切にする」ということ

 [代表例]

「一緒に働いている人を大切にする」ということです。仕事は一人ではできません。皆と力を出し合って成り立っていると考えています。経験を積むと自分に自信がついて、時には自分を過信して周りが見えなくなることもがあります。そのような状態では、気づかぬうちに誰かを傷つけ、職場の雰囲気を悪くすることに繋がりかねません。自信を持っているからこそ落ち着いて、一緒に働いている人の声にも耳を傾けながら仕事をすることが大切だと考えています

一緒に働く人へのリスペクトする気持ちを大切にしています。どんな仕事でもひとりのチカラで成り立つものはないと思っているので自分もどこかで仲間に助けられていると思うんです。感謝、フォローする気持ちを持つことはいつもどんな職種で働こうが仲間に対する気持ちを持つように心がけていますし、必要不可欠なことだと感じて働いてきました。

目次へ戻る▶▶

周りの人との関係性

 [代表例]

「周りの人との関係性」です。どんな仕事でも、「1人で進めていく」ことは大変であり、効率が悪いと思います。仕事に関わる人と「一緒に」進めていくので、どうしてもそこでの人間関係というものが発生します。この人間関係がうまくいかないと、仕事が円滑にまわらないと考えるので、仕事をする上では「一緒に」仕事をする人との「人間関係」を大切にすることを意識しています。

組織である以上、人との関係性はとても大切です。誰にでも向き不向きや気分の浮き沈み、体調、相性などから気持ちや士気に影響があります。会社は営利団体ですので、最終的な目標は利益を上げることです。会社組織としての大きな目標から、部署、個人へと目標を細分化し、各個人同士の関係性と大きな目標を常に意識しながら、全体がなるべくストレス無く目標を達成できると最高です。個人同士や部署間で衝突が起こった場合は、原因と大きな目標を達成するための最善策を、粛々とみんなで考えれば大抵のことは答えが一つにまとまると思います。組織全体で組織の利益を上げるのだという意識があれば、自分の仕事ではないことも時には助け合おうという気持ちを実際に持って行動することもあると思います。仕事のストレスは人間関係から来ることがとても多いですから、皆がお互いになるべくストレスを抱えないような社風を作り上げることが大切だと思います。

目次へ戻る▶▶

初心忘るべからず。原点回帰

 [代表例]

初心忘るべからず。原点回帰という事です。長く同じ営業をしていると、慣れから手を抜いたり、自分自身で限界を決めてしまう事があります。新入社員の時は、何をするにも全力で、一件でも多く実績を付けたいと必死でした。いつの間にかその気持ちが緩くなってしまっては、成長出来ないと思います。常に全力で、初心の気持ちを忘れずに仕事に取り組んでいこうと思います。

目次へ戻る▶▶

人とのコミュニケーション

 [代表例]

大切にしていることは、人とのコミュニケーションや、思いやりだと思います。会社の一員としてチームで働くことになるので、職場内でのコミュニケーションや、信頼関係が大事になってくると思います。しっかりとコミュニケーションをとり、円滑に進めていくことがチームワークも深まると感じます。お互いに思いやる行動や言動も大事だと思います。

一緒に働く同僚とのコミュニケーションです。普段から挨拶やお礼の言葉を言うようにして、仕事中も声を掛け合えるような関係になると、作業も円滑に進めることができると思います。それが上司でも部下でも同じで、報連相にもつながり、お互いが気持ちよく仕事をすることができるし、効率が良くなったり、ミスが減ると思います。気持ちの良い職場になった方が、皆のモチベーションアップにもつながるので、一緒に働く同僚とのコミュニケーションを一番大事にしています。

私が仕事をする上で1番大切にしていることは、まわりとのコミュニケーションです。それは、どんな所で働いていても感じるのですが、いくら仕事ができる人でもコミュニケーションが取れないと、その人が上になったときに仕事を教えることができないし、新しく入ってきた人が仕事ができる人で、私何でもこなせますできますと仕事をやってしまっても、上の人がコミュニケーションが取りづらく、更には自分が困った時に、できるから大丈夫ねとなってしまったりと言った状態を見た事があるからです。そうならないためにも、普段から自分の機嫌をいつも安定した良い状態にし、まわりとのコミュニケーションを朗らかに取れるよう心掛けています。

仕事を行う上で最も重要であることは、私は人間関係であると思っております。いくらその人に仕事の能力があっても、人とのコミュニケーションが出来ていなければ全く意味を成しません。会社は組織であり人ですから、人間関係を構築する能力がある人がやはり台頭してくるであろうと思っております。明るく挨拶をしたり、返事をするだけでも自分の気持ちは変わってくると思います。

人間関係を円滑にするようコミニケーションは大事に思ってきました。どんな仕事でもひとりの成果で成り立つものはなく、よりよく働くためには職場の雰囲気の良さは重要なことだと感じています。職場は、けして遊びにきているわけではないですが、一緒に働く仲間がコミニケーションを円滑にできることで意見を交換しやすく、よりよく仕事を進めることにつながると意識しています。

社内コミュニケーションです。 多くの部署があるとどうしても人間関係が希薄になってしまいがちですが、仕事をしていく中で個人完結できれば問題は無いですが、他部署や同僚の助けが必要にあるときが必ず出てくると思います。 その際にアドバイスなどをもらったり、その逆に仕事を手伝ったりと一人では出来ない仕事も増えていくために、友達作りでは無く仲間作りが重要だと思います。

人間関係です。社内、社外問わず、良好な人間関係を構築することはすべての面でプラスの作用をもたらすと考えています。「なれ合い」ではなくお互いにリスペクトの気持ちが持てる関係を築くことが理想です。そうすることで相手にも自分の意見や提案をまずは聞いていただくことにもつながると思うからです。そういった良好な関係を築くために自分の発言が相手にとって分かりやすいものになっているのか、自分のアクションに相手がどんな反応を示しているのかなど、自分ばかりが投げかけるのではなく、相手とのキャッチボールをするように心がけています。相手から戻ってきたボールをよく考えて次のボールを投げる。その繰り返しを大切に日々を積み重ねていくことが大きな成果につながると信じています。

「コミュニケーション」だと考えております。どのような仕事であっても必ず誰かとやり取りをする必要があります。相手が何を求めているかを正確にくみ取れなければ、良い仕事をすることはできません。ですので、常に笑顔でのコミュニケーションを心掛け、周りが意見を言いやすく気持ちよく働ける環境づくりすることを常に意識しております。

人間関係です。仕事以外でも、相手に対して、日々の挨拶だったり、何気ない気づかいは大切だと思います。信頼関係をまずは築いていかないと、仕事もうまく進んでいかないと思うからです。特に、チームで協力してする仕事は、周りとのコミュニケーションがとても重要になってきます。自分が忙しい時には仕事を頼んだり、相手が忙しい時は頼まれたり、相手を思いやって、互いに仕事を円滑に進めることが大事です。そうすれば仕事の雰囲気も良くなりますし、仕事もうまくまわっていくと思います。

仕事は一人でするものではなく組織、チームで行うものと思っています。そのために大切になるのがコミュニケーションだと思います。報連相(報告・連絡・相談)という言葉を聞きますが、コミュニケーションの基本だと思います。私も仕事をする上で自分の一人がってな思い込みや勝手判断をせずに上司先輩方の指導を仰ぎたいと思っています。そして一つでは多くのことが早く出来るようになりたいと思っています。

目次へ戻る▶▶

「相手を意識する」ということ

 [代表例]

「相手を意識する」ということです。同僚や上司との人間観帰依を良好にしてチームに貢献すると共に、顧客を意識して喜んでいただけるよう努力し、社会に貢献していきたいと考えています。仕事をすることを通して、周囲の人や顧客が幸せになれるように意識し、自分のできることを精一杯取り組んでいきたいと考え、行動していきたいと思います。

私が仕事をする上で大切にしていることは相手の立場で物事を決定することだと思っています。その理由として仕事は必ず1人でできず、複数人がチームで取り組むものだと考えるからです。そのため、チームのパフォーマンスを上げるためにも自分以外の他の人の気持ちに寄り添うことこそが仕事において一番大切だと私は考えています。

「常に相手のことを考えて自分の作業を行うこと」です。自分の仕事をする上で、それを確認する人、それを使って次の作業をする人がいます。自分が適当にやってしまうと、次にやる人たちが倍の時間がかかってしまうので、仕事の効率が下がってしまいます。自分の作業の段階で、完璧にやることはもちろん、相手の作業がどうしたら楽になるのか、親切なのか常に考えて仕事をすると一連の仕事がスムーズに進んでいくので大切にしています。

仕事をする上で大切にしていることは、相手がどのような事を求めているかを考えて伝えることです。何故かというと、ただ考える、伝えるだけでは一方通行の会話になり、相手にはなにも通じません。私が良く仕事をしてて後輩から言われたことは仕事への不安でした。覚えられるかなっていうのが多かったです。ただ大丈夫の一言だけ伝えるのは簡単ですが、それでは相手の不安は取れません。なので、具体的に相手の良いところを伝えて、だから大丈夫だと私は思う。またどんなことでも聞くよって伝えます。このように相手の事を考えて伝えることが仕事をする上で大切だと実感してます。

目次へ戻る▶▶

毎日一つずつできることを増やしていくこと

 [代表例]

毎日一つずつできることを増やしていこうと考えながら取り組んでおります。できるようになったことはお客様をより満足させることにつながり、それが自分自身の仕事への充実感につながると思っています。わからないことは尋ねる、取り組み方がわかっているのにできない場合はどうしてできなかったのか、どこを改善したら出来るようになるのかを考えながら行動しています。

目次へ戻る▶▶

業務の効率化

 [代表例]

業務の効率化について常に考えるように心がけています。従来のやり方に疑問を持たずにそのままなぞっていると、結果的に時間が多くかかってしまったり、作業工程が増えてしまったりすることがあります。例えば、普段使用している書類作成のフォーマットをより入力しやすくアレンジするなど、些細なアイディアでも実行することが大切だと感じています。

目次へ戻る▶▶

任せて良かったと思われるような仕事をすること

 [代表例]

「任せて良かったと思われるような仕事をすること」です。単純作業の様な仕事であれば、より作業効率の良い進め方を考え、それをマニュアルとして提案していく。また、コンペなどの創造や発想を必要とする仕事であれば、社外の勉強会に参加するなどして新しい視点を取り入れるよう努めています。ただ仕事をこなすだけであれば、会社にそれ以上の利益をもたらす事はできません。仕事に対して常に前向きに、自分のできる最大限のパフォーマンスを持って取り組むことで会社や自己の成長を目指しています。

目次へ戻る▶▶

職場の仲間との助け合い

 [代表例]

「職場の仲間との助け合い」だと思います、仕事をする上で上手くいかなかったり、気持ちが落ち込んだり、良くも悪くも様々な事が起こります。自身だけではなく相手の仲間もそうです、そんな時に力になってくれるのは家族であり職場の仲間だと思います。お互い助け合う事で様々な困難を乗り越えていけると信じています、なので常に相手を気遣い助け合う心を持つ事です。

目次へ戻る▶▶

仕事の仲間でもお客様でも同じように誠実にお付き合いすること

 [代表例]

仕事の仲間でもお客様でも同じように誠実にお付き合いしたいと思っています。例えば自分の落ち度があって相手に迷惑をかけてしまいそうな時、思っていたことがこちらで提供できなかった時、ミスしてしまった時などがあったとしても、本当のことをお伝えし謝罪をすることはとても勇気がいります。もしかしたらその時は信用も失ってしまうかもしれません。しかしその後反省をし、しっかり仕事をすることにより、長い目でみますと信用を得ていけるのではないかと思っています。正直者は馬鹿を見るという言葉があります。一瞬だけ切り取ってみればそうかもしれません。しかし長いお付き合いをするということを考えますと、正直に仕事をするということは大変有益ではないかと思います。

目次へ戻る▶▶

「自分の仕事が持つ価値」を常に意識すること

 [代表例]

「自分の仕事が持つ価値」を常に意識することです。世の中には多くの仕事が存在しますが、1つ1つの仕事に意味があり、顧客やユーザー、社内の人など必ず誰かに価値を提供しています。今自分がしている仕事が、誰にどういう価値を提供できているのか、ここを改良すればより喜んでもらえるのではないかという意識を持つことで、自分の働きがいにつながることはもちろん、製品やサービス、技術の向上といった好循環を生むと考えています

目次へ戻る▶▶

自分と異なる年代の人と積極的にコミュニケーションを取ること

 [代表例]

自分と異なる年代の人と積極的にコミュニケーションを取ることです。違う世代の人と話をする中で、自分ひとりでは思いつかなかったようなアイディアが浮かんだり、新たな知識を身に付けたりすることができます。たとえ仕事に直結しないことであっても、自分の教養を深めることができますし、仕事へのモチベーションにつながることもあります。社会に出ると様々な年代の方と交流・対話する機会があるので、一つ一つの出会いを大切にしたいと思います。

目次へ戻る▶▶

独りよがりにならないこと

 [代表例]

独りよがりにならないことです。会社で働く際、自分一人で会社を運営する事は出来ません。購買の方、生産の方、営業の方、そして、経理や人事など、様々な役割の方が、自らの業務を行う事により、会社が回っています。私の会社の一部として、自分の業務担当に責任をもって臨み、同僚の皆さんの業務が滞りなく進む様、自らの業務を進める事が大切と考えております。

目次へ戻る▶▶

与えられるものではなく、自ら探し求めていくもの

 [代表例]

「仕事というものは与えられるものではなく、自ら探し求めていくもの」と考えています。色々なアルバイトをしましたが、同僚のアルバイトの中には、仕事をしてもしなくても、時間給は変わらないのだから、できるだけサボった方が得だ、という人がいましたが、それは間違っていると思っていました。仕事は単にお金を得るための手段だけではありません。仕事を通して得た経験は、必ず自分の成長の糧になるはずです。お金を貰って貴重な経験をさせて貰えるなら、ただ指示されるのを待っているだけなのは、とても勿体ないことだと思います。

目次へ戻る▶▶

責任感を持つということ

 [代表例]

責任感を持つということを意識してます。それと、自分が出来ることは何かというのを探します。いま、ここで足りてないのは何か、そこで自分は何が出来るのか。それを考えています。痒いところに手が届く存在でありたいと思っています。信頼を裏切らず、初心を忘れないように小さい事でも手を抜かず、人の役に立ちたいと考えてます。

目次へ戻る▶▶

気遣い

 [代表例]

私が仕事をする上で大切にしていることは気遣いです。単純に業務をこなすのではなく常にクライアントに気を遣います。相手が求めている事を理解するために要望をリスニングして自分だからこそ思いつく提案をしてあげる事で良いものが出来上がり良い仕事に繋がると私は信じています。気持ちを持って仕事する事が大切なのだと思います。

目次へ戻る▶▶

連絡が早いこと

 [代表例]

「連絡が早いこと」が大切だと思います。どんな仕事であれ、人とかかわり合いながら業務を行っていくので、素早い連絡は必須条件だと感じます。例えば、何かミスをおかしてしまった時、連絡が遅いせいで重大なトラブルになってしまう事も考えられます。仕事をしていく上で、どんな人でも間違いはしてしまうもの。その間違いを素早く連絡することが、トラブルを防ぐ事に繋がり結果として、質の良い仕事に繋がると考えます。

目次へ戻る▶▶

目的を明確に持つこと

 [代表例]

『目的』を明確に持つことです。仕事をするという背景には必ず目的があります。例えば、営業職で既存の取引先にあいさつ回りをするとします。その背景には、客離れをさせないために継続的に関係性を築くなど必ず目的が存在します。しかし、マニュアル・ノウハウ(どのようにやるのか)など手順を重視する現代では、やり方ばかりが重要視され、その目的、ノウホワイ(なぜやるのか)が伝わらないまま仕事をする人が多いです。目的が明確であれば、達成するために手順を効率よくするなど応用もすることができます。このようなことから仕事をする上で目的を重視しています。

目次へ戻る▶▶

一緒に働く人達の良い点を見ること

 [代表例]

「一緒に働く人達の良い点を見ること」を大切にしています。働く上で全てを一人で完璧にできることはありません。先輩後輩、年齢などにかかわらず必ず自分とは違う視点を持っており、その良いところを見ようとしていると自分にとってもプラスになるような新しいやり方や仕事への姿勢を発見することができます。それを真似してみたり取り入れたりすることで仕事の効率が上がったり、お客様に喜んでもらえるようになります。また、そのように良いところを認め仲間を好意的に尊重することで職場全体の雰囲気がよくなり士気も上がるという好循環になると考えているからです。

目次へ戻る▶▶

振り返ること

 [代表例]

仕事をしていく上で大切なことに仕事の出来栄え評価の後の「振り返り」があると思います。上司から「良く出来ている。」、「不十分だ。」、「もっとこうしたらもっと良くなる。」などいろいろのコメントをもらうと思います。その評価と自分の考えのする合わせを行う「振り返り」です。よく出来た場合でも安心せずに「なぜ上手くいったのだろう」、「どうすればもっと良く出来たのか」、失敗した場合は「何が悪かったのだろう」、「どうすれば良かったのだろう」など自分でしっかりと振り返ることで次の仕事に活かせると思います。

目次へ戻る▶▶

確認すること

 [代表例]

仕事をする上で大切なことの一つに仕事をした後の「確認」があると思います。本当に指示を受けた通りの仕事が出来ているのか、本当にこのまま提出してよいのか、仕事にモレはないか、自分の全力を出し切ったかなどといった提出前の自己最終チェックが大切だと思っています。一つ一つの仕事を品質よく確実に仕上げていくことが社会人になった仕事のやり方の最初の一歩だと思っています。

目次へ戻る▶▶

笑顔で上を向いていようとする心持ち

 [代表例]

笑顔で上を向いていようとする心持ちだと思います。働いてお給料を頂くと言うことは責任がつきまとうと考えます。それは楽しいことも、辛いこともあることを理解しているつもりです。辛いことがあった時にこそ、下を向かずに上を向き無理しても笑顔を作ろうと思います。作り笑顔でも慣れてくれば真の笑顔になると思い、この考えは大切にしていくつもりです。

目次へ戻る▶▶

働けることへの感謝

 [代表例]

働けることへの感謝です。体や精神が不自由だと日常生活もままなりません。自分で働いて給料を得るのは決して当たり前ではないと思います。近年は引きこもりなどが増えていてそんな中社員たちと協力してコミュニケーションを取ったり生活できることのありがたさを感じます。周りの助けてくれる人たちに報いる仕事をしたいです。

目次へ戻る▶▶

学ぶ気持ちを忘れないこと

 [代表例]

常に学ぶ気持ちを忘れないことです。私はアパレルの仕事をしてきましたが、流行は常に変わり、お客様のニーズに答え続けなければなりません。他のブランド店に出向き、客として接客の仕方を学んだり、広い世代のファッションの変化に触れるよう雑誌やファッションサイト、SNSをこまめにチェックしたりとお客様に寄り添える店づくり、接客ができるよう常日頃から学ぶ気持ちを忘れないようにしてきました。それはアパレルに固執したことではなく、どんな業種でも大切なことなんではないかなと感じています。

私は「常にベストを尽くすこと、その為に勉強し続ける事」が大切だと考えています。お客様や共に働く仲間には常に信頼してもらいたいですし、社会人としてその信頼は決して裏切ってはいけません。人と信頼関係を築く事は容易いことではありませんが、社会人としての言葉遣いや立ち振る舞いなど小さなことでも追求していけば少しずつ周りの方達と信頼関係を築いていけると考えています。

目次へ戻る▶▶

常に先を見据えること

 [代表例]

常に先を見据えることだと思います。私は現在飲食店でアルバイトをしており、そのお店では提供スピードが重視されています。提供スピードを速くするためには、ただ速く商品を作るだけでなく常に並んでいる次のお客様のオーダーにも耳をそばだて、効率の良い動きをしなければ達成できません。また、食材の仕込みが間に合っていなければその分提供スピードも落ちてしまうので、仕込みの量も常に把握し、その日の商品の出具合で何を仕込むべきかを考えなければなりません。その全てを同時にこなすためには、常に先々のことを考えて行動することが必要だと思い、実際そのように行動するようにしています。

目次へ戻る▶▶

いつも「誠実」であること

 [代表例]

私が仕事をするうえで大切にしていることは、いつでも「誠実」であることです。どのような業務においても、自分だけで解決できないことや分からないことなど、特に最初のうちは多くあると思います。その時に分からないことを分からないままにするのではなく、「分からない」と素直に伝えられることが大切だと思っております。また他者から何かを聞かれた際にも、曖昧な回答をするのではなく「分からないので調べてからお伝えします」と誠実に対応することを心掛けております。

どんなに小さな仕事でも誠意を持って行うことです。誰かがやり残したような業務でも率先して行い、自分の利益になることではなくても会社や同僚のために役立つことなら手間や時間を惜しまずに行います。どんなに小さなことでも自分のスキルになり、人間関係や職場環境の改善に役立つかもしれないからです。人の嫌がる仕事を行うことが仕事だと思っています。

目次へ戻る▶▶

時間を守って仕事をすること

 [代表例]

「時間を守って仕事をすること」だと思います。一社会人として遅刻をしない。待ち合わせに遅れないこれは人として当然のルールだと思っています。例えば会議や営業に一人遅刻したりすれば当然損益を起こすことになりかねませんし。他の人たちにも迷惑をかけてしまうからです。この当たり前のようなことを一つ一つ守るそれが仕事をしていく上で自分が大切にしていることです。

目次へ戻る▶▶

何事も楽しんで取り組むこと

 [代表例]

「何事も楽しんで取り組む」姿勢です。働くと、楽しいことばかりではなく苦手なことや、わからないことも学び続けないといけない場面が出てくると思います。そんな時こそ、自分から仕事を楽しむ姿勢をもつことで、自発的に多くの学びを吸収できたり、色んなことに怖気付かずに挑戦できると思っています。楽しむことで継続して物事も続けられ、自分自身だけでなく、周りのモチベーションも上げていくことができると思うので、この気持ちを大切に、自分も周りもプラスの気持ちに巻き込みながら仕事に取り組もうと思います。

私が仕事をする上で大切にしていることは、「全力で仕事を楽しむ!」という気持ちです。勿論仕事なので得意で楽しい事もあれば逆に、好きではない業務も沢山や社内外には苦手な人とコミュニケーションを取る必要があったりと、自分が志望し選択した仕事であったとしても悩みを抱える事は多々有ると思います。しかし、そこでずっと悲観的な思考でいると自身は勿論、周りの方や業務にも様々な支障や影響が出てしまいます。なので、私は「笑う門には福来たる」と言いますか、自身の頑張りすぎず肩肘張りすぎない範囲で、でも仕事には全力で楽しみながら向き合うことを大切にしています。

目次へ戻る▶▶

同じ質問を2回以上しない・正しく理解すること

 [代表例]

同じ質問を2回以上しないという心構えです。わからないことは、1回の質問で完全に理解し、対処のしかたを覚えられるのが理想ですが、必ずしも完璧に覚えられることばかりではないので、必ずメモを取ります。単純なことのようですが、新人として、仕事を教えていただく立場としては、非常に重要なことではないかと思います。

担当する仕事の内容と目的を正しく理解することです。 自分の思い込みで仕事を行うと、本来求められている結果を出すことができません。 また、間違った結果を修正する時間や余計な手間をかけることにもなり、大変非効率です。 このため、仕事を始める段階で内容と目的をしっかりと確認し、疑問点や曖昧な点は作業の早い段階で明確にすることが大切だと思います。

仕事をする時にはまず上司の方から仕事の指示を受けると思います。その指示をしっかり理解し忘れないためにメモの活用をしたいと思います。その場でしっかりとメモを取り疑問な点や分からないことなどはその場で確認したいと思っています。指示をただ耳で聞くだけで出来る仕事もあると思いますが、まずは正確で確実な仕事をすることだと考えます。文字にすることで忘れてしまうこともなくなりますし、振り返りをすることもできます。

目次へ戻る▶▶

自分の仕事に誇りを持つこと

 [代表例]

自分の仕事に誇りを持つことです。仕事とは日々同じような業務を繰り返すことだと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その業務を日々積み重ねていくことによって、その先では誰かの笑顔につながっていると感じるからです。ただ目の前の業務だけを見るのではなく、その先の誰かを想像することで見える世界が変わるのではないかなと思います。

目次へ戻る▶▶

精神的なゆとりを常に持っておくこと

 [代表例]

精神的なゆとりを常に持っておくことです。仕事をしていると、顧客からのクレームやトラブル対応など、突発的に対処しなければならない場面が少なからず生じることがあります。そんな時に精神的に追い詰められた状態だと冷静な判断ができなかったり、問題に対処できなかったりすることになりかねません。そのためにも、〆切のある仕事は早めに終わらせたり、先の予定を見通して仕事を進めるなどして、精神的にゆとりを持って仕事に臨むようにしたいと思っています。

目次へ戻る▶▶

他の人を楽にさせるということ

 [代表例]

私が大切にしていることは他の人を楽にさせるということです。働くとは傍らの人を楽にさせると言う意味があるので、今の仕事はどうやったら回りの人が楽になるかということを念頭に置いて作業しています。自分がどうかと言う視点より相手がどう思うかに重みを置いています。自分の仕事を改善する場合、その仕事を他人に押し付けるではなくその仕事に意味があるか、無ければ止める方向で改善し、やる必要があれば誰でも簡単にすることで作業しています。

目次へ戻る▶▶

結果を残すこと・成果を上げること

 [代表例]

必ず結果を残すことです。もちろん失敗も人間ですからしてしまうかもしれません。ですが、そこまで進む過程を大切にし、また皆で共有して行きたいと考えています。一人では結果が残せないものも、皆がクルーとなって取り組めば必ず結果は残せると考えました。但し、皆に甘えるのではなく、自分自身が船頭になって行けるような人間になりたいです。

目次へ戻る▶▶

何を求めているのかを考えながら仕事する

私に仕事をふってくれた人が何を求めているのかを考えながら仕事するということです。求められたことをしっかりと捉えることで、求められたことプラスアルファの仕事をしようとした時に、プラスアルファの部分でも需要を捉えた良い仕事ができるようになるのではないかと考えています。求められたことを捉えることで余計なことに時間を割くということも減るのではないかと思います。

私が仕事をする上で大切にしている所は、誰のために、何のために。という所です。まずは顧客が何を要求しているかを察知し、顧客のために、または社内で求められている時にはその人達のために、またこの仕事を通して対価を得て家族のために、そして仕事を通して成長していって自分自身の人間形成のために。という形で何のために、だれのためにを一番大切にしています。

目次へ戻る▶▶

考えて行動をする

常に「考えて行動をする」という事です。与えられた仕事をこなすだけになりがちなところを、考えて行動をすることで疑問であったり、もっとこうすれば良いのに、と思う事が新しい発見であったり改善案だったりを生み出します。例え単純作業であったとしても考える事をしなくなると成長が見られなくなりその先はありません。常に物事を多方面から考える事が大切だと思います。

目次へ戻る▶▶

思い込みで仕事をしない

思い込みで仕事をしないように気を付けています。「なになにだろう」ではなく、「なにないかもしれない」と常に考えて仕事をするように心がけています。仕事を依頼されたときには、依頼した人の意図や期待される成果について、しっかりと確認したうえで仕事を進めるようにしています。また、過去の経験から大丈夫だろうと考えず、今回はミスが起こるかもしれない、こういうリスクがあるかもしれないと考え仕事するようにしミスや事故が起こらないよう心掛けています。

目次へ戻る▶▶

まとめ

まとめ

「仕事をする上で大切にしている事はなんですか?」という質問は転職の面接で必須の質問になりつつあります。

それはこの質問一つでこれまでの仕事への姿勢や適性を推し量れるからです。

事前に考えておくことで本番でハッキリと話すことができて他の人よりも内定に一歩近づきます。

また、転職活動は自分一人で行わないこと。

無料のエージェント担当をつけて一緒に進めていく方が内定率も高まりますし、精神的にも非常に楽です。

特に転職活動を在職中に行っている方は必ず登録をお勧めします。
まずは次の大手2つを登録しておきたいです。

スポンサーリンク

-面接応答