スポンサーリンク

【例文30個あり】「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」はこの記事で全て解決!就活でアピールできるコツ大公開!【面接対策】

面接官
面接官

仕事をする上で大切にしていることはありますか?

ダメな就活生
ダメな就活生

えー。それは…えっと…

就活アドバイザー
就活アドバイザー

「 仕事をする上で大切にしていることはありますか?」という質問は

転職活動での面接の際によく聞かれる質問です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます
それではまず「 仕事をする上で大切にしていることはありますか 」はなぜ聞かれるのか?質問の意図から解説していきましょう。

「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」はなぜ聞かれるのか?3つの質問意図がある

質問の意図①: これまでしてきた仕事に対する姿勢

転職活動で必ず聞かれるのがこれまでの会社の経歴です。その会社でどのような仕事をしてきて何を大切にしてきたのか。このことから仕事に対する姿勢を見ています。

そして次に意識するのが、その姿勢が志望している会社と一致するかです。

質問の意図③: 会社の経営理念と合致するか

最後にこの質問で採用担当者が考えるのが「この人がうちの会社に合っているのか」です。『利益』よりも『お客様第一』を経営理念に掲げている会社に「自分はこれだけの利益を出してきた。売上最優先で頑張ります」といってももちろん響きません。「この人を採用してうちの会社でしっかり活躍してくれるのか」「当社の経営理念と合致する人材なのか」をこの質問の応答から読み取っています。

ポイント

これまでしてきた仕事に対する姿勢

会社の経営理念と合致するか

「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」 の応答のポイント

応答ポイント:企業研究をしっかり行い、経営理念と合致するように心がける

ここでのポイントはたった一つだけです。

その会社が欲している人材、経営理念に合致するような言葉を選びましょう。

そのために必ず行うべきことは企業研究です。
会社のHPや事業内容、実際にお客さんとして足を運ぶなど、多くの情報を取り入れるべきです。
そこで働いている人がどんな思いで働いているのか、現場はどんな人を求めているのか、自分なりに想像してみましょう。

ポイント

企業研究をしっかり行い、経営理念と合致するように心がける

内定者の例文を全て大公開!30個掲載 「仕事をする上で大切にしていることはありますか?」の例文

面接アドバイザー
面接アドバイザー

それでは実際に「 仕事をする上で大切にしていることはありますか? 」という質問に対する回答例を30個紹介します。

「人のために仕事をする」という気持ち

「人のために仕事をする」という気持ちだと思います。

仕事は一人ではできません。需要と供給が発生するときに仕事が生まれ、相手方がいないと私たちは生活もできません。

それは社内にも言えることで営業は事務がいないと処理が追い付かず、事務は営業がいないと仕事も生まれません。

どの部署も持ちつ持たれつの関係でそれを理解した上で「人のために何ができるか」と行動することが大切だと思います。

感謝の気持ちを忘れない

ありがとうという感謝の気持ちを忘れないようにするということです。仕事内容を教えてもらう、仕事を与えてもらう、また接客業になればお客様が来て当たり前ではない、わざわざお店を選んできていただいている、もしもクレームなどがあったとしてもそれは会社のことが好きだから労力を使って言ってきてくださっている。というようなどんなことに対してもありがたいという感謝の気持ちを忘れないようにと思っています。

「誠心誠意」で努めること

「誠心誠意」で努めることです。仕事仲間やクライアントなど、相手が今何を考えていて、私に何を期待しているのかを常に考えながら振る舞うようにしています。それを続ける事で、相手からの信頼を得られるだけでなく、自分自身の想像力や人間力が磨かれ、自己実現にもつながると考えております。御社においても、仕事相手を第一に慮ることを信条として大切にしつつ、御社の事業に貢献したいと考えております。

思いやりを持って仕事に取り組むこと

「思いやりを持って仕事に取り組む」ことを心掛けています。単に対人関係面で気を使うだけでなく、書類の字を丁寧に描く、誰が読んでも分かるように引継ぎを残すなど、他の人が仕事をしやすいようにすることも「思いやり」だと考えています。経験上、そうすることで「この人とは仕事がしやすい」と周囲の人に思っていただくことができ、結果として対人関係もスムーズになっています。

やってみるという気持ちをもつこと

まずはやってみるという事です。自分に仕事をお願いしてくる方のほとんどは自分よりも人生経験豊富な先輩方です。その方がお前ならできると思って依頼してきた仕事は、なんで自分なの?何のためにやるの?と思わずまずは取り掛かる事です。もちろん仕事の工程で分からないことは聞かなければいけませんが、自分のベストを尽くして仕事を行う事が自分の為になり、会社や社会の為になって行くと信じて仕事をしています。

謙虚な気持ちを持つこと

謙虚な気持ちを持つことです。一人でする“作業”はあっても、一人だけで完結する仕事はほとんどありません。この作業の先には、それをチェックする人、作業を取りまとめる人、取りまとめたものを次の仕事につなげる人がいます。その人たちがいてくれるからこそ、自分の仕事が価値のあるものになるのだと思います。ですから、その人たちへの感謝を忘れずに、謙虚な気持ちで仕事をすることを私は大切にしています。

成果をしっかりと挙げるということ

「成果をしっかりと挙げる」ということです。仕事は利益のためだけのものとは言いませんが、先立つものが無ければあらゆる方面に迷惑をかけてしまいます。ですから、もちろん仕事中の心構えや仕事への姿勢、コミュニケーションなども大事にしますが、「それで望む成果が挙がったのか」ということにもいつも気を配るようにしています。また、そこから逆算して「成果を挙げるために自分に何ができるか」ということも常に考えるようにしています。それが結果的に「チームのために、会社のために動く」ということにもなります。成果は一人だけで挙げるものではありませんので。

「ありがとう」と言ってもらえるように努力すること

お客様に「ありがとう」と言ってもらえるように努力することです。ただ、自分を犠牲にしすぎてしまうと、会社側の不利になったり体調を崩したりしかねないので、こちらも人間であるということを上手く理解していただけるよう、仕事仲間や上司に相談しながら、お客様とのつながりを大切にしていきたいと考えております。会社もお客様も、お互いに気持ちよくいられることが、私の仕事の理想です。

「約束を守る」という気持ち

「約束を守る」という気持ちだと思います。これは、お客様に対する納期はもちろんのこと、他の社員の皆さんとの約束も含みます。できない約束をしてしまうと、仕事のスケジュールに影響してしまいますし、自分への信頼も無くしてしまいかねません。そう意識することで、日々の業務への向かい方や体調管理などがきちんと行えるようになり、良い仕事ができるのではないかと思います。

同じ業務でも必ず普段と違った見方で捉えること

同じ業務でも必ず普段と違った見方で捉えることです。ルーティーン化しそうな業務ほど何も考えずにこなしてしまうがちですが、新たな目線で捉えることで新しい発見をみいだすことができるからです。新しい発見をすることで次の業務のアイデアや企画が生み出され、自分だけでなく会社のステップアップにも繋がります

「この仕事は何の目的で行うのか」ということ

「この仕事は何の目的で行うのか」ということを大切にしています。ただ何も考えずにやみくもに仕事をすると、目的と外れてしまうような結果になったり、段取りを無視して他の社員の方に迷惑をかけたりする結果になってしまい、何も得られなくなってしまう可能性があるからです。目的をはっきりさせることにより、仕事の方法・段取り・得られた結果の捉え方・結果からの反省への対策が的確に行えると思います。

一つずつ片付けていくこと

「一つずつ片付けていくこと」を大事に考えています。すぐにステップアップして大きな仕事へ……なんて憧れはあるのですが、自分がまだ未熟なことはわかっていますから、なんとか皆様を支えられるような小さな、目の前の仕事をコツコツと積み上げていくことが今は大事だと思っています。その積み上がった経験が、私を成長させてくれると考えています。

一緒に働く人々との信頼関係

一緒に働く人々との信頼関係を大切にしています。日頃から良好な関係性を保っていれば、忙しい時やイレギュラーな案件が生じた時にも連携し合って仕事をこなすことができるからです。そのためにも、あいさつや連絡といった基本のマナーをしっかり行うこと、および、業務内外問わず積極的に声を掛け合うことを大切にしています。

人と人との和を大事にすること

人と人との和を大事にすることです。和気あいあいとした職場で働きたいからです。ミーティングを大事にして、スムーズに、仕事ができる環境づくりを目指したいと思います。自分一人ではできないことも協力して、できればと思います。会社の行事も積極的に参加して、仲間づくりの輪に入りたいと思います。初心を忘れずに頑張っていくつもりです。

一つ一つの仕事を丁寧にすること

一つ一つの仕事を丁寧にすることです。仕事をしている中で不明な点があれば、できるだけすぐに確認を取るようにしています。また、仕事を提出して終わりではなく、フィードバックに応じて必要なところをすぐに修正・改善できるよう注意しています。このように、それぞれの仕事に誠実に向き合い、求められたレベルのものを提出するよう心がけています。

「一緒に働いている人を大切にする」ということ

「一緒に働いている人を大切にする」ということです。仕事は一人ではできません。皆と力を出し合って成り立っていると考えています。経験を積むと自分に自信がついて、時には自分を過信して周りが見えなくなることもがあります。そのような状態では、気づかぬうちに誰かを傷つけ、職場の雰囲気を悪くすることに繋がりかねません。自信を持っているからこそ落ち着いて、一緒に働いている人の声にも耳を傾けながら仕事をすることが大切だと考えています

周りの人との関係性

「周りの人との関係性」です。どんな仕事でも、「1人で進めていく」ことは大変であり、効率が悪いと思います。仕事に関わる人と「一緒に」進めていくので、どうしてもそこでの人間関係というものが発生します。この人間関係がうまくいかないと、仕事が円滑にまわらないと考えるので、仕事をする上では「一緒に」仕事をする人との「人間関係」を大切にすることを意識しています。

初心忘るべからず。原点回帰

初心忘るべからず。原点回帰という事です。長く同じ営業をしていると、慣れから手を抜いたり、自分自身で限界を決めてしまう事があります。新入社員の時は、何をするにも全力で、一件でも多く実績を付けたいと必死でした。いつの間にかその気持ちが緩くなってしまっては、成長出来ないと思います。常に全力で、初心の気持ちを忘れずに仕事に取り組んでいこうと思います。

人とのコミュニケーション

大切にしていることは、人とのコミュニケーションや、思いやりだと思います。会社の一員としてチームで働くことになるので、職場内でのコミュニケーションや、信頼関係が大事になってくると思います。しっかりとコミュニケーションをとり、円滑に進めていくことがチームワークも深まると感じます。お互いに思いやる行動や言動も大事だと思います。

「相手を意識する」ということ

「相手を意識する」ということです。同僚や上司との人間観帰依を良好にしてチームに貢献すると共に、顧客を意識して喜んでいただけるよう努力し、社会に貢献していきたいと考えています。仕事をすることを通して、周囲の人や顧客が幸せになれるように意識し、自分のできることを精一杯取り組んでいきたいと考え、行動していきたいと思います。

毎日一つずつできることを増やしていくこと

毎日一つずつできることを増やしていこうと考えながら取り組んでおります。できるようになったことはお客様をより満足させることにつながり、それが自分自身の仕事への充実感につながると思っています。わからないことは尋ねる、取り組み方がわかっているのにできない場合はどうしてできなかったのか、どこを改善したら出来るようになるのかを考えながら行動しています。

業務の効率化について常に考えること

業務の効率化について常に考えるように心がけています。従来のやり方に疑問を持たずにそのままなぞっていると、結果的に時間が多くかかってしまったり、作業工程が増えてしまったりすることがあります。例えば、普段使用している書類作成のフォーマットをより入力しやすくアレンジするなど、些細なアイディアでも実行することが大切だと感じています。

任せて良かったと思われるような仕事をすること

「任せて良かったと思われるような仕事をすること」です。単純作業の様な仕事であれば、より作業効率の良い進め方を考え、それをマニュアルとして提案していく。また、コンペなどの創造や発想を必要とする仕事であれば、社外の勉強会に参加するなどして新しい視点を取り入れるよう努めています。ただ仕事をこなすだけであれば、会社にそれ以上の利益をもたらす事はできません。仕事に対して常に前向きに、自分のできる最大限のパフォーマンスを持って取り組むことで会社や自己の成長を目指しています。

職場の仲間との助け合い

「職場の仲間との助け合い」だと思います、仕事をする上で上手くいかなかったり、気持ちが落ち込んだり、良くも悪くも様々な事が起こります。自身だけではなく相手の仲間もそうです、そんな時に力になってくれるのは家族であり職場の仲間だと思います。お互い助け合う事で様々な困難を乗り越えていけると信じています、なので常に相手を気遣い助け合う心を持つ事です。

仕事の仲間でもお客様でも同じように誠実にお付き合いすること

仕事の仲間でもお客様でも同じように誠実にお付き合いしたいと思っています。例えば自分の落ち度があって相手に迷惑をかけてしまいそうな時、思っていたことがこちらで提供できなかった時、ミスしてしまった時などがあったとしても、本当のことをお伝えし謝罪をすることはとても勇気がいります。もしかしたらその時は信用も失ってしまうかもしれません。しかしその後反省をし、しっかり仕事をすることにより、長い目でみますと信用を得ていけるのではないかと思っています。正直者は馬鹿を見るという言葉があります。一瞬だけ切り取ってみればそうかもしれません。しかし長いお付き合いをするということを考えますと、正直に仕事をするということは大変有益ではないかと思います。

「自分の仕事が持つ価値」を常に意識すること

「自分の仕事が持つ価値」を常に意識することです。世の中には多くの仕事が存在しますが、1つ1つの仕事に意味があり、顧客やユーザー、社内の人など必ず誰かに価値を提供しています。今自分がしている仕事が、誰にどういう価値を提供できているのか、ここを改良すればより喜んでもらえるのではないかという意識を持つことで、自分の働きがいにつながることはもちろん、製品やサービス、技術の向上といった好循環を生むと考えています

自分と異なる年代の人と積極的にコミュニケーションを取ること

自分と異なる年代の人と積極的にコミュニケーションを取ることです。違う世代の人と話をする中で、自分ひとりでは思いつかなかったようなアイディアが浮かんだり、新たな知識を身に付けたりすることができます。たとえ仕事に直結しないことであっても、自分の教養を深めることができますし、仕事へのモチベーションにつながることもあります。社会に出ると様々な年代の方と交流・対話する機会があるので、一つ一つの出会いを大切にしたいと思います。

独りよがりにならないこと

独りよがりにならないことです。会社で働く際、自分一人で会社を運営する事は出来ません。購買の方、生産の方、営業の方、そして、経理や人事など、様々な役割の方が、自らの業務を行う事により、会社が回っています。私の会社の一部として、自分の業務担当に責任をもって臨み、同僚の皆さんの業務が滞りなく進む様、自らの業務を進める事が大切と考えております。

与えられるものではなく、自ら探し求めていくもの

「仕事というものは与えられるものではなく、自ら探し求めていくもの」と考えています。色々なアルバイトをしましたが、同僚のアルバイトの中には、仕事をしてもしなくても、時間給は変わらないのだから、できるだけサボった方が得だ、という人がいましたが、それは間違っていると思っていました。仕事は単にお金を得るための手段だけではありません。仕事を通して得た経験は、必ず自分の成長の糧になるはずです。お金を貰って貴重な経験をさせて貰えるなら、ただ指示されるのを待っているだけなのは、とても勿体ないことだと思います。

責任感を持つということ

責任感を持つということを意識してます。それと、自分が出来ることは何かというのを探します。いま、ここで足りてないのは何か、そこで自分は何が出来るのか。それを考えています。痒いところに手が届く存在でありたいと思っています。信頼を裏切らず、初心を忘れないように小さい事でも手を抜かず、人の役に立ちたいと考えてます。

私は子供の頃から、責任という言葉を父から言われてきました。例えば我が家では、おやつの時間というもはありませんでした。常に戸棚にお菓子があり、私はいつでも好きな時にそれを食べることができました。そのかわり、それがためにお腹が減っていないからと、食事を残すことは絶対許されませんでした。何度か泣きながら食事を無理やり完食した覚えがあります。子供にとって食事は絶対全うすべきもので、それがお前の責任だというのです。一事が万事、父流のこの教育で、私は責任の何たるかを叩きこまれました。仕事上で大切な事、それが責任だと私は考えています。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました