スポンサーリンク

学校生活で学んだことは「コミュニケーション力」の例文集【履歴書・面接対策】

コミュニケーション力
就活アドバイザー
就活アドバイザー

「学校生活で学んだことは何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは「コミュニケーション力」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

学校生活で学んだことは「コミュニケーション力」の例文一覧

楽しく同僚と話す会社員のイラスト

話すときのコツ

私が学校生活で学んだことは、コミュニケーションです。友達と特になにも気にせず話をしていると、時々沈黙したり、どう答えていいかわからないことなどがあり、ただ聞くことが多かったです。ですが、コミュニケーションに関する本を読み、聞く時に質問することや、相づちを打つこと、その中で自分の意見を伝えることなど、話しているときのコツを知りました。そうしたことを意識したことで、友達から相談され、信頼されるようになっていきました。

個々の性格や考え方を尊重

私が学生生活で学び得たことは責任感とコミュニケーション能力です。私は学校生活での3年間程、コンビニエンスストアでアルバイトを行っており、途中から私が働く時間帯でのアルバイトリーダーの役割を与えられました。最初はリーダーという責任感から周りとのコミュニケーションが上手くいかず、私がこうしてほしい・こうなってほしいという事が伝えられず、一人でやきもきしていました。しかし時間をかけて個々の性格や考え方を尊重しながらコミュニケーションを図り、徐々に私の意図することが伝わっていき、店舗の業務は円滑に進めていくことができるようになりました。その事柄から、責任感とコミュニケーション能力について学び得れたと感じています。

自分の考えを相手に伝えることの重要性

学校生活を通して、自分の考えを相手に伝えることの重要性を学びました。友人とともに過ごしている中で、自分の意見や感情をうまく伝えることができず、周りの意見に流されて悩むことがありました。いろんな考えや個性を持った人たちがいる中で、相手を尊重しつつ自分の意見を発信していくことが、自分自身の成長とより良い人間関係につながることを学びました。積極的にコミュニケーションをとることで、自身の職務を全うできるよう取り組んでいきたいと考えています。

自分の意見を見いだす力

学校では仲間とのコミュニケーションや男女関係なく接したことにより、人それぞれの考えを取り入れ、そこから自分の意見を見いだす力を得ました。人により同じような意見や反対の意見など様々な答えが出ると思います。私はリーダー役を務めることが多かったため人前に出て意見を聞く事が多数ありました。だからこそ、様々な意見がある中でひとつのものを決めるのはとても大変でした。しかし、一人一人の意見の理由や具体的な根拠などに、耳を傾けることによりその力を得ました。この力を御社では仕事をする上での人とのコミュニケーションや、他者にプレゼンなどをする時など人の意見や文章をまとめる力として使っていきたいと思います。

他者に共感する力

学校では専攻していた〇〇の他、ゼミへの所属や課外活動に励んでまいりました。その中で、最も重要と感じたのが他者に共感する力です。相手が何を欲していて、どのようにすれば喜ぶのかを考えて動くことで円滑なコミュニケーションに繋がると学びました。社会人として働くにあたり、社内外問わず様々な方と接するにあたり、共感する力は引き続き意識していきたいと思います。

意見の言いやすい環境作り

学校生活で学んだことは、一言でいうと「コミュニケーション力」です。私はゼミ活動で、5人の仲間とプレゼンテーション大会に参加しました。資料作りで議論を重ねると意見がぶつかり合ったり、逆に意見が出てこなく黙り込んでしまう時がありました。そのような時は、私は率先して意見を述べたり、たまに冗談を言うなど、意見の言いやすい環境作りに励みました。社会に出ても、人と人との潤滑油として活躍できるよう、培ったコミュニケーション力を活かしたいと思います。

どのように人と接し、いかに自分を生かしていくか

多種多様な人間が集まる集団の中で、どのように人と接し、いかに自分を生かしていくかです。単に学問を学ぶのであれば自習でも十分ですが、社会での生き方は学校などの集団に属さなければ学べません。人間は社会的存在であるので、学校生活での経験を土台にして、社会人となってからは、より幅広くより深くコミュニケーション能力を高めるとともに、自己研鑽も怠らないようにしたいと考えます。

社会に出た時にどのように人と関わっていくのか

学校生活では社会生活を送る重要な事を学びました。学問は当然の事ですが、教師や先輩との関わり方、同級生とコミュニケーションを取る必要性。そこから、社会に出た時にどのように人と関わっていくのか、その中で大切な事は何かを学ぶ事ができました。それは仕事をする上でも活かせる事です。

相手にどう伝えれば心に落とし込むことができるのか

学校生活で1番学んだことは、コミュニケーション力です。私は、学校生活で部活動に励んできました。部活動では、先生、先輩、同期、後輩と様々な種類の人たちと関わってきました。その中で、相手にどう伝えれば心に落とし込むことができるのか、どう伝えればわかってもらえるかの試行錯誤を繰り返してきました。社会に出たら、より様々な人間関係を構築する必要があるのでよりコミュニケーションを大切にして仕事に励んでいきたいと思います。

将来に向けての自分をしっかり作る

学校では将来に向けての自分をしっかり作ると言うことを学んできました。資格取得や周りの先輩達とのコミニケーションのとり方などをしっかり身につけて大人になる為の礼儀作法を学びました。集団生活をする上でどの様なことを考え行動しなければいけないという事をしっかり学んで来ました。

相手をいかに尊重しながらも自分らしく居られるか

学校生活で勉強はもちろんですが、人とのかかわり方や距離感など、相手をいかに尊重しながらも自分らしく居られるか、自分の思いを伝える事が出来るのかなどコミュニケーションの取り方も様々な人とかかわることによって学べたと思います。社会人となったら仕事をするうえでも大切な要素だと思いますので今後も日々学び成長していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました