スポンサーリンク

学校生活で学んだことは「継続することの大切さ」の例文集【履歴書・面接対策】

継続することの大切さ
就活アドバイザー
就活アドバイザー

「学校生活で学んだことは何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは「継続することの大切さ」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

学校生活で学んだことは「継続することの大切さ」の例文一覧

勉強のイラスト「テスト勉強・男の子」

コツコツと練習に励んだ成果

私が学生生活で学んだことは、継続することの大切さです。中学のときも、高校のときも、部活動に入部するも1年足らずで辞めてしまいました。大学では、何か自分が熱中できそうなサークルに入って4年間やり遂げようと決めていました。そこで選んだサークルは、よさこいサークルです。仲間とともに踊ることが楽しかったから続けられたというのももちろんですが、それ以上に毎日練習することで少しづつ上達することがとても嬉しかったのです。毎日の変化は他の人にはわからないような小さな変化でしたが、今では初心者のわたしが100人ほどがステージに立つ大舞台でセンターをまさかれる事になりました。踊りは初心者でしたが、毎日こつこつと練習に励んだ成果だと考えています。

結果を残すことができた時の達成感

私が学生生活において学んだことは、一つのことを長い期間継続して学び続けることの重要性です。大学では専門的な学習を毎日やり続けていました。しかし一つのことを突き詰めて学習継続し続けることはかなり大変で、一時的に途中で投げ出してしまう事も多くありました。しかしそうした専門的な学習をしてのみ得られる結果を残すことができた時すごく達成感を感じました。社会に出ても一つのことを極め続けることは非常に有意義であり、仕事においても結果に繋がるのではないかと思います。

毎日やらなければならないことをやる

勉強にしても体育にしても部活動にしても、継続して何年もやり続けるということです。人はどうしても時には気分が乗らない、調子が悪いという日もあります。そういう時でも毎日やらなければならないことをやる、それこそが自身の能力を高めるとともに、人間として成長していくことになるのだと思います。社会人になってからの仕事に関しても同様だと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました