学校生活で学んだこと

学校生活で学んだことは「相互を理解する姿勢」の例文集【履歴書・面接対策】

相互を理解する姿勢
就活アドバイザー
就活アドバイザー

「学校生活で学んだことは何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは「相互を理解する姿勢」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

Amazonギフト券がもらえる

全国の就活生と繋がれる
就活SNSアプリ

就活アドバイザー

2022.10.01~10.31まで
Amazonギフト券が最大5000円
もらえる友達招待キャンペーンを実施中です。
※1人招待につき1000円

招待キャンペーンは10月末まで!

Lognaviアプリをダウンロード(無料)

学校生活で学んだことは「相互を理解する姿勢」の例文一覧

肩を組む人たちのイラスト(棒人間)

他者を認めるということ

他者を認めるということだと思います。どうしても自分とは違う嗜好や考えに対して反発心や理解しがたいという気持ちが生まれてしまいますが、学生時代の10数年でさまざまな同級生、上下級生の人に出会い、関わりを持つ環境に置かれることで自然と学ぶことができたんだと感じています。

人によって得手不得手は異なること

学校生活では様々な考えの人がおり、人によって得手不得手は異なることを学びました。自分の考えが必ずしも正解とは限らず、様々な考え方の人がいるからこそ沢山の人とコミュニケーションをとって自分の知らなかったことを知り、自分の考えをより良いものにしていくことが大切にしながら仕事をしていきたいです。

人間関係の大切さ

教員の方々、友人や先輩後輩と授業や部活動を通じて人間関係の大切さを学びました。良い関係を保つことはもちろん大切ですが、時に自分の意見を積極的に言うことも、自分と違った意見を持った人の考えを理解し受け入れることの重要さも身に沁みました。ぶつかり合って初めて分かることもたくさんあります。ですので、社会に出ても積極性と思いやりを忘れずに自分らしく働いていきたいと思います。

アサーティブネスコミュニケーション

大学生活で一番学んだことは、アサーティブネスコミュニケーションです。様々なバックグラウンドを持った友人達はもちろん、海外からの留学生と関わる機会も多くありました。お互いの文化や価値観を共有する中で、相手の在り方を尊重すること、そして同時に適切な自己表現を行うことの大切さを学びました。

相手をいかに尊重しながらも自分らしく居られるか

学校生活で勉強はもちろんですが、人とのかかわり方や距離感など、相手をいかに尊重しながらも自分らしく居られるか、自分の思いを伝える事が出来るのかなどコミュニケーションの取り方も様々な人とかかわることによって学べたと思います。社会人となったら仕事をするうえでも大切な要素だと思いますので今後も日々学び成長していきたいと思います。

一人一人個性が違う

学校で学んで1番ためになった事は社会は集団行動で成り立っているという事です。一人一人の考え方を象徴し自分の考え方や思っている事の大変さ難しさを学びました。自分をどうやって主張していくか一人一人個性が違うと思いますそれを否定するんじゃなく認めてあげる事で自分も認めて貰えると教えられました。

相手を尊重することも大事

学校で一番学んだことは柔軟な思考を持つことです。様々な個性を持った人間と一緒に学ぶなかで自分の意見を貫くことも大事ですが相手を尊重することも同時に大事であることをキャンパスライフで学びました。社会人になれば会社では同じ目標に向かって進むうえで周囲の意見も取り入れる柔軟さを持ちながら仕事をしていきたいと思います。

互いを尊重し合うことの大切さ

私は学校生活を通し、互いを尊重し合うことの大切さを学びました。同じ学部に所属している仲間でも、出身地や家族構成はもちろん、サークルや趣味、バイト内容は様々でした。自らとは違う背景、違う好みを持つ相手を否定するのではなく、自らとの共通点を探って距離を縮めるよう心掛けてきました。社会に出てからも、相手を理解しようとする姿勢を忘れずに、自ら周囲に歩み寄っていきたいと考えます。

人それぞれ

学校では同じグループに所属していてもいろいろな考え方、価値観があり人それぞれだという事を学びました。その中で人がどのように考えているのか、どうしたいのかを知っていくのにコミュニケーションを多く取る必要がある事を学びました。人と意見が合わない時に自分の考えが何に基づくか、相手がどう考えているのか、解決を図っていくのに積極的にコミュニケーションを取って、しっかり取り組んでいきたいと思います。

ひとつの事柄に対し、人によっていろいろな意見がある

学生生活で学んだことは相互を理解する姿勢が大切ということです。大学の勉強ではゼミなどで自分一人ではなく、友達や先生方とディベートなどをする機会が多かったです。そんななかで同じひとつの事柄に対し、人によっていろいろな意見があることを知りました。自分の意見をしっかりと主張できることと同じように相手の立場になり、相手の意見を受け入れて考えることが大切だと学びました。社会人になってもこのことを忘れずに周りの人と接していこうと思います。

他者に共感する力

学校では専攻していた〇〇の他、ゼミへの所属や課外活動に励んでまいりました。その中で、最も重要と感じたのが他者に共感する力です。相手が何を欲していて、どのようにすれば喜ぶのかを考えて動くことで円滑なコミュニケーションに繋がると学びました。社会人として働くにあたり、社内外問わず様々な方と接するにあたり、共感する力は引き続き意識していきたいと思います。

他人の意見を聞き入れ「許容」する

大学での4年間は、「知識」「技術」「資格」など学ぶことが非常に多かったです。ですが4年の間最も学びが深かったのは「協調性」でした。私の研究室はメディア芸術の創作活動が専門であり、通常の大学より独自の価値観を有する人が多く在籍していました。そこでは作成者や創作物自体に対する見解の「ディスカッション」が行われ、多種多様な意見と発見がある場所でした。ただ各々感性と主義主張があるからこそ、意見に熱が入る余り口論になってしまいがちなのが問題でした。そこで学んだのは、意見を形にして発言するのも大事ですが、他人の意見を聞き入れ「許容」する、そして意見を「交換」し合うというキャッチボールをすることで初めて「議論」は成立することに気づきました。社会人になる上で様々な考えの人に出会っていくことと思いますが、まずは相手の話を聞き「認識・価値観」をすり合わせ、「尊重」を持って対話に臨んでいきたいと思います。

一人一人意見が違うので色んなやり方が試せます

集団生活をする上で日々の行動で協調性を持つこと。また自分の考えを提案したり、他の人の意見を取り入れることでよき方向へ導くことを学びました。そう述べるのは困難なことに出くわした際に自分一人では乗り越えることができないですし、色んな人の意見を聞くことで一人一人意見が違うので色んなやり方が試せます。社会人になったら自分の意見はしっかり述べると同時に、他の人の意見を聞いていい方向へ導きたいです。

ほどほどに人と接すること

私が学校生活で学んだことは、ほどほどに人と接することです。学校には仲の良い友達がおり、未来や現在について語り合うことが自分の新しい目標である就職へと道標となりました。ただ、一方でどれだけ努力をしても受け入れられない考え方に触れる機会もありました。互いに意見をぶつかりながら気づいたことは意見の相違を尊重した上で違いを問うこと、そして論破をするなど相手を叩きのめしてはならないことです。皆違うからこそ、社会は成り立っているのだと気づきました。

客観的な考え方を学ぶことができた

学校では学業だけではなく、部活動でマネージメントに携わり、スポンサーの獲得や交渉など、企業と関わる機会を多く持つことができました。自分と相手の要求の擦り合わせの方法や効果的なプレゼンテーションなど、学業とは一線を画する視点を持たなくてはならない場面が多く、苦労はしましたが相手のある活動をすることで客観的な考え方を学ぶことができたと思います。

その他の「学校生活で学んだこと」の例文はこちら

スポンサーリンク

-学校生活で学んだこと