学校生活で学んだこと

【例文まとめ】学校生活で学んだことは「チームワーク・人間関係の大切さ」の応答集|履歴書・面接対策に

チームワーク・人間関係の大切さ
就活アドバイザー

学校生活で学んだことは何ですか?」の回答例のまとめです。

このページでは「チームワーク・人間関係の大切さ」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

Amazonギフト券がもらえる

全国の就活生と繋がれる
就活SNSアプリ

就活アドバイザー

2022.11.30まで
Amazonギフト券が最大5000円
もらえる友達招待キャンペーンを実施中です。
※1人招待につき1000円

招待キャンペーンは10月末まで!

Lognaviアプリをダウンロード(無料)

学校生活で学んだことは「チームワーク・人間関係の大切さ」の例文一覧

2倍楽しく、辛いことは半分になる

学校生活で学んだことは、人間関係の大切さです。具体的には友達を作り、部活や勉強を一緒に乗り越える経験をしたことで、一人ではできなかったことも力を合わせれば成し遂げられると学びました。また、友達と一緒なら2倍楽しく、辛いことは半分になるということがわかったのも、大切な財産になりました。

誰とでも話せる関係を作っておく

学校生活で学んだことは人間関係の大切さです。もちろん友達を多く作ることも大切と思いますが、接しにくい人とでも気兼ねなく話すことができるコミュニケーションをとって誰とでも話せる関係を作っておくと自分が困った時に頼ることができる人が多く助けてもらえることが多いと思います。

様々な立場の方との関わり方

私が学校生活で学んだことは、様々な立場の方との関わり方です。私はサークルやゼミを通して、先輩や後輩以外にも教授や企業の方に相談させていただいたり、研究における連絡や依頼をさせていただくことが多く、目上の方との関わり方を学ぶことができました。社会にでると、学生時代のような先輩や後輩、先生との関係だけではありません。私は学生時代の経験を活かしながら、さらなる人間関係の構築に努めていこうと思っております。

人間関係の大切さ

教員の方々、友人や先輩後輩と授業や部活動を通じて人間関係の大切さを学びました。良い関係を保つことはもちろん大切ですが、時に自分の意見を積極的に言うことも、自分と違った意見を持った人の考えを理解し受け入れることの重要さも身に沁みました。ぶつかり合って初めて分かることもたくさんあります。ですので、社会に出ても積極性と思いやりを忘れずに自分らしく働いていきたいと思います。

人間関係が良好で、いい人間関係を築けているとなんとかなる

学校では留学や論文発表など様々なことに挑戦しましたが、1番学んだことは人間関係の重要性です。その理由はどんなにピンチな状況になっても人間関係が良好で、いい人間関係を築けているとなんとかなるからです。具体的には私が体調を崩した時に、ご飯を届けてくれる仲間、やりたいと思った事業を実現するために力を貸してくれた仲間などが挙げられます。よって、これからも自分は人間関係を大切にして生きていこうと思います。

一人よりも二人、三人と仲間と力を合わせることで成し遂げられる

学校生活の中で学んだことは学業は勿論のことではありますが、多くの友人や仲間と共にサークルで学び、研究を重ね、チームワークで研究成果を形にして来ましたので、仲間の大切さであると感じています。一人よりも二人、三人と仲間と力を合わせることで成し遂げられることが多々ありましたので、これからの社会人生活にも大いに同様のことが言えると思いますので学んだことを胸に刻み日々頑張っていきたいと思っています。

仲間の大切さ

私が学校生活で学んだことは、仲間の大切さです。私は看護師になるために入学しました。しかし、勉強や実習ひとつにとっても1人では出来ず仲間の協力は必須になります。仲間と切磋琢磨することで得られることも多く、チーム医療について早い段階から学べたのではないかと思います。

他人とのかかわり方や駆け引き

他人とのかかわり方や駆け引きです。付き合いを長く続けたいと思える人には、どうしたら好かれるか。あまり反りの合わない人に対しても、どう相手の機嫌を損ねることなく、やんわりと関係を保つにはどうしたらよいのか。人間関係の難しさを学びました。これは、今後の仕事上のみならず、私生活の中でもとても重要なスキルとなり、日々勉強も必要なことだと思っています。

コロナ禍になり人との関りが薄れてしまった

学校で学んだことは、人との関わりの大切さです。コロナ禍になり、マスクでの生活やオンライン授業が増え、人との関りが薄れてしまったと思っています。また、友人と遊びに行く機会も減り、私は人と関わることで楽しいという感情以外にも癒しや幸せ、さらに自分自身が成長することにもなると気づきました。

悪いときはみんなでカバーをする

学習面では、得意科目を伸ばす事と、苦手科目ではわからない所を先生に積極的に質問をしたり、補習に励みました。部活動はバスケットボール部でしたので、チームプレイにおいて仲間と協力する大切さを学びました。試合に勝つ為には、独りよがりの練習だけではいけません。仲間と声を掛け合い、練習メニューなどを相談したり、誰かのコンディションが悪いときは、みんなでカバーをする、といったワンチーム精神を学ぶ事ができました。

教授や先生に対する礼儀やマナー、付き合い方

学校では授業で勉強をする事が学生のノルマですが、それ以外にも交友関係であったり人間関係であったり様々な事を身に着ける場でもあったと思います。その中でも教授や先生に対する礼儀やマナー、付き合い方などは自分の中でも非常に大切な学びでした。様々な人やものに触れて、自分自身がより深くなった学校生活だったと思います。そんな学校生活で学んだ事をこの仕事にも生かして頑張りたいと思います。

人間関係の重要性と目標を共有することの大切さ

学校生活で一番学んだことは、サークル活動での人間関係の重要性と目標を共有することの大切さです。皆で一つの目標を達成するために、なぁなぁにならない芯のような物を持った人間関係が大切なんだと実感しました。今後は、企業が果たすべき社会的役割や経営理念などを把握し、自分の中で芯となるものを持ちながら、周囲の人達と協力して、仕事に取り組んで参ります。

人間関係の有り難みや弱い自分と向き合う事の大切さ

勉強はもちろんですが、それ以上に部活動の中での人間関係の有り難みや弱い自分と向き合う事の大切さ等を学びました。例えば1つの目標に向かう為に、個人としては何が足りないのか、自身の弱点を仲間や先輩に指摘してもらい、正しい練習方法で根気強く続ける事で、忍耐力が付き自信にも繋がりました。また、士気を上げたチームで一致団結した時に発する、爆発的なパワーや奇跡の素晴らしさや感動は、体験した者にしか味わえない醍醐味だと思いました。

仲間を信用することや大切さ

私は理学部で数学を学んでいたので、授業では数学に関する計算やその概念を学びました。ただ、それ以上に学校生活では部活にいそしんでいた為、そこで様々なことを学びました。部活ではアメフト部に在籍をしており、監督や同期のみんなから、仲間を信用することや大切さ、人間関係など多くのことを学びました。社会人になっても監督や同期から学んだこの人間関係の大切さを大事にして、様々な場面で生かして仕事に励みたいと思います。

仲間と協力して活動することの大切さ

チームワークを大切にしなければならないことを学びました。私は、教員養成課程を専攻しており、将来学校の先生になりたいと考えています。周りの友達も学校の先生になりたいと志望する子が多く、志が高い人たちばかりです。実習などを通し、自分一人では授業構想など限界が存在することを実感し、仲間と協力して活動することの大切さを学びました。自分だけと助けてもらうのではなく、相手も助けること。それが、相互に成長を促し、人間としても成長することができました。このチームワークを大切にする意識を常に持ち、社会人として仕事に尽力したいと考えます。

それぞれの関係性を築けるように

当時は感じませんでしたが、今思えばクラス替えや席替えは多様な人間関係を作る上で学んだことだとなんだなと思います。小学校高学年の頃、月一回席替えを設ける担任の先生がいました。くじ引きや仲良い同士が組むのではなく、先生が生徒それぞれを見て席替えをするのですが、仲良くなれていないという人はいつまでも近くの席にし、どうにかそれぞれの関係性を築けるようにとしてくれたことは子どもながらに先生が席替えを通し、教えたかったことだと感じてしました。

サークル活動での上下関係の大切さ

学校生活で一番学んだことは、サークル活動での上下関係の大切さです。先輩、後輩、OBなど多くの人達と関わる中で、上の人を敬い信頼すること、下の人を支え助けることの重要性を学びました。一つのことを成し遂げるためには、協力し合うこと、そして互いを認め合うことだと思っています。この思いをしっかりと胸に刻み企業の目的達成のために励んで行きます。

友人との関係や人間関係、協調性

学校では勉強や資格について学んだことは確かですが、それ以上に友人との関係や人間関係、協調性等を学んだと思っています。これから社会に出ていくわけですが、社会ではより一層の人間関係やコミュニケーションが必要になってくると思います。ですので、周囲との関係性や協調性を最重要視して日々の仕事に取り組んでいきたいと思っております。

共に職場を作る仲間を大切にして一緒に成長していく

学校生活で学んだことは、チームワークです。看護師として必要な要素は知識や技術はもちろんですが、仲間とのチームワークです。共に職場を作る仲間を大切にして一緒に成長していくということはとても重要で、必須なのではないかと思い、とても勉強になった学生生活だったと思います。

目標を掲げて全員でそれに向かって頑張ることの大切さ

体育会系に所属していましたので、上下関係、さらに目標を掲げて全員でそれに向かって頑張ることの大切さを学びました。これだけ個性が重視されているとは言え同じ目標に向かって突き進む事は非常に大事です。もちろん、集団によって、個人によって掲げる目標が大きく異なると思いますが目標に向かって突き進むと言う考え方だけは変わらないものだと思います。

おすすめの無料就活サービス

無料の就活サイト・エージェント3選(新卒向け)

1位:dodaキャンパス

dodaキャンパス
就活アドバイザー

「自分に合った企業と出会える」オファー型就活アプリ。
登録学生は878,000人を超える大手就活サービスです。

アプリのダウンロード(無料)

2位:キャリアパーク就職エージェント

キャリアパーク就職エージェント
就活アドバイザー

最短3日で内定も可。厳選された優良企業の紹介が受けられます

公式サイトはこちら

3位:就活情報サイト-キャリch

就活情報サイト-キャリch
就活アドバイザー

登録するだけで就活生にとって有益な情報やコンテンツを見ることが出来る。ダウンロードも可能です。

公式サイトはこちら

その他の「学校生活で学んだこと」の例文はこちら

スポンサーリンク

-学校生活で学んだこと