スポンサーリンク

学校生活で学んだことは「協調性の大切さ」の例文集【履歴書・面接対策】

協調性の大切さ
就活アドバイザー
就活アドバイザー

「学校生活で学んだことは何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは「協調性の大切さ」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

学校生活で学んだことは「協調性の大切さ」の例文一覧

円陣を組む人たちのイラスト(会社員)

相手を認めることの大切さや自分を認めてもらうことの難しさ

学校では勉強の重要性や資格取得などに励みましたが一番学んだことは協調性の大切さです。色んな性格や考え方の人が同じ校舎で一緒に学ぶなかで相手を認めることの大切さや自分を認めてもらうことの難しさを学びました。社会人ではより一層コミュニケーション能力が必要になってくると思いますので周りとの協調性を大切にしながら仕事をしていきたいと思います。

他の人のことを考えて行動するということの大切さ

学校で学んだことは、集団生活の中でのルールや人とのうまい関わりをするためにはどのようにしたらいいのかだと思います。やはり、学校は家庭とはまた違う集団生活をする場所なので、みんなと合わせて何かをする、自分だけではなく他の人のことを考えて行動するということの大切さを学べたと思います。自分な意見ばかりを言っていたら他の人に嫌われるだろうし、でもその中でもきちんと自分の意見を持たないといけない時もあるだろうし、その人間関係のバランスを学ぶ機会だと思いますす。

大切な仲間と協調しながら生きていく

学校生活で学んだ事は協調性や挑戦です。夢があるのになかなか動けない方が多いと思います。今しかないこのチャンスは今掴むべきだし、何度でも挑戦する事ができると言う事を学びました。そして、大切な仲間と協調しながら生きていくと言う事です。人は一人では生きていけないし、仲間がいないと出来る範囲も狭くなるので、大切な仲間を持つ事も学びの一つです。

社会人になっても生活に困らないための基本的なスキル

学校生活で私が学んだことは3つあります。1つ目は、生活していくためのスキル、即ち知識です。2つ目は、集団の中で生きていくためのスキルです。3つ目は、社会生活を継続していくための忍耐力です。1つ目は、字の読み書きや、足し算引き算といった学力を意味しています。2つ目は、集団生活を支障なく送っていくための道徳観念のことです。3つ目は、朝起きて、今日は学校に行きたくないと思っても、それに負けずに心を奮い立たせて毎日学校に出掛けて行くという忍耐力です。字の読み書きが出来なくては会社に雇ってもらえません。協調性がなければこれもまた然りです。そして、しょっちゅう会社を休んでいては、直ぐにクビになってしまいます。学校生活で私が学んできたことは、将来、社会人になっても生活に困らないための、基本的なスキルだと思っています。こんな私ではありますが、どうかよろしくお願いいたします。

それぞれの個性があって一人一人の人が成り立っている

表面的には勉強や団体行動の重要性を学ぶことができるかと思います。私が最も学んだことは相手を思いやる気持ちやその気持ちに気付きを教えてもらいました。友人と学校生活を送る中で、相手の立場に立ち物事を考えることの重要性、またそれぞれの個性があって一人一人の人が成り立っているのだということ、それを認めて協調性をもって過ごすことの大切さを学びました。

人に合わせることがとても大切

学生生活で学んだことは、協調性の大切さです。私は合唱部に所属していました。合唱は皆で一つの歌を作り上げる作業です。それぞれのパートを組み合わせて一つの曲として仕上がります。そのなかで人に合わせることがとても大切です。みなで力を合わせて何かを成し遂げることにより喜びもとても大きくなることも学びました。

色んな角度から物事を考えられる要素

学校生活で学んだことは協調性です。自分の考えだけではなく、周りの人には周りの人の考えや意見があること。また、それらのどれかが答えになるのではなく、色んな角度から物事を考えられる要素にもなるということです。そしてそれを自分や周りはどう言葉にするか、またはどう受け取るのか。上手く言葉に出来ない人もいれば上手く受け取ることが出来ない人もいる。そういった多くの面から学ぶことの出来る協調性は非常に重要なものだったと感じます。

相手の考えや特技などを理解し尊重する

学生時代、部活動を通して学んだことが2つあります。一つ目は協調性です。一つの目標に向かって協力し合い、相手の考えや特技などを理解し尊重する事で、より良いチームを作ることが出来ました。その仲間たちは今でも私を支えてくれる財産になりました。2つ目は競走心の大切さです。仲間たちと時にはぶつかったり、打ちのめされて自信を無くしたこともありましたが、切磋琢磨することで成長し、今の自分があると実感しております。これらの事を生かし、皆さまの意見を大切にしながら、御社に貢献出来るよう努力して参りたいと思います。

他人の意見を聞き入れ「許容」する

大学での4年間は、「知識」「技術」「資格」など学ぶことが非常に多かったです。ですが4年の間最も学びが深かったのは「協調性」でした。私の研究室はメディア芸術の創作活動が専門であり、通常の大学より独自の価値観を有する人が多く在籍していました。そこでは作成者や創作物自体に対する見解の「ディスカッション」が行われ、多種多様な意見と発見がある場所でした。ただ各々感性と主義主張があるからこそ、意見に熱が入る余り口論になってしまいがちなのが問題でした。そこで学んだのは、意見を形にして発言するのも大事ですが、他人の意見を聞き入れ「許容」する、そして意見を「交換」し合うというキャッチボールをすることで初めて「議論」は成立することに気づきました。社会人になる上で様々な考えの人に出会っていくことと思いますが、まずは相手の話を聞き「認識・価値観」をすり合わせ、「尊重」を持って対話に臨んでいきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました