スポンサーリンク

「手に職をつけたい・専門的な仕事をしたい」が退職理由の例文集【履歴書・面接対策】

手に職をつけたい・専門的な仕事をしたい
就活アドバイザー
就活アドバイザー

退職した理由は何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは手に職をつけたい・専門的な仕事をしたいを中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

「手に職をつけたい・専門的な仕事をしたい」が退職理由【例文一覧】

塗装工のイラスト

手に職をつけたい

転職を試みるにあたり、理由は一つではないですが25歳になる今、この先、手に職をつけて専門的な分野で新たに挑戦したいということ。将来例えば誰でも代えが効く仕事ではなく、手に職があって必要とされるような仕事。日々勉強できる深い職種で働きたいという思いが強くなり転職活動をしています。

より専門的なスキルが身に着けられる職種へキャリアチェンジ

私は以下2点を改善したく、前職の退職及び転職活動を決意いたしました。1点目はワークライフバランスの両立、2点目は自分自身のキャリアにおけるスキルアップの向上です。1点目につきまして、前職では残業時間が多いことや休日・夜間の立ち合い作業も多く発生していたため、ワークライフバランスを図ることが困難な状況にありました。2点目につきましては、前職で営業として働いておりましたが、今後の自分のキャリアプランを長期的に考えた際に、より専門的なスキルが身に着けられる職種へキャリアチェンジしたいと考えるようになりました。以上2点の理由から、退職及び転職活動を決意いたしました。

専門的な知識や技能を深めるような仕事をしたい

大きな組織で様々な経験をしたことは勉強になりました。しかし、私は多くの業務に幅広くかかわるよりも、専門的な知識や技能を深めるような仕事をしたいと考えました。前職でつちかったコミュニケーションスキルや業界に関する知識を生かし、これからはより専門的な仕事にチャレンジしていきたいと思います。

おすすめの転職サイト・エージェント

大手2つの転職エージェントは併用して使うべし

まず内定を最短で得るために、大手エージェントサービスは併用して使いましょう。

というのも各エージェントサービスによっても持っている非公開求人は異なります。

エージェントサービスを1つだけに絞ってしまうと焦りなどから受けたくない企業でも受けなければならない状況になってしまいます。

その為にもリクルートエージェントDODAエージェントサービスは必ず登録しておきましょう。

その他の退職理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました