スポンサーリンク

【例文付き】「経営に不安」が退職理由【履歴書の書き方、面接の答え方】

経営に不安の画像
就活アドバイザー
就活アドバイザー

退職した理由は何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは経営に不安を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

「経営に不安」が退職理由【例文一覧】

自転車操業のイラスト(女性)

経営状態の悪化に危機感を抱いた

私が、退職した理由は会社の経営状態の悪化に危機感を抱いたからです。会社の状況が悪いことは分かっていたので、出来る限りの努力をして会社の経営が良くなることを考えていました。しかし、個人の力では、どうしようも出来ないことがあることを悟り、別の道を模索することにしました。そこで気付いたのは、組織の力に頼り過ぎない、自分のスキル向上を目指すことがとても大事なことだという結論に至り、最終的に退職をすることを決断しました。

コロナ禍で大きなダメージ

前職は非常にやりがいがあり、人の役に立つ喜びを日々感じることができました。これまで一貫して人と関わる仕事をしてきた中、直近の業種はコロナ禍で大きなダメージを受け、なかなか自身の思い描く仕事ができなくなっていきました。そのため、息の根が長い業界にて多くの人々に関わり貢献できる環境に身を置きたいを思い、転職を決意いたしました。

時間を持て余す日々

コロナ禍で管理すべき仕事や開催するイベントが減ってしまい、業務時間内でも時間が余ってしまう機会が増えてしまいました。他の従業員の方にも何か手伝えることはないか聞いて回ったものの、他の方も他人に分けられるほどの仕事がなかったのです。時間を持て余す日々が続き、「自分はこの会社にいる意味があるのか」と疑問に思うようになり、転職を決意しました。

将来を良い方向に見通せない

いま勤めている会社が、ここ数年赤字続きで、将来を良い方向に見通せない状況にあります。また私自身、今年で40代後半となりますが、今なら転職出来る年齢だと考えています。そんな今後まだ10年以上働く必要がある状況で、いま勤めている会社の将来性と、転職可能と考えている私自身のいまの年齢を考慮した時に、いまこのタイミングで転職しようと考えました。

経営難になり処遇の内容が厳しくなった

私は2年前に結婚して翌年子供が生まれ、家族を養うために仕事も頑張らないとと思っていた中で、前職で働いていた病院が経営難になり処遇の内容が厳しくなりました。前職では修得している認定資格を生かした業務につけて感謝していましたが、将来を考える中で不安を感じた施設で働く事を考え苦渋の決断で退職を決意いたしました。

自己分析が出来る無料就活アプリ

価値観でマッチするスカウトサービス【キャリアチケットスカウト】(22-0120)

これはおすすめです。就活アドバイザーが認める無料就活アプリ!

キャリアチケットスカウト

自己分析・他己分析機能で、就活軸が明確になります。
また価値観の合う企業からスカウトが届くのでアプリ一つで就活を行えます。

アプリを活用して就職活動をスムーズに終わらせよう

\ 全てのサービスが無料で使える! /

「経営に不安」に向いている転職サイト

その他の退職理由はこちら

就活アドバイザー
就活アドバイザー

その他の退職理由の例文をまとめた記事はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました