退職理由

【例文まとめ】「不規則な勤務時間・働く時間帯を変えたい」が退職理由の応答集|履歴書・面接対策に

不規則な勤務時間
就活アドバイザー

退職した理由は何ですか?」の回答例のまとめです。

このページでは不規則な勤務時間・働く時間帯を変えたいを中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

「不規則な勤務時間・働く時間帯を変えたい」が退職理由【例文一覧】

体力的に大変

前職は学習塾の受付事務として働いていました。平日は14時から23時半までですが、土日や学校が夏休みや冬休みの時期は9時から23時半頃の中からシフト制で勤務していました。大学受験に向けて頑張っている生徒をサポートすることにやりがいを感じていましたが、年々シフト制で働くことが体力的に大変だと感じるようになりました。自分の将来を考えたときに同じ生活リズムで働き続けることは難しいと感じ、転職することにしました。ただ誰かをサポートいすることにはやりがいを感じていたため、今後も人々をサポートする仕事に就きたいと考えています。

昼間に出かけることが出来る夜勤の仕事

私には小学生になる娘がいますが、学校の行事や役員で、昼間に出かけることが出来る夜勤の仕事を選んで就職しましたが。しかし夜中の集客が見込めない為、夜中に開店業務を打ち切りにするので、昼間もしくは夕方の業務に変更して下さいと言われました。夜中のお仕事だから希望して就職したので、昼間や夕方に変更することは考えられませんでしたので、夜中働ける仕事に転職しようと思いました。

夜勤が厳しい

サービス業で3交代制のシフト勤務でした。アルバイトさんのシフトの希望により、毎月勤務する曜日が変わってしまったことや年齢とともに夜勤が厳しいと感じてしまったこともあり、朝から夕方までの土日祝日が休みの仕事を探し応募を致しました。ライフワークバランスの取れる仕事に従事し、仕事で社会貢献をするとともに、家庭も充実させていきたいと考えています。

今しか見れない子供の日常

前職は早番遅番の交代勤務があり、休みの日は一日寝てないと疲れが取れない状況でした。その状況を見ている子供から土日もママがいないし、朝起きるといないから寂しい。お願いだから一緒にいてと泣かれた姿を見て、今必要な事は高い給与ではなく今しか見れない子供の日常だという事に気付かされました。子供の行事などを大切にしたいと考え退職を決意しました。

その他の退職理由

退職理由に困ったときは「転職エージェント」に相談するのが内定への近道

退職理由に困ったときは、無料で使える転職エージェントに相談してみるのもありです。

就活のプロの意見を聞くことでより、一層磨きのかかった就活が出来ます

結論から言うと今現在のエージェント業界では次の2つがおすすめです。

リクルートエージェント←1番おすすめ
 業界最大級の非公開求人数があり。完全無料

DODAエージェントサービス
 安心の充実サポート、エージェントの質に定評あり。完全無料

   

この2つは全年代、全職種に対応可能なオールマイティな転職エージェントで登録した方がいいです。※実際に私も2つ利用してました

参考リンク:転職エージェントを比較!年代別・職種別のおすすめランキングもあり!

スポンサーリンク

-退職理由