スポンサーリンク

【例文付き】「精神的な病気」が退職理由【履歴書の書き方、面接の答え方】

就活アドバイザー
就活アドバイザー

退職した理由は何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは精神的な病気を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

「精神的な病気」が退職理由【例文一覧】

うつ病を発症

前職では仕事にやりがいを感じており、毎日楽しく就業していました。しかし、新人でありまだまだ仕事に不慣れであった点、そして仕事量が多く不規則な生活が続き体調管理を怠ってしまい、メンタルを病んでうつ病を発症してしましました。体調管理することの大切さを身に染みて体験しました。今は服薬のため通院していますが、医師からは就業可能といわれるまで回復しました。常に再就職したいと考えていたため、活動を再開しました。 静養中はいつでも就職活動ができるように生活リズムを整え、体力強化できるよう天気の良い日には公園で散歩、ランニングを行い健康的な生活を意識して生活していました。また、少しではありますがこの業種についても勉強を続けていきました。もし、同じ境遇の社員さんが出てしまった時には私ならフォローできると考えています。これからは御社でまた1から頑張ろうと考えていますのでよろしくお願いします。

自分を適用させることができない

私が以前いた会社を退職した理由は、会社の環境面に自分を適用させることができないと考えたからです。どれだけ努力して自分を会社に馴染ませるようにしようとしても体が拒絶反応を起こしてしまいどうすることも出来ないで悩んでおりました。そこで、自分自身の特徴を徹底的に分析した結果として努力でなんとかして環境に適応できるように変化させるのではなく、自分の強みとして最大限に活かすことが大事と考えるようになりました。その強みを活かせるかいしゃに会社に行くことが誰かの役に立てて自分も幸せになれる最善の道と思っております。

持病にうつ病

自分は持病にうつ病を持っているのですが、それを考慮した上で仕事の配分をすると約束されて仕事をしていました。もちろん職場も人員不足で誰かが抜けるとカバーするのが大変なくらいです。その中である日エリア長、支部長、人事による移動もしくは応援要請が毎日こちらに直談判されるようになり、職場内の状況を説明しても「どこも忙しいから変わらない」と全員に一蹴される。それを連日やられてノイローゼ状態となり休職からの退職になりました。

鬱になって仕事に行けない状態

物流で働いていて若いって言うのもあって入って1年ぐらいでリーダーに任命され、リーダーを引き受けました。すると若いからって何でもリーダーにして回そうとしてもっと居てる人に失礼よねと陰口を言われるようになり、そこで精神的にダメージが大きくなって最初の半年は頑張っていましたがどんどんエスカレートしていき、鬱になって仕事に行けない状態になってしまい退職しました。

自己分析が出来る無料就活アプリ

価値観でマッチするスカウトサービス【キャリアチケットスカウト】(22-0120)

これはおすすめです。就活アドバイザーが認める無料就活アプリ!

キャリアチケットスカウト

自己分析・他己分析機能で、就活軸が明確になります。
また価値観の合う企業からスカウトが届くのでアプリ一つで就活を行えます。

アプリを活用して就職活動をスムーズに終わらせよう

\ 全てのサービスが無料で使える! /

「精神的な病気」に向いている転職サイト

大手2つの転職エージェントは併用して使うべし

まず内定を最短で得るために、大手エージェントサービスは併用して使いましょう。

というのも各エージェントサービスによっても持っている非公開求人は異なります。

エージェントサービスを1つだけに絞ってしまうと焦りなどから受けたくない企業でも受けなければならない状況になってしまいます。

その為にもリクルートエージェントDODAエージェントサービスは必ず登録しておきましょう。

その他の退職理由はこちら

就活アドバイザー
就活アドバイザー

その他の退職理由の例文をまとめた記事はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました