退職理由

【例文まとめ】「キャリアアップを望むため」が退職理由の応答集|履歴書・面接対策に

キャリアアップを望むため
就活アドバイザー大谷

退職した理由は何ですか?」の回答例のまとめです。

このページではキャリアアップを望むためを中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

「キャリアアップを望むため」が退職理由【例文一覧】

出世街道のイラスト(男性会社員)

仕事の幅を広げ、リーダー経験もしてみたい

前職では、メンバーとして同じような作業をするだけの繰り返しだったため、仕事の幅を広げ、リーダー経験もしてみたいと思っておりました。そのため、会社にキャリア相談もしたものの、会社自体にふさわしい案件がなく、待っていても改善される見込みがない、と判断し、転職により、キャリアの問題を解決したいと考えるようになりました。

自分の目指すキャリアが達成できないと感じたため

自分の目指すキャリアが達成できないと感じたためです。前職ではエンジニアとして働いておりましたが、自分の目指す先がマネージャー方向であり、このままエンジニアだけを続けていても必要なスキルが身につかない状況でした。個人的に資格勉強を行い、知識を積み重ねることはできているので、ぜひ御社にて実践を積み、良いマネージャーとなれるように努力致します。

キャリアモデルになる先輩がおらず

さらなるキャリアアップをしたいと考え退職致しました。前職では、チーム内の責任者として派遣さんの業務管理や試験の照査を行っていました。しかしながら、同年代の女性社員は30歳前後で寿退社する事が多く、30過ぎてから定年までのキャリアモデルになる先輩がおらず自分の今後のキャリアプランが明確に出来ませんでした。

早期から管理職もしくはそれに近いような決定権

前職では一プレイヤーとして職務に励んで参りましたが、早期から管理職もしくはそれに近いような決定権を与えられる社風の御社で働くことが自身の今後の成長やキャリアビジョンの実現のためには必要不可欠と思い、御社への転職を決意しました。前職ではプレイヤーとしての立場でプロジェクトの進行に関わることはできましたが、御社であれば全体を統括し、より責任ある立場から業務にやりがいをもって働くことができると感じたため御社へと応募させていただきました。

出向者で固められている状況

私は新卒で入社後、当該業務を約10年経験し、基礎的なスキルを積み上げてきました。ただ現職は上場企業の子会社であり、マネージャー職は出向者で固められている状況です。今後のキャリアパスを考えた時に、最終的にはマネージメント業務を目指したいと思い、転職を決意しました。御社に入社後は現職での経験を活かして会社の業績向上に貢献し、マネージャー候補して必要なスキルを学んでいきたいと考えております。

上流工程の業務をしたい

これまで運用、保守業務に従事してきて、その経験や知識を生かして上流工程の業務をしたいと考えたためです。 現在は業務領域が狭く、運用以外の業務にあたることがをすることがほぼできない環境でした。 設計構築を行った会社から、設計上想定される運用面の問題を相談されるなど十分に知識がついてきたと感じて いること、その経験が上流工程でも生かせると考えたことから転職を決意しました。 設計、運用の両面の知識をつけることで、エンジニアとしてだけではなく業務が円滑に進むように努力していきます。

成長が感じられなくなっている部分があった

様々な業務を経験してゆく中で、スキルなどが上達しましたが、ここ2、3年は仕事がルーティン化し、成長が感じられなくなっている部分がありました。仕事をやりきったという思いもありましたので、新たな環境に踏み出すという意味でも退職を決意いたしました。前職での経験を活かし、より多くの人に貢献できるよう努力していきますので、よろしくお願いいたします。

専門性を生かした業務が出来ず

私は学生時代から憧れであった認定資格の緩和薬物療法認定薬剤師とがん専門薬剤師を努力の結果修得することができましたが、前職では人員が少ない理由で調剤業務がほとんどで専門性を生かした業務が出来ず今後のキャリアに悩んでおり、自身のがん領域の専門性を生かした業務につける職場で活躍したいと考えるようになり退職を決意しました。

評価制度が変わり理想のキャリアアップができなくなった

退職した理由は2点です。まず1点目は会社の評価制度が変わり理想のキャリアアップができなくなったことです。来年度から評価制度が変わり実績を評価するスタイルから経験や在籍年数を評価する年功序列のような評価制度に代わるため思い描いていたスピード感でキャリアアップすることが難しくなったためです。2点目は会社の考え方と私の考え方にずれがあったためです。

その他の退職理由はこちら

退職理由に困ったときは「転職エージェント」に相談するのが内定への近道

退職理由に困ったときは、無料で使える転職エージェントに相談してみるのもありです。

就活のプロの意見を聞くことでより、一層磨きのかかった就活が出来ます

結論から言うと今現在のエージェント業界では次の2つがおすすめです。

リクルートエージェント←1番おすすめ
 業界最大級の非公開求人数があり。完全無料

DODAエージェントサービス
 安心の充実サポート、エージェントの質に定評あり。完全無料

   

この2つは全年代、全職種に対応可能なオールマイティな転職エージェントで登録した方がいいです。※実際に私も2つ利用してました

参考リンク:転職エージェントを比較!年代別・職種別のおすすめランキングもあり!

スポンサーリンク

-退職理由