退職理由

「自分に向いている仕事が見つかった」が退職理由の例文集【履歴書・面接対策】

自分に向いている仕事が見つかった
就活アドバイザー

退職した理由は何ですか?」の回答例のまとめです。

このページでは自分に向いている仕事が見つかったを中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

「自分に向いている仕事が見つかった」が退職理由【例文一覧】

握手している人達のイラスト(棒人間)

外に出て直にいろいろな人と出会う方が性に合っている

昨年業務改善プロジェクトに関わり、自分のチームの意見を取りまとめたり、他の部署との連絡などをしているうちに、自分にはコンピュータに向かってデータを打っているより外に出て直にいろいろな人と出会う方が性に合っていると感じるようになりました。マーケティング部で会得したデータ作成のスキルを基に、今度は営業としてお客様へ直にご提案やご説明ができたらと思っております。もちろん未経験ですし社風も前職とは違いますので即戦力になるのは難しいと思いますが、まずはなるべく早く学び御社に貢献できるよう頑張ります。

全てのクライアントに対し、100%のアドバイスができていない

前職は会計事務所にて20件ほどのクライアントはのに対し、帳簿の監査、経営のアドバイス等を行なっておりました。業務に関しては、クライアントより感謝の言葉をいただく機会も多く、やりがいも感じておりましたが、企業の経営にアドバイスするということに関して、突き詰めていけばキリがなく、全てのクライアントに対し、100%のアドバイスができていないと感じることが増えてきました。そう考えるうちに、一つの企業の経理職として従事し、経営に携わりたいと考え退職を決意いたしました。

外国人の患者さんに対しても十分な関わりを持てるようにしたい

前職で外国人の患者さんと関わる機会がありましたが、当時の私は英語に苦手意識があり十分なコミュニケーションがとれませんでした。その経験から外国人の患者さんに対しても十分な関わりを持てるようにしたいと考え、医療英語を勉強するために退職しました。半年間フィリピンで医療英語を学んだ後、外国人の患者さんが多く来院されている貴院でこの学びをいかしたいと思います。

自分の働き方に対して疑問を感じた

私が退職をした理由は、自分の働き方に対して疑問を感じたからです。どうしても業務が上手くいかずに、自分はなにをやっても駄目なんじゃないかと落ち込んでいました。でも、そこで考えて一つの可能性を見つけました。それは、業務内容が適しているかどうかではなく、どのように業務をこなしていくかが、大事なのではないかということです。世間では、働き方改革も叫ばれている現状であり、一つの働き方に対して必ずしも拘る必要性はありません。人間にはそれぞれ特性があり、相性も存在します。まさに適材適所を真剣に考えて、適したことのみに自分の力を使えば現状を変えることができるのではないかと考えております。そのため前職においては適材適所を推進することは到底できないと判断し退職することを決意しました。

自分の経験をより活かした働き方が出来る

前職では新規事業の立ち上げを担当していました。運用手順の構築や管理ツールを開発し、事業を開始してから営業実績もつきました。やりがいを感じると同時に、営業活動よりも事業立ち上げや運用時の開発業務の方が、自分の経験をより活かした働き方が出来ると思うようになり転職を決意し、退職いたしました。 貴社が注力されている事業にて、開発業務で私の経験を活かし貢献したいと思います。

本当に心からやりたいと思える仕事に出会えた

私が前職を退職した理由は、本当に心からやりたいと思える仕事に出会えたからです。以前の仕事をしている時にこのまま定年退職までこの仕事を続けることができるかと考えたときに全く想像がつきませんでした。ならばどんな仕事であれば一生涯を捧げるだけの価値を感じることができるのかと悩み続けていました。その悩んだ末に今回の仕事に出会う事が叶いました。常にこの仕事のことを考え続けている時分がとても幸せだと気付き絶対にやるべきだと決断しました。これが私の退職理由です。

もっともっと現場での作業をしていきたい

一言で言うと自分のやりたいことが出来たからです。長年勤めて役職になり管理する側になると現場から離れていくことが多くなりました。ただ、物足りなさもありました。元々現場での作業も好きでしたので、もっともっと現場での作業をしていきたい、新しいことを覚えていきたい、自分の技術を上げていきたいと言う思いが強くなり転職を決意しました。

長期的に製品開発に携わりたい

私は、IT企業でエンジニアとして勤務してきました。そのほとんどの期間は、大手メーカー様企業に常駐しての作業でした。色々な現場で様々な製品開発に携わりました。中でも品質重視の製品、納期重視のシステムと、お客様の要望も様々でした。私はエンジニアとしての品質へのこだわり強く、真面目な性格で、開発期間が長い方が高い成果を挙げやすい傾向があります。実際、品質重視の製品開発で、開発期間が長いサイクルである現場のお客様から高く評価いただいております。これらの実績と経験を活かすことができるのは、品質重視のメーカーであり、長期的に製品開発に携わりたいと考え、転職検討に至りました。

自分が生涯を賭けて本当にやりたいものに邁進したい

これまでは、生活の基盤としてのみ仕事を捉えてきましたが、それだけでは何か物足りないものを感じるようになりした。経済的な側面だけではなく、自分が生涯を賭けて本当にやりたいものに邁進したいという熱い気持ちに駆られるようになり、前職を辞して、約1年間をかけてその答えを探り続けてきました。御社の仕事は正に、私の熱い思いを受け止めてくれるものであります。是非この熱い思いを、御社の仕事に活かしてみたいとの思いを抱いて、本日は来所いたしました。

人と関わるよりコツコツと作業を行うことのほうが得意

前職では福祉業界で勤めていましたが異動を機に、不特定多数の人と物事を進めることが苦手だと感じ、そこから今の仕事が自分に合っていないと思うようになりました。自分のことを改めて分析すると、人と関わるよりコツコツと作業を行うことのほうが得意であること、自分が行った成果が目で見える仕事のほうがやりがいを感じられると思ったこと、また挑戦の気持ちもあり、転職を決意しました。 仕事が大変というのは重々承知ですが、自分の得意なことであれば工夫し、改善策を考え、乗り越えていけると思っています。

綿密な計画を練り取引先の方と交渉していく営業の仕事に興味

前職では一般職として営業の補佐をする事務職を経験しました。営業の方と二人三脚成績を上げるために頑張っていて、綿密な計画を練り取引先の方と交渉していく営業の仕事に興味を持ち始めました。以前の職場では一緒に営業先を回る機会もあり、少しながら営業の経験も積んでおります。事務職の目線で気づいた営業面でのスキルを活かして戦力になれると考えています。

ベストな運用方法を提案していく仕事につきたい

前職では主に預金と融資を本業にお客様の支援活動を行なっておりました。法人、個人どちらも対応させていただきましたが、ある時から個人のお客様に対して今後の資産をどのように活用していけば安心した人生を送れるのだろうかと考えはじめました。顧客一人一人の生活環境がある中でその方にとってベストな運用方法を提案していく仕事につきたいと考え、保険、株、投資信託、不動産等分野を広く取り扱っている会社に転職しました。

もっと人と接する職種に関心

今の職場では技術職として働いていますが、たまにお客様に会って商品の説明をしたり、商品に満足いただけたりする機会があり、しだいにもっと人と接する職種に関心をもつようになり、営業職を志望するようになりました。営業職で働く際にも、技術者として商品開発に携わってきた経験を十分に生かすことができると考えています。技術に明るいというのが他の営業の方にはない、自分の強みであると考えています。

商品管理などの作業のほうが得意

前職は小売業で、接客や商品管理の仕事をしておりました。接客はもちろん好きだったのですが、私は商品管理などの作業のほうが得意であると感じておりました。様々な作業を並行して行っていたのですが、優先順位を考え業務を効率よく行うことを意識しておりました。計画的に、また、迅速・正確に作業する姿勢を存分に活かせる事務の仕事をしたいと思い、退職を決意しました。

商品開発を専門的にやっていきたい

商品開発を専門的にやっていきたいと思ったからです。前職では武道具販売店本店の運営を任されており、その中で自分のアイデアをもとに職人と相談しながら新商品や特注品などを企画販売しておりました。自分のアイデアが形になり、そしてそれをお客様に購入していただけるということがとても嬉しくやりがいを感じました。その経験から、商品の企画というものをより専門的に自分の仕事にしていきたいと思い、転職を決意いたしました。

人前に立つ仕事の方が合っている

私は、前職で事務方の仕事をしておりました。 その際、新入社員の教育や研修目的で進行役や説明などをすることもありました。 初めは人前に立つことに抵抗を感じ、いつも憂鬱な気分になっていました。 しかし、何度も人前に立つうちに段々と楽しく感じてきたのです。 というのも、私の話し方ひとつで、皆様の理解や、楽しく話を聞けるかどうかが、分かれることに気づいたからです。 そう思ってから工夫し始めました。 そうしていくうちに事務より、人前に立つ仕事の方が合っているのではないかと思い、御社に応募いたしました。

「自分に向いている仕事が見つかった」に向いている転職サイト

タブレットの画像
就活アドバイザー

転職サイトは複数登録して様々な情報を得ることが大切なのでまずは下記サイトを登録しておくと役立つでしょう。

その他の退職理由

スポンサーリンク

-退職理由