退職理由

【例文まとめ】「自分に向いている仕事が見つかった」が退職理由の応答集|履歴書・面接対策に

本記事はプロモーションが含まれています

自分に向いている仕事が見つかった

履歴書や面接での「退職した理由は何ですか?」と問われたときの回答例のまとめです。

このページでは自分に向いている仕事が見つかったを中心とした例文をまとめています。

就活アドバイザーの辛口一言コメントも付いていますので、どうぞ参考にしてください。

関連記事
【AIで長所・短所を自動作成】「ChatGPT」と「グッドポイント診断」で面接に強くなる応答文章を作成しよう!自己分析が楽になる!

続きを見る

「自分に向いている仕事が見つかった」が退職理由【例文一覧】

色々な人の例文画像

早速ですが、実際の例文を見ていきましょう!良い文言だけ抜き取って、ご自身の言葉でアレンジしてお使いいただくのをお勧めします。

就活アドバイザー大谷
就活アドバイザー大谷

外に出て直にいろいろな人と出会う方が性に合っている

昨年業務改善プロジェクトに関わり、自分のチームの意見を取りまとめたり、他の部署との連絡などをしているうちに、自分にはコンピュータに向かってデータを打っているより外に出て直にいろいろな人と出会う方が性に合っていると感じるようになりました。

マーケティング部で会得したデータ作成のスキルを基に、今度は営業としてお客様へ直にご提案やご説明ができたらと思っております。もちろん未経験ですし社風も前職とは違いますので即戦力になるのは難しいと思いますが、まずはなるべく早く学び御社に貢献できるよう頑張ります。

夢であったラジオのアシスタントパーソナリティ

障害者雇用でパートタイムで働いていましたが、夢であったラジオのアシスタントパーソナリティをすることになり、副業禁止の職場だったので退職しました。その後1年ほどアシスタントを経験し、ラジオの楽しさや難しさを実感しました。現在はまた別の局でラジオパーソナリティになるため、発声滑舌などの基礎のレッスンやニュース読みなどを練習をしています。まだまだスキル不足なので、一人前になるために努力を続けて参ります。

困っている利用者様やご家族様に提案をし、少しでも生活しやすい環境作りのお手伝いがしたい

現在まで入所施設にて介護をしてきました。その中で利用者様一人ひとりの身体機能や能力に合った介護をするよう努めてまいりました。仕事をしながら介護福祉士の資格をとろうと思い、改めて勉強する中で様々な福祉制度があることに気づきました。その制度について学び、困っている利用者様やご家族様に提案をし、少しでも生活しやすい環境作りのお手伝いがしたいと思い転職を決意しました。

人事以外の領域で生かせないかと考え、以前より興味のあった仕事へ

前職では人事関連で主に中途・新卒職員の採用や一部労務管理、研修などの社員教育関連全般に関わる仕事をしていました。他にも職員から働き方を変えたいといった相談や、人間関係の相談などを聞き、どのようにすれば職場全体が働きやすい状況になるかを一緒に考え、試行錯誤しながら職場環境を整えたりなどもしていました。環境や人間関係が改善され、喜ぶ職員の姿を見た時、とてもやりがいを感じましたが、同時にこのような経験を人事以外の領域で生かせないかと考え、以前より興味のあった仕事へ転職を決意しました。これまで培ってきた対人スキルや折衝力は勿論ですが、転職エージェントや面接者との丁寧なコミュニケーション能力や調整力は、即戦力として御社の業務にも生かせると考えております。また、これまでの経験を活かし、将来的には衛生管理者やキャリアコンサルタントなどの資格取得も目指し、将来的には御社の大きな利益になれるよう努力していきたいと考えています。

人前に立つ仕事の方が合っている

私は、前職で事務方の仕事をしておりました。 その際、新入社員の教育や研修目的で進行役や説明などをすることもありました。 初めは人前に立つことに抵抗を感じ、いつも憂鬱な気分になっていました。

しかし、何度も人前に立つうちに段々と楽しく感じてきたのです。 というのも、私の話し方ひとつで、皆様の理解や、楽しく話を聞けるかどうかが、分かれることに気づいたからです。 そう思ってから工夫し始めました。 そうしていくうちに事務より、人前に立つ仕事の方が合っているのではないかと思い、御社に応募いたしました。

働きながら夜間通えるスクール

高校生の時に医療事務の資格を取りたかったのですが、担任教師に働いてからでも取れるからと言われ、取るタイミングがなく、今に至ってしまいました。

数年一般の会社に勤めましたが、やはり諦めきれず、働きながら夜間通えるスクールがある事を知り、半年通い、念願叶って合格しました。この資格を活かせる医療機関を探す為に退職致しました。

商品管理などの作業のほうが得意

前職は小売業で、接客や商品管理の仕事をしておりました。接客はもちろん好きだったのですが、私は商品管理などの作業のほうが得意であると感じておりました。

様々な作業を並行して行っていたのですが、優先順位を考え業務を効率よく行うことを意識しておりました。計画的に、また、迅速・正確に作業する姿勢を存分に活かせる事務の仕事をしたいと思い、退職を決意しました。

商品開発を専門的にやっていきたい

商品開発を専門的にやっていきたいと思ったからです。

前職では武道具販売店本店の運営を任されており、その中で自分のアイデアをもとに職人と相談しながら新商品や特注品などを企画販売しておりました。自分のアイデアが形になり、そしてそれをお客様に購入していただけるということがとても嬉しくやりがいを感じました。その経験から、商品の企画というものをより専門的に自分の仕事にしていきたいと思い、転職を決意いたしました。

ベストな運用方法を提案していく仕事につきたい

前職では主に預金と融資を本業にお客様の支援活動を行なっておりました。法人、個人どちらも対応させていただきましたが、ある時から個人のお客様に対して今後の資産をどのように活用していけば安心した人生を送れるのだろうかと考えはじめました。

顧客一人一人の生活環境がある中でその方にとってベストな運用方法を提案していく仕事につきたいと考え、保険、株、投資信託、不動産等分野を広く取り扱っている会社に転職しました。

もっと人と接する職種に関心

今の職場では技術職として働いていますが、たまにお客様に会って商品の説明をしたり、商品に満足いただけたりする機会があり、しだいにもっと人と接する職種に関心をもつようになり、営業職を志望するようになりました。

営業職で働く際にも、技術者として商品開発に携わってきた経験を十分に生かすことができると考えています。技術に明るいというのが他の営業の方にはない、自分の強みであると考えています。

人と関わるよりコツコツと作業を行うことのほうが得意

前職では福祉業界で勤めていましたが異動を機に、不特定多数の人と物事を進めることが苦手だと感じ、そこから今の仕事が自分に合っていないと思うようになりました。

自分のことを改めて分析すると、人と関わるよりコツコツと作業を行うことのほうが得意であること、自分が行った成果が目で見える仕事のほうがやりがいを感じられると思ったこと、また挑戦の気持ちもあり、転職を決意しました。 仕事が大変というのは重々承知ですが、自分の得意なことであれば工夫し、改善策を考え、乗り越えていけると思っています。

綿密な計画を練り取引先の方と交渉していく営業の仕事に興味

前職では一般職として営業の補佐をする事務職を経験しました。営業の方と二人三脚成績を上げるために頑張っていて、綿密な計画を練り取引先の方と交渉していく営業の仕事に興味を持ち始めました。

以前の職場では一緒に営業先を回る機会もあり、少しながら営業の経験も積んでおります。事務職の目線で気づいた営業面でのスキルを活かして戦力になれると考えています。

自分が生涯を賭けて本当にやりたいものに邁進したい

これまでは、生活の基盤としてのみ仕事を捉えてきましたが、それだけでは何か物足りないものを感じるようになりした。経済的な側面だけではなく、自分が生涯を賭けて本当にやりたいものに邁進したいという熱い気持ちに駆られるようになり、前職を辞して、約1年間をかけてその答えを探り続けてきました。

御社の仕事は正に、私の熱い思いを受け止めてくれるものであります。是非この熱い思いを、御社の仕事に活かしてみたいとの思いを抱いて、本日は来所いたしました。

教育業界に自らを投じたい

前職においては理工学的な専門知識を扱いながら仕事をこなしていくことが多かったのですが、私は文系の学校を卒業しており、理数系の基本的な知識を学び直しながら仕事をこなしていくことが大きな負担でした。

その辛さを経験したことで、後進の若者たちに理数系の勉強が将来必要になる職業が多くあることを伝えたいという思いを強くし、教育業界に自らを投じたいと思ったことが前職を退職した理由です。

全てのクライアントに対し、100%のアドバイスができていない

前職は会計事務所にて20件ほどのクライアントはのに対し、帳簿の監査、経営のアドバイス等を行なっておりました。

業務に関しては、クライアントより感謝の言葉をいただく機会も多く、やりがいも感じておりましたが、企業の経営にアドバイスするということに関して、突き詰めていけばキリがなく、全てのクライアントに対し、100%のアドバイスができていないと感じることが増えてきました。

そう考えるうちに、一つの企業の経理職として従事し、経営に携わりたいと考え退職を決意いたしました。

外国人の患者さんに対しても十分な関わりを持てるようにしたい

前職で外国人の患者さんと関わる機会がありましたが、当時の私は英語に苦手意識があり十分なコミュニケーションがとれませんでした。その経験から外国人の患者さんに対しても十分な関わりを持てるようにしたいと考え、医療英語を勉強するために退職しました。

半年間フィリピンで医療英語を学んだ後、外国人の患者さんが多く来院されている貴院でこの学びをいかしたいと思います。

自分の働き方に対して疑問を感じた

私が退職をした理由は、自分の働き方に対して疑問を感じたからです。

どうしても業務が上手くいかずに、自分はなにをやっても駄目なんじゃないかと落ち込んでいました。でも、そこで考えて一つの可能性を見つけました。それは、業務内容が適しているかどうかではなく、どのように業務をこなしていくかが、大事なのではないかということです。

世間では、働き方改革も叫ばれている現状であり、一つの働き方に対して必ずしも拘る必要性はありません。人間にはそれぞれ特性があり、相性も存在します。まさに適材適所を真剣に考えて、適したことのみに自分の力を使えば現状を変えることができるのではないかと考えております。

そのため前職においては適材適所を推進することは到底できないと判断し退職することを決意しました。

自分の経験をより活かした働き方が出来る

前職では新規事業の立ち上げを担当していました。

運用手順の構築や管理ツールを開発し、事業を開始してから営業実績もつきました。やりがいを感じると同時に、営業活動よりも事業立ち上げや運用時の開発業務の方が、自分の経験をより活かした働き方が出来ると思うようになり転職を決意し、退職いたしました。

貴社が注力されている事業にて、開発業務で私の経験を活かし貢献したいと思います。

本当に心からやりたいと思える仕事に出会えた

私が前職を退職した理由は、本当に心からやりたいと思える仕事に出会えたからです。

以前の仕事をしている時にこのまま定年退職までこの仕事を続けることができるかと考えたときに全く想像がつきませんでした。ならばどんな仕事であれば一生涯を捧げるだけの価値を感じることができるのかと悩み続けていました。

その悩んだ末に今回の仕事に出会う事が叶いました。常にこの仕事のことを考え続けている時分がとても幸せだと気付き絶対にやるべきだと決断しました。これが私の退職理由です。

もっともっと現場での作業をしていきたい

一言で言うと自分のやりたいことが出来たからです。

長年勤めて役職になり管理する側になると現場から離れていくことが多くなりました。ただ、物足りなさもありました。元々現場での作業も好きでしたので、もっともっと現場での作業をしていきたい、新しいことを覚えていきたい、自分の技術を上げていきたいと言う思いが強くなり転職を決意しました。

長期的に製品開発に携わりたい

私は、IT企業でエンジニアとして勤務してきました。

そのほとんどの期間は、大手メーカー様企業に常駐しての作業でした。色々な現場で様々な製品開発に携わりました。中でも品質重視の製品、納期重視のシステムと、お客様の要望も様々でした。私はエンジニアとしての品質へのこだわり強く、真面目な性格で、開発期間が長い方が高い成果を挙げやすい傾向があります。実際、品質重視の製品開発で、開発期間が長いサイクルである現場のお客様から高く評価いただいております。

これらの実績と経験を活かすことができるのは、品質重視のメーカーであり、長期的に製品開発に携わりたいと考え、転職検討に至りました。

今度は皆さんが知りたいことを自分で調べ、解決できるようなお手伝いができる仕事につきたい

大学図書館職員の業務のうち、特に資料の調査、取り寄せやデータベースガイダンスの仕事を中心に担当し、必要な情報を調べて提供することに対する感謝の言葉を多くいただきました。

このスキルを活かして、今度は皆さんが知りたいことを自分で調べ、解決できるようなお手伝いができる仕事につきたいと思い、転職を決意しました。

学生さんの近くで寄り添い、困りごとを聞き、本当に知りたいことを探るスキルは、これからも活かしていけると思います。また、自らも大学院生として研究を続け、調査研究の当事者としての努力もかかさずに励みたいと考えております。

方向性が違ってきてた

前職ではとても有名な大手出版社に内定を頂き、5年ほど勤めさせて頂きました。

新人の私は、とても沢山の仕事をさせて頂き、沢山の事を学ばせて頂きました。現在は、現場をまとめる管理職の職役についており、私のやりたかった仕事となんとなく方向性が違ってきてしまいました。

そう思考していた時に、御社の求人を伺ったため、心機一転、自分のやりたい仕事内容を応募されていた御社に転職を決心致しました。

自分がやりたい仕事に出会えた

私が前職を退職した理由は、自分に向いている仕事が見つかったためです。

前職では、社内の業務プロセス改善を担当していましたが、その中で自分が本当にやりたいことは何か考えるようになりました。私は自分のスキルと興味が重なるIT業界でのキャリアを模索し、転職活動を開始しました。

その中で、現在の会社である○○社の開発チームに出会い、自分がやりたい仕事に出会えたと感じました。

様々な人を相手にする仕事を行うことの面白さに気づきました

従来は大手電気機器製造販売会社のSEを行っていましたが、プロジェクトのリーダーを任されたことにより、顧客とのコミュニケーションや社内の調整等、本来の設定業務とは異なる様々な人を相手にする仕事を行うことの面白さに気づきました。
当時の会社は大手であったため社内の分担が非常に厳格であり、SEは営業が受注してきた仕事の範疇でのみ作業を行うのが基本だったことから、自由ではないことや自分自身の成長にあまり良い影響を与えないと判断し、退職しました。

ストレスが想像以上に大きく、自分に向かない仕事と考えるように

大手ケータイキャリアの補償サービス受付の仕事をしていました。業務内容は、依頼者から情報を収集しながら2台のPCと3種類のソフトウェアを操作しつつ、交換機を手配するというものです。単純な端末操作や、複雑なサービスを勉強して理解すること自体は問題がなかったのですが、毎日ランダムに数十件の電話を受けるというコールセンターの体制へのストレスが想像以上に大きく、自分に向かない仕事と考えるようになりました。それ自体は残念なことでしたが、逆に、多少作業難易度が高くとも、黙々とタスクに取り組むタイプの業務への適正が発見され、それが自分の強みだと理解するようになりました。

その他の退職理由

退職した理由

職種別の退職理由

退職理由に困ったときは「転職エージェント」に相談するのが内定への近道

退職理由に困ったときは、無料で使える転職エージェントに相談してみるのもありです。

就活のプロの意見を聞くことでより、一層磨きのかかった就活が出来ます

結論から言うと今現在のエージェント業界では次の2つがおすすめです。

リクルートエージェント←1番おすすめ
 業界最大級の非公開求人数があり。完全無料

DODAエージェントサービス
 安心の充実サポート、エージェントの質に定評あり。完全無料

   

この2つは全年代、全職種に対応可能なオールマイティな転職エージェントで登録した方がいいです。※実際に私も2つ利用してました

参考リンク:転職エージェントを比較!年代別・職種別のおすすめランキングもあり!

無料・匿名・無制限でプロにキャリア相談ができる

キャリエモンのHP
キャリエモンのHP
  • 無料・匿名・無制限で就活・キャリアの悩みをプロに相談し放題
  • 就活プロフェッショナルによる信頼性の高いアドバイス
  • 利害関係のない第三者からの客観的な意見
  • 幅広い用途での活用可能性
  • 完全無料で利用可能

無料で匿名で添削してくれる今一押しのサービスです

就活アドバイザー大谷
就活アドバイザー大谷

興味を持った方はこちら

キャリエモンの口コミ・評判をみる

-退職理由