退職理由

【例文まとめ】「会社の方針との相違・社風が合わない」が退職理由の応答集|履歴書・面接対策に

会社の方針との相違
就活アドバイザー

退職した理由は何ですか?」の回答例のまとめです。

このページでは会社の方針との相違・社風が合わない」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

退職理由に迷ったときは「転職エージェント」に相談するのが内定への近道

リクルートエージェント
DODAエージェントサービス

・約28万件の求人数を誇る

・業界最大級の非公開求人数を保有

・国内最大級の紹介実績

・初めての転職でも安心の充実サポート

公式サイト

公式サイト

「会社の方針との相違・社風が合わない」が退職理由【例文一覧】

仕事場の目指している方針とが違った

自分が目指すものと、仕事場の目指している方針とが違ったからです。私は、看護師として一人一人丁寧にケアしたり記録を書くことを目標に看護師になりました。しかし、忙しい業務に追われる日々の中でそれが行えずやりこなすだけの日々になってしまいました。できるだけ患者さんに寄り添う医療が提供できる場所でスキルを活かしたいので退職する形になりました。

やりたいことと現実のギャップ

会社の方針で設備投資を行えなくなりました。その為コストや原価低減に繋がる改善業務が行えなくなり、仕事をすべきと判断する自分とさせてくれない会社の関係が年間続き転職を考え始めるました。その中で極力残業と投資をしないでコストや原価低減に繋がることを行ってきましたが、上司から言われることは残業を減らすことと投資をしないことだけの為やりたいことと現実のギャップが大きくなり転職を決断しました。

入社した当初とは異なる経営方針に切り替え

退職した理由は、会社の方針と自分が目指すものが違っているビジョンだったからです。入社した当初とは異なる経営方針に切り替えられていきました。御社の経営理念の方が私には合っている、そして長く働いていく上で活躍できると思い、退職を決断しました。退職を決意する事は非常に悩みましたが、それを決断できたのは御社が非常に魅力的だったからです。

仕組みを変えることは難しい

仕事をしていく上で、全体としてスムーズに進むように計画を立てたり人員の配置などを考えることの重要性をとても感じたからです。決められた仕事をするだけという立場では、既に出来上がっている仕組みを変えることは難しいと感じておりました。そのため、立場に関係なく一個人として意見を尊重するような会社で働くことで、その目標を実現したいと考え、転職を決意しました。前職では、常に正確さと作業効率の向上を考えながら仕事をしていたので、仕事がよりよい方向に進むように生かしていきたいと考えています。

その他の退職理由

退職理由に困ったときは「転職エージェント」に相談するのが内定への近道

退職理由に困ったときは、無料で使える転職エージェントに相談してみるのもありです。

就活のプロの意見を聞くことでより、一層磨きのかかった就活が出来ます

結論から言うと今現在のエージェント業界では次の2つがおすすめです。

リクルートエージェント】←1番おすすめ
 業界最大級の非公開求人数があり。完全無料

DODAエージェントサービス
 安心の充実サポート、エージェントの質に定評あり。完全無料

   

この2つは全年代、全職種に対応可能なオールマイティな転職エージェントで登録した方がいいです。※実際に私も2つ利用してました

参考リンク:転職エージェントを比較!年代別・職種別のおすすめランキングもあり!

スポンサーリンク

-退職理由