退職理由

【例文まとめ】「人間関係」が退職理由の応答集|履歴書・面接対策に

本記事はプロモーションが含まれています

人間関係

履歴書や面接での退職した理由は何ですか?」と問われたときの回答例のまとめです。
このページでは人間関係を中心とした例文をまとめています。
就活アドバイザーの辛口一言コメントも付いていますので、どうぞ参考にしてください。

関連記事
【AIで長所・短所を自動作成】「ChatGPT」と「グッドポイント診断」で面接に強くなる応答文章を作成しよう!自己分析が楽になる!

続きを見る

「人間関係」が退職理由【例文一覧】

改善できないか、働きかけをした

前職では、業務内容にはとてもやりがいを感じていました。ただ、人間関係がうまくいきませんでした。改善できないか、働きかけをしたものの、一人ではなかなか難しい範囲でした。働く意欲はありましたので、職場を変える決意をしました。

御社のことを知り、連絡させて頂いた際の大変丁寧なご対応、見学させて頂けたこと、その際のアットホームな雰囲気に魅力を感じ、この度志望させて頂きました。

嫌った上司に目をつけられ、少しずつ嫌がらせ

ひとつの仕事に対し、全力を注ぎ込み集中して働ける職場を目指し働いていましたが、自分の行いや、みんなをまとめようとする言動を嫌った上司に目をつけられ、少しずつ嫌がらせが始まりました。最初は無理な条件をつけられるなどのことでしたが、現場の仲間と協力して乗り越えて行きました。

しかし、最終的には現場の片付けやちょっとした軽作業をするだけで、サボってるやものをなくす原因に繋がるなど、難癖をつけられ始めたので精神的な限界を迎え退職することとなりました。

自分では気づかないうちに人間関係が悪くなっていきました

私は心療内科のリハビリに関わる仕事に従事していました。仕事にはやりがいを感じておりました。しかし、仕事を頑張れば頑張るほど、自分では気づかないうちに人間関係が悪くなっていきました。しだいに体が重くなり、気持ちが沈み、当初は「自分は医療従事者だから大丈夫だろう。うつ病なはずはない。」と考えていました。しかし、徐々に症状が悪化していき、限界を感じ、退職にいたりました。

人間関係の複雑化

前職では、人間関係の複雑化で付き合いが難しいなと思うことが多かったことや、仕事をしていてもずっとやりにくいような職場環境だったこと、さらにそこの職場にいても自分の成長がそこまで出来ないと感じる職場だったので、自分にプラスになれるような、成長することが出来るような会社に入りたいなと強く感じるようになったからです。

職場のやりがいは人間関係

介護の仕事をしていて平社員でしたが上司の考え方に疑問が多く、またお給料に対して仕事量も多く精神的や肉体的に疲れがでてストレスがたまる日々だったので転職を考えました。

また地元に戻りたい気持ちも強くあったので地元から通える職場に就きたくて転職を考えました。お給料よりその職場のやりがいや人間関係で長く続けられるかどうかが決定されると思います。

人間関係が悪すぎて退職

前職は小さい食品工場での工場作業員でした。工場でのライン工、正社員でした。パートのおばはんが数十人いるのですが、非常にみんな自分勝手で社員に対して文句ばかり言ってきます。私は人間関係が悪すぎて退職いたしました。単純作業にも飽きてきたとも言えます。

その後適応障害となり、現在は無職の状態でライティングを行っております。

その他の退職理由はこちら

退職した理由

職種別の退職理由

退職理由に困ったときは「転職エージェント」に相談するのが内定への近道

退職理由に困ったときは、無料で使える転職エージェントに相談してみるのもありです。

就活のプロの意見を聞くことでより、一層磨きのかかった就活が出来ます

結論から言うと今現在のエージェント業界では次の2つがおすすめです。

リクルートエージェント】←1番おすすめ
 業界最大級の非公開求人数があり。完全無料

DODAエージェントサービス
 安心の充実サポート、エージェントの質に定評あり。完全無料

   

この2つは全年代、全職種に対応可能なオールマイティな転職エージェントで登録した方がいいです。※実際に私も2つ利用してました

参考リンク:転職エージェントを比較!年代別・職種別のおすすめランキングもあり!

無料・匿名・無制限でプロにキャリア相談ができる

キャリエモンのHP
キャリエモンのHP
  • 無料・匿名・無制限で就活・キャリアの悩みをプロに相談し放題
  • 就活プロフェッショナルによる信頼性の高いアドバイス
  • 利害関係のない第三者からの客観的な意見
  • 幅広い用途での活用可能性
  • 完全無料で利用可能

自己PRや志望動機は第三者に見てもらうことが大切です

就活アドバイザー大谷
就活アドバイザー大谷

公式サイト(完全無料)

キャリエモンの口コミ・評判をみる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Otani

大学卒業→リクルート入社→メディア系のライターに転職→その後2度転職で人事採用担当を行う→2021年4月サイト運営開始●スピーチライター、就職アドバイザーが専門●北海道出身の31歳

-退職理由