学校生活で学んだこと

学校生活で学んだことは「相手を思いやる気持ち」の例文集【履歴書・面接対策】

相手を思いやる気持ち
就活アドバイザー

学校生活で学んだことは何ですか?」の回答例のまとめです。

このページでは「相手を思いやる気持ち」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

学校生活で学んだことは「相手を思いやる気持ち」の例文一覧

教科書を一緒に読む学生のイラスト

いつも他人を思いやり相手の立場に立って考える


学校では、いろんな角度から物事が捉えられるよう、様々な考えができるよう勉強に励みました。が、一番学んだことは仲間を大切にし思いやりを持ち優しい気持ちで相手に接することを学びました。社会に出ていろんな人と出会う機会があると思いますがいつも他人を思いやり相手の立場に立って考えることができたら仕事をしていくうえでプラスになると思います。

それぞれの個性があって一人一人の人が成り立っている

表面的には勉強や団体行動の重要性を学ぶことができるかと思います。私が最も学んだことは相手を思いやる気持ちやその気持ちに気付きを教えてもらいました。友人と学校生活を送る中で、相手の立場に立ち物事を考えることの重要性、またそれぞれの個性があって一人一人の人が成り立っているのだということ、それを認めて協調性をもって過ごすことの大切さを学びました。

相手の立場になって考えること

学校では学問はもちろんですが、サークルやゼミを通して人との関わり方を学びました。人付き合いは相手の立場になって考えることが大切ということです。例えば友人から相談をされた時、正論をアドバイスすることも一つの対応の仕方として正しいと思います。しかし、中にはただ聞いて共感してほしいだけでアドバイスを求めていない人もいて、その場合に正論を言われても不服だと思います。そのように正しいことは頭の片隅に置きながらも、相手の求める本質をよく考えながら仕事をすることを心掛けたいと思います。

他の人のことを考えて行動するということの大切さ

学校で学んだことは、集団生活の中でのルールや人とのうまい関わりをするためにはどのようにしたらいいのかだと思います。やはり、学校は家庭とはまた違う集団生活をする場所なので、みんなと合わせて何かをする、自分だけではなく他の人のことを考えて行動するということの大切さを学べたと思います。自分な意見ばかりを言っていたら他の人に嫌われるだろうし、でもその中でもきちんと自分の意見を持たないといけない時もあるだろうし、その人間関係のバランスを学ぶ機会だと思いますす。

周りの人に配慮する事

学校生活で学んだことと言いますと、周りの人に配慮する事もとても重要だということです。 友人だからと言って何気なく行った発言や行動が、相手にとってはとても不快で傷つく内容であったということが過去に何度かありました。ですので、いくら親しい友人であっても相手の気持ちを理解して配慮した発言や行動を行う事が大切だと感じました。社会人では会社の同僚のみならず取引先の方とも接する機会が多いと思いますので、そういった方々への配慮を忘れることなく責任のある発言や行動に努めていきたいと思います。

人に寄り添う心を持つこと

人に寄り添う心を持つことです。ご時世的にも今は心に余裕を持つことが出来ない方が増えています。私は勉学に励む一方、周りの人たちとは沢山のコミュニケーションをはかりました。結果としてわかったことは、みんな心に寄り添うことが出来れば人は優しくなれるのでは、ということでした。私が学んだことを寄り添う形でお伝えし、また相手の気持ちも把握していくこと。学ぶことは宝物。これからもこの経験は大切にしていこうと思いました。

おすすめの無料就活サービス

無料の就活サイト・エージェント3選(新卒向け)

1位:dodaキャンパス

dodaキャンパス
就活アドバイザー

「自分に合った企業と出会える」オファー型就活アプリ。
登録学生は878,000人を超える大手就活サービスです。

アプリのダウンロード(無料)

2位:キャリアパーク就職エージェント

キャリアパーク就職エージェント
就活アドバイザー

最短3日で内定も可。厳選された優良企業の紹介が受けられます

公式サイトはこちら

3位:就活情報サイト-キャリch

就活情報サイト-キャリch
就活アドバイザー

登録するだけで就活生にとって有益な情報やコンテンツを見ることが出来る。ダウンロードも可能です。

公式サイトはこちら

その他の「学校生活で学んだこと」の例文はこちら

スポンサーリンク

-学校生活で学んだこと