スポンサーリンク

学校生活で学んだことは「相手を思いやる気持ち」の例文集【履歴書・面接対策】

相手を思いやる気持ち
就活アドバイザー
就活アドバイザー

「学校生活で学んだことは何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは「相手を思いやる気持ち」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

学校生活で学んだことは「相手を思いやる気持ち」の例文一覧

教科書を一緒に読む学生のイラスト

いつも他人を思いやり相手の立場に立って考える

学校では、いろんな角度から物事が捉えられるよう、様々な考えができるよう勉強に励みました。が、一番学んだことは仲間を大切にし思いやりを持ち優しい気持ちで相手に接することを学びました。社会に出ていろんな人と出会う機会があると思いますがいつも他人を思いやり相手の立場に立って考えることができたら仕事をしていくうえでプラスになると思います。

それぞれの個性があって一人一人の人が成り立っている

表面的には勉強や団体行動の重要性を学ぶことができるかと思います。私が最も学んだことは相手を思いやる気持ちやその気持ちに気付きを教えてもらいました。友人と学校生活を送る中で、相手の立場に立ち物事を考えることの重要性、またそれぞれの個性があって一人一人の人が成り立っているのだということ、それを認めて協調性をもって過ごすことの大切さを学びました。

他の人のことを考えて行動するということの大切さ

学校で学んだことは、集団生活の中でのルールや人とのうまい関わりをするためにはどのようにしたらいいのかだと思います。やはり、学校は家庭とはまた違う集団生活をする場所なので、みんなと合わせて何かをする、自分だけではなく他の人のことを考えて行動するということの大切さを学べたと思います。自分な意見ばかりを言っていたら他の人に嫌われるだろうし、でもその中でもきちんと自分の意見を持たないといけない時もあるだろうし、その人間関係のバランスを学ぶ機会だと思いますす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました