スポンサーリンク

「人目が気になりすぎる・緊張しい」が短所の例文集【履歴書・面接対策】

就活アドバイザー
就活アドバイザー

「あなたの短所は何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは人目が気になりすぎる・緊張しいを中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

「人目が気になりすぎる・緊張しい」の短所【例文一覧】

ブラインドから覗く人のイラスト

相手は私に対して深く思っていない場合が多い

人が私の事をどう思っているのかが、凄く気になる事です。ですので人と接する時に、自分自身を出す事がとても難しく、またなかなか相手に対して本音を伝える事が出来ませんので、上辺だけの対応になってしまってると思います。ある時本を読みましたら、それは自意識過剰だという事がわかってきました。相手は、私に対して深く思っていない場合が多いのではないかと感じはじめまして、自分の言動や態度を、相手に対して普通に接する事にしました。その結果を現実的に受け止めて、素直に人に対して行動して行こうと思いました。それをきっかけに少しではありますが、気持ちが楽になり生活しやすくなりました。

頑張ることに対して気持ちは誰にも負けない

周りの目を気にしすぎるところです。いろいろな挑戦や新しいことをはじめる際に自分で精一杯頑張り作り上げたものであっても、それ以上に周りからの評価を気にしすぎてしまい、自分のパフォーマンスを発揮できない場合があります。しかし頑張ることに対して気持ちは誰にも負けないので忍耐強く前進し続けていけると思っています。

常に本番をイメージする事を心掛け

緊張しすぎる所です。大事なスピーチの時に大勢の前で話す事に苦手意識があった為、実力を十分に発揮できない事がありました。この経験から毎日スピーチの練習を行う中で、常に本番をイメージする事を心掛けましたので普段から緊張感を持って取り組む必要性を感じました。現在では、なるべく緊張しすぎる事のないように人前で話す機会を意図的に増やし、緊張しすぎる事なく力を発揮できるようになりました。この事から、緊張しすぎる短所を努力で克服できた事は私にとって大きな力となりました。

勇気を貰う様な形でイメージ

とにかく人前に立つ事が苦手で、講習会等の10人もいない程度のグループワーク~発表という小規模の場面でさえドキドキや手の震えが襲っていきます。そんな時はズッシリと構えているパートナーや友人の顔を思い浮かべながら、あの人だったらどう対応するのだろうかと、勇気を貰う様な形でイメージして取り組んでおります。

事前に準備をするように心がけ

私の短所は、緊張しやすい所があることです。あがりやすい傾向があるので、事前に準備をするように心がけています。小さなことでも良いので達成感を得ることができる経験を増やすようにして自分に自信が持てるようにします。そうすることで、以前よりも緊張しないで人前で話すことができるようになりました。

周りの空気を読むというのは長所にもなる

空気を読み過ぎてしまう所です。周りの反応などが気になり自分の意見をはっきりと伝える事が出来ない時があります。ですが、周りの空気を読むというのは長所にもなると感じています。人の気持ちを考えたり、人が何をして欲しいのか先回りして考え行動する事は得意です。今後は空気を読む事の良い部分を活かしながら、自分の意見をきちんと伝える努力もしていこうと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました