スポンサーリンク

「協調性がある・周りを見て行動できる」が長所の例文集【履歴書・面接対策】

就活アドバイザー
就活アドバイザー

「あなたの長所は何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは「協調性がある・周りを見て行動できる」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

「協調性がある・周りを見て行動できる」の長所【例文一覧】

探しものをしている人のイラスト(男性)

周りを見て状況を把握

私の長所は周りを見ることができるところです。作業においてグループで活動することは多々あると思いますが、その際に誰が何の仕事に向いていて、どのように進めると1番効率がよいのか、把握できるところが強みです。大学生活ではグループ発表のリーダーを務めることが多くあり、リーダーとして皆の意見を取り入れた良い発表ができたのではないかと思っています。

他人が気づないことにも気が付く

長所は周りを良くみて行動するところです。人の動きを見て、自分が今何をすれば良いか、どう動いたら良いかを考えて行動しています。それなので、必要な仕事をこなすことができたり、周りの人が気付きにくい細かいところにも気が付き対処できています。そして、よく人の気づかない細かい仕事まで行い職場の方に褒められていました。

個性を理解し尊重し合える

長所は協調性があるところです。どのような相手に対しても常にその人の人柄や個性を理解するように努め、またその部分を尊重して接するように心がけているため、これまで年齢層に関係なく良好な関係を築くことができてきたと思います。お互いを信頼しあえる環境を作っていくことで、より大きな成果を生みだしていけるように行動していきたいと思います。

周りと助け合いながら仕事を遂行

私は、真面目でいい加減な仕事をせず、目の前の業務に真剣に取り組みますので、もし仕事で多少のトラブルやミスがあっても、最後まで諦めずに成し遂げます。 また、協調性があり、周りと助け合いながら仕事を遂行し、もし自分が手が空いている際は周りに何かお手伝い出来ることはないでしょうか?と積極的に声を掛け、みんながスムーズな働き方が出来るように心掛けることができます。

周りを見てサポートする力

長所は常に周りを見て行動できるところです。常に自分自身がどう動くべきか、どんな発言をするべきかを意識し、クライアントや仲間をサポートするのを得意としています。そのこともあってか最近だと部下の教育を任されることが増えました。人を育成するための勉強や工夫をこらしながら、日々精進しています。

間に入って業務を円滑に

周りを見渡すコトが出来ます。誰が何をするか、それがどう作用するか。全体が見えるので、自分がどう動けば効率が良いのかが分かるようになります。平社員と上司の間が得意です。より円滑に業務が流れるようにします。少し上に立つコトにより、上からの要望、下からの信頼を得られます。

全体の仕事がスムーズに

私の長所は協調性です。学生時代のハンドボール部の経験もあり、チームワークで行う業務では、全体の仕事がスムーズに行くよう、メンバーの現状把握などを常に行います。工程表に照らし合わせながら、お互いの情報交換を積極的に行い、進捗状況を確認しあいます。貴社でも、この協調性を生かし、成果につながる仕事をして参ります。

自分だけでなくチーム全体の仕事を把握

長所は何事も臨機応変に協調性をもって行動できるところです。「どのようにしたらもっと効率的に良い結果が出せるのか。」を常に考え、即行動に移せるところが私の強みです。前職ではチームを指揮する役職でしたので自分だけでなくチーム全体の仕事を把握しチーム全体の目標達成へと導くことができました。これからもこれまで培ってきたスキルやノウハウを活かして邁進していきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました