スポンサーリンク

【例文付き】読書の趣味・特技【履歴書の書き方、面接の答え方】

就活アドバイザー
就活アドバイザー

「あなたの趣味・特技は何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは「読書」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

読書の趣味・特技 例文一覧

読書

読書から得る知識

読書です。手軽に始めることができますし、隙間時間も楽しむことが出来るからです。読書から学んだことはたくさんあります。ただ、読書です。得た知識を実践したり、行動にうつすことは難しいと感じています。それでも、本で学んで実践して得た知識は私にとって大きな財産です。これから、難しいと思う場面はたくさんあると思いますが、本で学び、自身で考えて立ち向かっていこうと思っています。

世界が広がる読み方

読書です。中でも専門的な本や新書を読むことが好きです。特定のテーマだけでなく、同シリーズの親書の気になるものをタイトルを見て購入し、読んでいます。こういった読み方をすると自分の知らない世界がどんな方法で分析されているかも含め、多様な知識を得られ、単に結果だけでない知識からほかの事態に会った際にも似た部分を参考にしながら対応する方法を知ることができます。

外国語の運用能力

私の趣味は読書をすることです。芥川龍之介や江戸川乱歩など、やや古い作家を読むことが多いのですが、読み方に人とは少々異なるところがあります。原作を読んだ後に、手に入る範囲で、その作品の英語訳、ドイツ語訳、フランス語訳など、外国語訳で読み直す習慣があります。こうすることで、日本語で読んだときには何となくわかったようなつもりになっていたことが、外国語のフィルターを通してみると案外よくわかっていなかったということに気づく場合があります。複数言語による読書を通じて、外国語の運用能力を平素から磨くとともに、日本語のことば遣いに注意し、相手の受け取り方にも想像力をはたらかせるコミュニケーションを心がけることが段々とできるようになって参りました。

語彙力の増強効果

読書です。特に読んでいるのが、小説です。会話形式の文章をひたすら読み進めていくことによって、語彙力の増強効果があります。さらに会話のキャッチボールも上手くなります。そのため、実際の会話の際にどのように受け答えをしたらいいのかを考えなくても無意識に出てくるようになりました。会話だけではなく、文章を書く際にも役に立ちます。文字だけで人物像や風景を読者に想像させることができる文章を読むことはそれだけ表現力が向上します。プレゼンテーションの資料作りなどでも必ず活きてくる力です。

1カ月10冊が目標

読書です。ビジネス書から漫画や恋愛小説までジャンルを問わず見ています。1カ月10冊を目標に寝る前に読書の時間を作るようにしています。

ビジネス書から学ぶ

私の趣味は読書です。昨年から速読をはじめたことで月10~20冊程度の本を読んでおります。ジャンルは、ビジネス書、自己啓発が多く、効率的な仕事を行う方法や、ミスを減らす方法、人生を楽しく生きるための考え方を学びました。

整理する癖が身についた

趣味は読書です。特に推理小説やミステリー小説をよく読んでいます。推理のためには情報を頭の中で整理しながら考える必要があり、結果として普段の生活においても人の話を整理しながら聞く癖を身に着けることができました。仕事においても教わった内容の整理や理解に生かしたいと考えております。

偉人の処世術を学ぶ

読書です。特に伝記ものなどを好んで読みます。読んでいて感じることは時代が違えども、困難の種類は共通していることが多く、どのようにして乗り越えたのかという点にいつも着目して読み進めます。あきらめないことの大切さや、何事かを決断する際の心理状態などを推察し、自身が同様の場面ではどのように対処できるかなどを想像して読みます。処世術を学ぶ機会にもなり、また、自身の思考のコントロールにも一役買っていると感じることもしばしばあります。

擬似的に体験

私の趣味は、読書です。主に読むのは小説ですが、暇さえあれば日がな一日貪るように多岐にわたるジャンルの本を読むくらい本が大好きです。自分の人生では体験できないような物語を擬似的に体験することで、実際の生き方に取り入れられることを学べるのが何より楽しいです。

自分の知識を増やしていく努力

私の趣味は、読書です。1ヶ月に10冊以上読書をすることを、目標にして自分の知識を増やしていく努力をしていました。計画を立てたり、何か目標を持って頑張ることは会社に入ってからも役に立つことなので継続していきたいと思いました。

自分にない考え方を取り入れる

読書です。いわゆる文豪と言われている作家の作品を読むことが好きです。また、読む際には作家の歩んできた人生や、当時の世相も調べるようにしています。そうすることによって、今の自分にはない感覚を取り入れていけたらと考えています。

客観的に物事を捉える

趣味はミステリー小説を読むことです。普通の小説も面白いですが、話を追っていく中で、どこで犯人が事件を起こそうかと思ったかを知ることで、行動の原理について考えることができて、物事の筋立て、結果について客観的に学ぶことができます。それは一般の生活の中でも言えることで、対人関係で、相手が何故そう言った行動に出たのかを考える余裕が生まれました。

心が満たされる

趣味は「作家 原田マハさんの本を読むこと」です。読書は趣味になるまでは、休日等に友人やバイト等必ず誰かと会うスケジュールを入れ込む生活をしていました。それはそれでコミュニケーション能力が上がりましたが、一人で過ごす休日の贅沢さや静かに本の世界に入り、読書を楽しむという事を教えてくれたのが、原田マハさんの作品たちでした。誰かと一緒にいて満ちる心の隙間もありますが、本の言葉や知識でも心が満たされるという事を学びました。

世界と想像力が広がる

私の趣味は読書です。読書を通じて、普段の自分の生活では経験することないことを学ぶことができます。人の心情を描いている読書をすることで、他人への共感などの感情を万部ことができると思います。読書は私の世界を広げてくれ想像力をそだててくれたと思います。

本からの学びで人との会話が得意

私の趣味は読書です。小さい頃から、両親に本を読まされ、それが習慣になっていました。小学生までは、物語系が好きで本を読んでいるとその不思議な世界に自分も入れている気分になれてとても楽しかったです。今では自己啓発本が好きで、よく読んでいます。その本を書いた人が学んできたことをたったの約千円ほどで知識として吸収できるのでとてもいい趣味だと思っています。その趣味のおかげか、本からの学びで人との会話が得意になったり、仕事を任される時やに資料を読み込む際もスッと頭に内容が入ってきたり、大事なところを要約する力がついたと思っています。その点、趣味が読書になったのは親のおかげなのでとても感謝しています。

ヨーロッパの文化や時代背景に詳しくなった

海外のミステリー小説を読むことが趣味です。特にアガサクリスティを読みますが、イギリスをはじめとするヨーロッパの文化や時代背景に詳しくなりました。欧米の時代背景や出来事は、英検などの長文に扱われることも多く、実際に受検の際に読書を通じて得た知識が助けになることもありました。

1冊の本の中から多くのことを学べる

趣味は読書です。読書は月並みだと思われてしまうかもしれませんが、この趣味の懐の広さをどうしても伝えたく思い、趣味としてあげさせていただきました。たった1冊の本の中から、私たちはたくさんのことを学ぶことができます。また、見たことのない国への冒険も一瞬でかなえることができます。想像力の翼をどこまでも広げることができる、この趣味と趣味であることを私はとても嬉しく思います。

文章を書く能力を培った

小説を読み、創作することが趣味です。文章については古典や大作家の文章を書き写したりして学んできました。また、小説の教室に通ったりして楽しく取り組んできました。その経験は、広報関係や報告書の作成などに生かせると考えています。

内容の整理とプレゼン力

私の趣味は読書です。月に一度読書勉強会にも参加しています。その会は事前に課題本を読んで、感想を参加者で共有する形式をとっています。読書で得た知識を自分だけのものにするのではなく、参加者の皆さんと共有することで、新たな発見を得られます。また、いかに分かり易く伝えることができるかを思案しなければならないので、内容を整理する力もつきますし、プレゼンの訓練にももってこいです。

業務知識をつける

私の趣味は、ビジネス書を読むことです。ビジネス書を読むことで、仕事で役立つ知識を身に付けて、業務で活かすことができるからです。経営、会計にまつわる書籍を読むことで、業務の効率を上げることができると考えられます。

アウトプットで得た説明力

読書です。ただ本を読んで終わらせるのではなく、読書で学んだ事をアウトプットすることを意識しています。具体的には、本を読んだ後に学んだ事を2000字程の文章にまとめ、ブログに投稿しています。文章にする事で学んだ事がより強く記憶できるだけでなく、自分の考えを言語化して他者に説明する力が付きます。会議、プレゼン、セールス等、仕事の中で他者に自分の考えを説明する機会は多くあるかと思います。そういった時に自分が読書のアウトプットで得た説明力を活かす事が出来ると考えています。

読書の「長所・短所」の傾向

長所・短所

自己分析が出来る無料就活アプリ

価値観でマッチするスカウトサービス【キャリアチケットスカウト】(22-0120)

これはおすすめです。就活アドバイザーが認める無料就活アプリ!

キャリアチケットスカウト

自己分析・他己分析機能で、就活軸が明確になります。
また価値観の合う企業からスカウトが届くのでアプリ一つで就活を行えます。

アプリを活用して就職活動をスムーズに終わらせよう

\ 全てのサービスが無料で使える! /

おすすめの就職活動サイト・エージェント

就活アドバイザー
就活アドバイザー

読書が趣味・特技の人にあった就活・転職サイトの紹介です。

就活サイトは複数登録して様々な情報を得ることが大切なのでまずは下記サイトを登録しておくと役立つでしょう。

その他の趣味・特技はこちら

就活アドバイザー
就活アドバイザー

その他の趣味・特技の例文をまとめた記事はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました