スポンサーリンク

【履歴書・面接対策】「映画鑑賞」の趣味・特技【例文集】

就活アドバイザー
就活アドバイザー

「あなたの趣味・特技は何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは「映画鑑賞」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

「映画鑑賞」の趣味・特技【例文一覧】

映画

価値観と世界観が広がる

映画鑑賞です。前向きになれるテーマの物が好きで、休みの日には1人で映画館に行ったり、自宅で映画鑑賞をしています。映画の主人公に自分を重ねてみたり、気持ちに寄り添ってみたり、自分の価値観や世界観を広げてくれたり、映画は自分にとってなくてはならないものです。

会話の受け答えの仕方がわかりやすい

映画鑑賞が趣味なのですが、どんな作品でも感情移入がしやすく鑑賞後も自分ならどうしていたのだろう。など置き換えて考えてみるまでがセットだと思っています。その趣味が活かせていてのか、会話の受け答えの仕方がわかりやすいと言ってくださることが多く、新人教育をよく任されて頂いたり上司には大事なお客様を任せていただいたり、とても身になる経験を詰めました。

使われている言葉に興味

私の趣味は、台湾や中国のドラマを見る事です。見ているうちに、使われている言葉に興味を持ち、中国語を学び始めました。中国語の勉強はとても難しく、やめたくなった事は何度もあります。ですが、続けていればきっと自分の力になると信じて、現在も続けています。中国語の勉強を通して、続けることの大変さが理解できました。また、少しずつ中国語の理解も進み、以前よりもドラマを楽しめるように、なりました。自分への自信にも、繋がったと思っています。

繊細な感情を把握

私の趣味は映画を見ることです。映画はいろんなものを見るのですが、その中でもドキュメンタリーが好きです。人の感情というものを繊細に描いているものが多くて人と接する時に気をつけるべきことを把握することができるので見ています。

モチベーション維持

映画鑑賞です。特に法廷物などを好んでよく干渉しますが、主人公が正義に向かって立ち向かうために知識や経験などさまざまな能力を使い、困難を突破していく姿に活力をもらうことができます。また、フィクションではありますが自身の力を発揮するために必要とされるもをストーリーを楽しみながら、自身に置き換えることができ、仕事をする上での心構えなどを再認識するきっかけにもなり、疲れた時などに鑑賞し、モチベーション維持に役立っていると感じます。

自分にない新たな価値観を発見

趣味は映画鑑賞です。主人公の立場、登場人物の立場になりながら鑑賞することで自分にない新たな価値観を発見できることが好きです。仕事においても周りの人の立場から物事を考え、円滑なコミュニケーションに活かしたいと考えます。

様々な立場から物を考える癖

映画鑑賞です。邦画・洋画ジャンルを問わず見ることが好きです。特に色んな視点から見ることを心掛け好きな作品は何度も見ることがあります。様々な立場から物を考える癖がついたと思います。

映画鑑賞の「長所・短所」の傾向

長所・短所

おすすめの就職活動サイト・エージェント

就活アドバイザー
就活アドバイザー

映画鑑賞が趣味・特技の人にあった就活・転職サイトの紹介です。

就活サイトは複数登録して様々な情報を得ることが大切なのでまずは下記サイトを登録しておくと役立つでしょう。

その他の趣味・特技はこちら

就活アドバイザー
就活アドバイザー

その他の趣味・特技の例文をまとめた記事はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました