スポンサーリンク

【例文付き】ピアノの趣味・特技【履歴書の書き方、面接の答え方】

就活アドバイザー
就活アドバイザー

「あなたの趣味・特技は何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは「ピアノ」を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

ピアノの趣味・特技 例文一覧

piano

考えて行動する習慣が身に付いた

幼少期のころから15年間程ピアノを習っておりました、毎日の練習を通して何事にも自分が出来ない事が出来るようになるには、どの様に練習したらいいのか考えていたことによって、何事にもどのような工夫が必要なのかを考えて行動する習慣が身に付きました。

継続することの大切さげる

ピアノです。小さいころから習っておりました。学業優先となり、しばらくピアノを弾くことから遠ざかっている時期もありましたが、自宅で過ごすことの増えた昨今に気分転換のために再開しました。再開した当初はなかなか思った通りに弾けずがっかりしたものですが、しばらく練習を続けているうちにまた昔弾けていた曲を楽しんで引けるまでになりました。やはり継続するということは大切なのだと実感しました。ピアノを再開してから集中力も上がり、読書などもよくはかどるようになりました。音楽を楽しむ以上の効果も得られており、しばらく続けたいと考えています。

ピアノで鍛え上げた集中力・記憶力

ピアノです。初めは練習を重ねる度に難しい楽譜が読めるようになる事や、難しいパートを淡々と弾けるようになるのが楽しいと思っていましたが続けていくにつれピアノを弾いている際の自分の集中力に気づきました。普段生活をしている中でここまで何かに集中することはあまりなく、ピアノで鍛え上げた集中力・記憶力というのは特技であり必ず仕事でも役立てると思います。

自分の表現とすることがピアノ演奏の楽しさ

クラシックピアノの演奏です。6歳から現在まで習っております。毎日1時間はピアノに触れるようにしています。ハノンやチェルニーなどの基礎練習で技術を磨くだけでなく、楽譜に書かれている記号や音符から作曲者の意図をくみ取り、自分の表現とすることがピアノ演奏の楽しさです。ゆっくりから徐々にテンポを上げていき、弾けたときの達成感が快感になります。仕事においてもコツコツと積み上げてスキルを磨いていきたいと思います。

スモールステップで努力することの大切さ

ピアノ演奏です。1曲上手に弾けるようになるまで何回も何回も練習し、徐々に弾けるようになる過程を楽しんでいます。途中で投げ出したくなるような難曲でもあきらめず練習し、そうすることで絶対に無理と思っていた曲でも弾けるようになるものだということを実感しています。仕事においても、あきらめることなくスモールステップで努力しやり遂げられるように行動したいと思います。

ピアノは自分の心を落ち着かせてくれる

ピアノです。3歳の頃から初めて20年以上続けています。ピアノをしていると嫌なことを忘れられて、本当の自分を取り戻すことができます。ピアノは自分の心を落ち着かせてくれるので、そこが好きで小さい頃からずっと続けています。

1つのことを極めていくことの楽しさ

ピアノです。小学校1年の頃から中学卒業の頃まで習っていました。今では流れてきた曲を簡単な伴奏を付けて即興で弾いたり、自分で曲を考えたりすることまでできるようになりました。このことから、仕事においても一つのことに長く取り組み極めていくことができると感じています。

保育園の先生になりたいと思っていた

ピアノです。小学生の頃から、保育園の先生になりたいと思っていたので習ったことはありませんが、独学で練習を続けていました。夢が叶ってからも趣味として楽しくピアノを弾いて暇な時やストレス発散にも役立っています。

何事もこつこつがんばる忍耐力と集中力

ピアノです。8歳から18歳までやっていました。ピアノは繰り返し練習しなければ上達しません。何度も辞めたいと思いましたが教室の先生や家族に「上手になったね」と言われると嬉しくてまた頑張ろうと思えました。そのような経験から、何事もこつこつがんばる忍耐力と集中力がつきました。

聞いてくださる人にどう思いを伝えるか

ピアノです。小学生の頃から10年間習い事をしていまして県のコンクールで入賞したこともあります。「聞いてくださる人にどう思いを伝えるか」という精神は社会人になっても必要な能力だと思いますので活かしていきたいと思います。

ピアノで培った継続力

趣味はピアノです。うまく弾けないところが弾けるようになることが楽しくて、15年間毎日継続して練習してきました。仕事においても困難に対して諦めることなく挑戦しピアノで培った継続力を活かしていきたいと考えています。

動じない強心臓が自慢

私の趣味は、幼稚園の年長から今に至るまで習っているピアノです。小学校から高校までは、合唱発表会、合唱コンクール、入学式、卒業式などといった行事の際に伴奏者を務めてきました。そのため、ちょっとやそっとじゃ動じない強心臓が自慢です。

勉強との両立

趣味はピアノを弾くことです。幼い時から今までの14年間恩師に教えてもらってきて数多くのコンクールにも出場、入賞してきました。ただピアノを習ったわけではなく人として学生の頃は勉強をおろそかにせず両立ができるよう成長させてもらえた部分が多いと思います。

練習を重ねることで次第に上達

特技はピアノ演奏です。5歳から15歳まで10年間習い、小学校から高校まで伴奏者をつとめました。最初は楽譜も読めませんでしたが、毎日練習を重ねることで次第に上達していくのを感じました。ピアノを通してコツコツと諦めずに頑張ることの重要さを学びました。

ピアノの「長所・短所」の傾向

長所・短所

自己分析が出来る無料就活アプリ

価値観でマッチするスカウトサービス【キャリアチケットスカウト】(22-0120)

これはおすすめです。就活アドバイザーが認める無料就活アプリ!

キャリアチケットスカウト

自己分析・他己分析機能で、就活軸が明確になります。
また価値観の合う企業からスカウトが届くのでアプリ一つで就活を行えます。

アプリを活用して就職活動をスムーズに終わらせよう

\ 全てのサービスが無料で使える! /

ピアノが趣味・特技の人向け おすすめの就活サイト

就活アドバイザー
就活アドバイザー

ピアノが趣味・特技の人にあった就活・転職サイトの紹介です。

就活サイトは複数登録して様々な情報を得ることが大切なのでまずは下記サイトを登録しておくと役立つでしょう。

その他の趣味・特技はこちら

就活アドバイザー
就活アドバイザー

その他の趣味・特技の例文をまとめた記事はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました