スポンサーリンク

「家庭の事情」が退職理由の例文集【履歴書・面接対策】

家庭の事情の画像
就活アドバイザー
就活アドバイザー

退職した理由は何ですか?」という質問は新卒での就職活動、面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

この記事を読んで事前に対策をすれば、本番でも本来の力を発揮できます

このページでは家庭の事情を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

「家庭の事情」が退職理由【例文一覧】

共働き家庭のイラスト

家族が大病

一度きちんと一人暮らしの経験を積みたいと思い実家から遠方の職場を選びましたが、この度家族が大病を患いました。一緒に暮らすことはないですが、せめて近くに居て何かあればすぐに動ける圏内に居たいと思い、上司と相談して退職して退職を決めました。自身の経験はこちらでも十分役立てていただけると考えておりますので、家族の事も大切にしつつ御社に貢献できれば幸いです。

夫の転勤

夫の転勤により、通勤が難しくなったことにより前職を退職致しました。夫の転勤は基本的に5.6年に一度ある程度です。これまで夫の転勤により転職をしてきましたが、夫の転職以外の理由では退職経験はありません。誰とでも仲良くできる自信があります。できる限り長く働きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

大切にしたいものの比重が変わった

結婚や介護を機に、自分のライフスタイルの中で大切にしたいものの比重が変わり、働き方を見直すようになりました。これまでは、終電まで勤務したり、月に2〜3回は休日出勤・出張などが常態化しておりました。そのため、リモートワークをいち早く取り入れて色々な働き方を推奨している環境に身を置き、仕事もプライベートも充実させたいと考え転職を決意しました。将来的にはスキルアップのために勉強会の企画や運営もしていきたいと考えております。

1日の時間の使い方を見直した

出産した事で、1日の時間の使い方がガラリと変わってしまいました。自分の事プラス子供の身の回りの世話をするようにようになり、1日の時間の使い方を見直した時に、以前の会社は自宅から1時間半かけて通っていたため、往復で3時間かかっており、ここを見直すべきだと思うようになりました。職場の環境も良く、働きやすい会社でしたが、年度末を迎えるタイミングで社長に事情を直接お話しして退職させていただきました。

通勤時間が片道2時間になってしまった

私が退職した理由は、本社が移転したことがきっかけです。元々通勤時間が片道70分程度でしたが、本社が移転したことによって通勤時間が片道2時間になってしまいました。会社の制度としてテレワークはあるものの、利用回数の上限が決まっており月の半分以上は出勤せざるを得ない状況です。私には子供も含め家族がおり、平日の家事全般が共働きなのに、全て妻に負担になってしまうという事と私自身、家族との時間を大切にしたいと思った事から、家から近い所で転職する事を決意致しました。

新しい家族が増え

前職はやりがいや楽しみにもあり、充実していたのですが、婚約をしまして、新しい家族が増えていくことを考えると、どうしても収入面で不安があり、家族を食べさせていく上で転職は避けられないも思ったからです。前職が子供の頃からやりたかった仕事の分、今回の転職は家族を持ち、養っていくという覚悟の表れだと自負しております。

時短をとる必要がなくても勤務が柔軟に可能

私の子供はまだ就学前の段階でした。時短勤務をしていましたが、その分の時間を職場の皆さんにご迷惑をかけている、と思うことが自分の中で少し負担になっていることも事実でした。今回の職場では、時短をとる必要がなくても勤務が柔軟に可能な就業時間なので、自分に与えられた使命をしっかりと発揮できる環境に相当すると考え、退職に至りました。

自己分析が出来る無料就活アプリ

価値観でマッチするスカウトサービス【キャリアチケットスカウト】(22-0120)

これはおすすめです。就活アドバイザーが認める無料就活アプリ!

キャリアチケットスカウト

自己分析・他己分析機能で、就活軸が明確になります。
また価値観の合う企業からスカウトが届くのでアプリ一つで就活を行えます。

アプリを活用して就職活動をスムーズに終わらせよう

\ 全てのサービスが無料で使える! /

おすすめの転職サイト・エージェント

その他の退職理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました