退職理由

【例文まとめ】「家庭の事情」が退職理由の応答集|履歴書・面接対策に

家庭の事情の画像
就活アドバイザー

退職した理由は何ですか?」の回答例のまとめです。

このページでは家庭の事情を中心とした例文をまとめています。どうぞご活用ください

「家庭の事情」が退職理由【例文一覧】

共働き家庭のイラスト

通勤時間が片道2時間になってしまった

私が退職した理由は、本社が移転したことがきっかけです。元々通勤時間が片道70分程度でしたが、本社が移転したことによって通勤時間が片道2時間になってしまいました。会社の制度としてテレワークはあるものの、利用回数の上限が決まっており月の半分以上は出勤せざるを得ない状況です。私には子供も含め家族がおり、平日の家事全般が共働きなのに、全て妻に負担になってしまうという事と私自身、家族との時間を大切にしたいと思った事から、家から近い所で転職する事を決意致しました。

家族が大病

一度きちんと一人暮らしの経験を積みたいと思い実家から遠方の職場を選びましたが、この度家族が大病を患いました。一緒に暮らすことはないですが、せめて近くに居て何かあればすぐに動ける圏内に居たいと思い、上司と相談して退職して退職を決めました。自身の経験はこちらでも十分役立てていただけると考えておりますので、家族の事も大切にしつつ御社に貢献できれば幸いです。

新しい家族が増え

前職はやりがいや楽しみにもあり、充実していたのですが、婚約をしまして、新しい家族が増えていくことを考えると、どうしても収入面で不安があり、家族を食べさせていく上で転職は避けられないも思ったからです。前職が子供の頃からやりたかった仕事の分、今回の転職は家族を持ち、養っていくという覚悟の表れだと自負しております。

時短をとる必要がなくても勤務が柔軟に可能

私の子供はまだ就学前の段階でした。時短勤務をしていましたが、その分の時間を職場の皆さんにご迷惑をかけている、と思うことが自分の中で少し負担になっていることも事実でした。今回の職場では、時短をとる必要がなくても勤務が柔軟に可能な就業時間なので、自分に与えられた使命をしっかりと発揮できる環境に相当すると考え、退職に至りました。

親が高齢になり、近くで直ぐに協力できる体制で仕事を継続

以前ゴルフの販売店に5年間勤め4年目に店長職を任されました。店長になる道は険しく、全国の販売員の中で売り上げを作っていかなくてはならず同期の職員が出世をしていく中でもどかしい時期も長かったです。しかしお客様と接する事が好きで楽しく仕事が出来たのが良かった点かなと感じております。親が高齢になり、近くで直ぐに協力できる体制で仕事を継続していきたかったのですが、もともと転勤が多く県外の辞令相談があった際に転職を決意いたしました。前職とは仕事内容的にも違いが多いですが、お客様と接する事に関しては変わりがないので、いち早く仕事に慣れるよう努力し、楽しみを持ちながら業務ができる様に努力致します。

家庭と仕事を両立できる環境

結婚して生活環境が変わりました。前職は残業があり、定時で帰宅できる訳ではありませんでした。仕事を残して帰る、他の人にやって貰う状況が申し訳ないと思ってしまいました。今後は家庭と仕事を両立できる環境で働きたいと思い、退職しました。今まで事務の職種を長く務めてきました。慎重に仕事を進めながら、効率よく仕事をするように心がけ、時間短縮に取り組んできました。その職務経験を生かしていければと思っております。

夫の転勤

夫の転勤により、通勤が難しくなったことにより前職を退職致しました。夫の転勤は基本的に5.6年に一度ある程度です。これまで夫の転勤により転職をしてきましたが、夫の転職以外の理由では退職経験はありません。誰とでも仲良くできる自信があります。できる限り長く働きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

1日の時間の使い方を見直した

出産した事で、1日の時間の使い方がガラリと変わってしまいました。自分の事プラス子供の身の回りの世話をするようにようになり、1日の時間の使い方を見直した時に、以前の会社は自宅から1時間半かけて通っていたため、往復で3時間かかっており、ここを見直すべきだと思うようになりました。職場の環境も良く、働きやすい会社でしたが、年度末を迎えるタイミングで社長に事情を直接お話しして退職させていただきました。

大切にしたいものの比重が変わった

結婚や介護を機に、自分のライフスタイルの中で大切にしたいものの比重が変わり、働き方を見直すようになりました。これまでは、終電まで勤務したり、月に2〜3回は休日出勤・出張などが常態化しておりました。そのため、リモートワークをいち早く取り入れて色々な働き方を推奨している環境に身を置き、仕事もプライベートも充実させたいと考え転職を決意しました。将来的にはスキルアップのために勉強会の企画や運営もしていきたいと考えております。

家族の病気看病と介護のため

家族の病気看病と介護のため退職しました。別居している父親が癌になり、病院通院付き添いや看病、家事をしました。また、父親と同居の祖母は100歳を超え認知症で、父親が面倒を見ていましたが、病院になり、私が祖母の介護と父の看病してました。父の病気治療が長引き、仕事を辞めざるを得なくなりました。

結婚して生活環境が変わった

結婚して生活環境が変わりました。前職は残業があり、定時で帰宅できる訳ではありませんでした。仕事を残して帰る、他の人にやって貰う状況が申し訳ないと思ってしまいました。今後は家庭と仕事を両立できる環境で働きたいと思い、退職しました。今まで事務の職種を長く務めてきました。慎重に仕事を進めながら、効率よく仕事をするように心がけ、時間短縮に取り組んできました。その職務経験を生かしていければと思っております。

妻の闘病

私には家族がおります。○○年から、北関東にあります部署への移動のため、単身赴任しておりました。家事全般は出来ますので、生活にはさほど困窮はしませんでしたが、コロナ禍のために、なかなか帰省も出来ない状況でした。ある日妻から、子宮癌のために入院・手術が必要になったと連絡がありました。会社にその旨伝え、地元に移動させて欲しいとお願いしましたが、私的な理由での移動は無理と言われました。妻の闘病には頼れる親族は居なかったので、退職して地元に帰ることにしました。

退職理由に困ったときは「転職エージェント」に相談するのが内定への近道

退職理由に困ったときは、無料で使える転職エージェントに相談してみるのもありです。

就活のプロの意見を聞くことでより、一層磨きのかかった就活が出来ます

結論から言うと今現在のエージェント業界では次の2つがおすすめです。

リクルートエージェント】←1番おすすめ
 業界最大級の非公開求人数があり。完全無料

DODAエージェントサービス
 安心の充実サポート、エージェントの質に定評あり。完全無料

   

この2つは全年代、全職種に対応可能なオールマイティな転職エージェントで登録した方がいいです。※実際に私も2つ利用してました

参考リンク:転職エージェントを比較!年代別・職種別のおすすめランキングもあり!

その他の退職理由

スポンサーリンク

-退職理由